東京

R

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:建設会社 事務
  • 絵に描いたようなOLとよく言われます。 日々、刺激を求めて何事にも120%で挑んでいます。 ファッション、美容、おでかけ、ダイエット幅広くブログを書きたいと思います。 不束者ですが、少しでも読んでいただけるブログを書きたいと思っておりますので宜しくお願い致します♪

New Articles

  • banner

シティメイト

Rのetc…

芸術の秋 現代アーティスト小松美羽さんヴェネツィア国際映画祭ノミネート


朝晩は涼しくなって、少しずつ秋の気配を感じるようになりました。

そんな中、芸術の秋にふさわしいニュースがはいってきました。

 

現代アーティスト小松美羽さんが手掛けたVR作品「INORI=祈祷」が世界三大映画祭のヴェネツィア国際映画祭のVR部門コンペティション作品にノミネートされました。

レッドカーペットを堂々と歩き、カメラに応じる小松美羽さん。

 

小松美羽さんは昨年発売されたDiorの香水 SAKURAのアンバサダーを務め、スマートフォンXperiaのCMや情熱大陸にも出演されていたので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

私は紀尾井町にある個展で、初めて作品を拝見したとき、鮮やかな色彩、アクリル絵具の凹凸の迫力に圧倒されました。

またその感覚をあじわいたくて、軽井沢で開催された個展にも伺いました。

 

観る側が何を受け取るかを問われるような作品です。

 

今回ノミネートされた、ヴェネツィア国際映画祭のVR(バーチャル・リアリティ)部門は、2017年より、ヴェネツィア映画祭が創設したものです。

そんな素晴らしい賞にノミネートされたのが、同世代の日本人女性アーティストであるということが本当に誇らしいです。

 

今回ノミネートされた「INORI=祈祷」は「祈り」という精神世界を基軸に創作活動を続ける小松美羽さんの、視覚や聴覚などをヴァーチャル体験することで、より深くその世界を感じとることができる作品だそうです。

現地では上映会場でライブペインティングは大好評、現地イタリアでも話題になりました。

金屏風に手や筆などを駆使し、墨とアクリルで描かれていくパフォーマンスに集った方は釘付けになったそうです。

小松美羽さんのパフォーマンスに息をのむのは世界共通なんですね。

 

以前直接、小松美羽さんとお話をさせていただいたことがありますが、彼女は本当に美しくて、華奢で、あの壮大な作品を描くパワーはどこから湧き出てくるのか不思議なほど。知るたびに魅了されていきます。

私も「INORI=祈祷」を自分で体感したいです。

 

 

(写真は許可をいただいて掲載しています。)

 

最後までご覧くださりありがとうございます。


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ