横浜

Sally

Profile

  • 地域:横浜
  • 職業:会社員
  • 隠れバリキャリ系アラサー女子。普通に過ごしてたら毎日仕事と家の往復で過ぎてしまう。そんなだけの人生もったいないから、仕事もプライベートも充実させたい・・・!なんでもない日常でも、気持ちの持ちようでリア充にさせてみる!そんなSallyのリア充化計画をブログで綴ります。 健康オタクなので、健康かつ美容に良い話題や商品、漢方・薬膳に興味アリ。海外のトレンドにも関心があるので、ブログ記事にグローバル目線を取り入れてみます!

New Articles

  • banner

シティメイト

非キラキラ女子のリア充化計画

【オランダ女子旅】旅のハプニング~ミントティーで事件が・・・

  • コメント(0)

 

海外旅行となれば、言葉の違いや文化の違い、日本とは違う環境で右も左もよくわからないことから、ハプニングは多かれ少なかれ付きものです。

 

 

ハプニングがないままスムーズに旅が終わるのが一番ですが、ハプニングが起こっても、その場を乗り越えてしまえば、案外旅行後、いい思い出話になったりする。

 

 

このオランダ女子旅中、私の身に起こった、今となっては思い出笑い話ハプニングをご紹介。

 

 

 

ユトレヒト街歩き中のお昼ごはんに選んだレストラン。

 

Ellis Gourmet Burger Utrecht

 

Ellis Gourmet Burger Utrecht

https://ellisgourmetburger.nl/en/locations/nl/utrecht

Neude 31, 3512 AG Utrecht

ベルギー風ハンバーガーのお店です。

 

テラス席でハンバーガーを食べるのは気持ちが良い!

 

Baby Spinach Salmonというお魚バーガーを選びました。フライドポテトもついてくる。

 

サーモンやほうれん草がサンドされているので、色鮮やかな断面をご覧くださいませ~!

 

お魚バーガーだからか、ハンバーガーでも少し健康志向な気がして、脂っこくなくて良かったです♪お腹が空いていたし、おいしくてぺろりと平らげました。

 

 

 

余談ですが、日本ではレストランに食事に行くと、どこでも頼んでいなくても無料でお水を出してくれますが、ヨーロッパでは無料のお水を出してくれるお店は多くないです。

 

基本的に出さないので、出してくれる店のほうが珍しいと思います。

 

なので、まず席に着いたら飲み物メニューから確認しましょう。お店の方が最初にテーブルに来てくれるときは、飲み物は何がいい?って聞かれるからです。

 

 

 

話は戻り、食後にミントティーを頼みました。

 

オランダには、たっぷりのミントにお湯を注いだ、グラス全体の見た目が鮮やかなフレッシュミントティーがカフェメニューにあります。

 

せっかくオランダにいるからザ・オランダなものを飲みたいですよね~。

 

 

鮮やかなミントの緑がグラスカップにきれいに映えます。

 

そして、香りをかぐと、ミントのすっきりする香りが鼻の奥にすぅーっと入ってくる

 

 

ところがです。ハプニングが起きたのはその時でした。

 

 

グラスに鼻を近づけてミントの香りを楽しんでいたとき、それは私の目に入り込んできた。

 

なんと、ミントの葉っぱにアブラムシが大量についていたのだ

(こんな話で気分を不快にしてしまったらすみません。。。写真でも見えてないはずです。)

 

数匹とかいうかわいいレベルではなかった。

 

ガーデニングしていたときの体験上、アブラムシが葉っぱにつくと、またたくまに周辺の葉っぱはアブラムシに支配されてしまうので、おそらく私のミントティーだけではなく、この日のこのお店のミントティーはアブラムシに支配されていてもおかしくないはずと思った。

 

それを裏付けるかのように、同行していた編集部の方のミントティーにもアブラムシがたくさん入っていました

 

気づいていても気にしないのか、それとも気づいていないだけなのかわかりませんが、周りの現地のお客さんたちは何の疑いもなくミントティーを飲んでいました。

 

ってことは、ミントティーはそういうもんだと割り切って、郷に入っては郷に従えだ。。。

 

しかし、そのまま飲むのは無理だったので、アブラムシ付きの葉っぱを取り出して、葉っぱから外れたアブラムシをお湯からすくい取って、もしアブラムシのかけらが残っていたとしてもなんかの栄養分だと思って飲むことにした。

 

 

 

アブラムシのことを考えなければ普通においしかった

 

 

 

 

ちなみに、トラウマを抱えつつも、克服するためにデルフトのカフェでもう一度ミントティーを頼んでみた。

 

Stads-Koffyhuis

 

Stads-Koffyhuis

https://www.stads-koffyhuis.nl/

Oude Delft 133, 2611 BE Delft

運河沿いにある、ブルーの外装がキュートなカフェです。

 

ここもテラス席あります。

 

お店の中の席でも、窓が大きいので、外からの光が入ってきてとっても開放的な雰囲気のお店なんですよ。

 

傾いている旧教会がすぐ目の前にある、ナイスロケーションです。

 

 

来ました、フレッシュミントティー。

 

見た目はユトレヒトの時と同じ。

 

さあ、アブラムシは大丈夫か?

 

トラウマになっていたのでまじまじと確認してしまいましたが、いませんでした~!!!

 

 

 

ということで、たぶん最初のお店のあの日のミントが運悪くアブラムシに支配されていただけだと思います。

 

今となってはハプニング話として思い出なので、お店のことを悪く言うつもりもないですよ~。なので、ミントティーを嫌いにならないでくださいね!

 

でもミントティーを頼んだら、アブラムシ確認は忘れずに!

 

 

 


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ