横浜

Sally

Profile

  • 地域:横浜
  • 職業:会社員
  • 隠れバリキャリ系アラサー女子。普通に過ごしてたら毎日仕事と家の往復で過ぎてしまう。そんなだけの人生もったいないから、仕事もプライベートも充実させたい・・・!なんでもない日常でも、気持ちの持ちようでリア充にさせてみる!そんなSallyのリア充化計画をブログで綴ります。 健康オタクなので、健康かつ美容に良い話題や商品、漢方・薬膳に興味アリ。海外のトレンドにも関心があるので、ブログ記事にグローバル目線を取り入れてみます!

New Articles

  • banner

シティメイト

非キラキラ女子のリア充化計画

【オランダ女子旅】時間が経つのが早い!充実体験の場、ロイヤルデルフト

  • コメント(0)

デルフト市内で訪問した場所で、私の中では一番楽しかった場所がここ↓

 

 

Royal Delft(ロイヤル・デルフト)です

 

 

デルフトで有名なのは、デルフト・ブルーといわれる青がきれいなデルフト焼きの陶器

 

 

 

17世紀からデルフト焼きを伝統的な手法で作り続けているのが、この「ロイヤル・デルフト」の工房なんです。

 

 

ロイヤル・デルフトのHPは日本語の説明もあるので、気になったらチェックしてみてください。

https://www.royaldelft.com/info/-6548/item6548

 

 

 

ロイヤル・デルフトがおススメな理由は3つ!

  1. 工房があるので見学できる!
  2. デルフト焼きのテーブルウェアでハイティーが楽しめる!
  3. デルフト焼きの絵付け体験ができる!

 

ではポイントをひとつずつご紹介!

 

 

デルフト焼きの工房見学

デルフト焼きって歴史をたどると、アジアに由来しているものと知ってびっくり。

 

 

そんな歴史の説明やデルフト焼きの作品がつくられるまでの工程を解説する映像があるのですが、これがかなり凝っていました!

 

お客さんがどのくらい入場しているかによっても制限があるかもしれませんが、説明は日本語版もあり日本語版で見せていただきました。

 

もはやテーマパークかと思う演出もありますが、詳細は行ってからのお楽しみ!

 

 

 

 

 

デルフト焼きの絵付けはすべて手作業で行われる、非常に手の込んだものなのです。

 

実際に職人さんが絵付けをしているところも見せていただけます。

 

 

職人さんが絵付けをしているものは黒っぽいですよね。絵付けをしている時点では黒なんですよ。

 

うわぐすりを塗って、焼いてきれいなデルフトブルーになるそうです。

 

これがBefore --> Afterの色の違い。

 

 

また、様々なデルフト焼き陶器の展示もあり、一種の博物館のようにもなっていて、見応えあります。

 

 

 

伝統的なものだけでなく、現代的なデルフト焼きや、価格を抑えて普段使いできるようにすべて手作業で転写のような形で絵付けする方法もあるそうです。

 

ミッフィーもいるよ。

 

 

 

 

デルフト焼きテーブルウェアでのハイティー

 

ロイヤル・デルフト内にあるカフェレストランBrasserie1653「Blue High Tea」というプラン。

 

 

この日は天気も良く、暑いくらいの気温だったので、室内ではなく、ステキなお庭を目の前にハイティーを楽しみました。

 

 

このハイティーで使われている陶器は、普段使い用のデルフト焼きです。手書きの絵付けのではないほう。それでもこんなにステキ~!

 

 

一段目はスイーツ。暑すぎてクリームがいつの間にか溶けるほど!

 

 

2段目はラップやおつまみ風のもの。

 

 

3段目はスコーンやマフィン。

 

 

ティーはこんなにたくさんの種類から選び放題♪

お湯をたっぷりいただけるので、自分で勝手に入れまーす!

 

 

美味しい嬉しいそして・・・うぅぅ、、、暑い

 

 

なお、このハイティーは事前に予約が必要です。

 

このページの「Reserve」というところから予約ができるはず。

https://www.royaldelft.com/en_gb/venue-options/royal-delft-lunchroom/item1060

 

 

 

デルフト焼きの絵付け体験

 

何を描いていいかわからない(>_<)と思っていたのですが、大丈夫です!

 

 

デザインのサンプルがいくつかあるからです。

 

 

 

そのサンプルをなぞれるように下書きの線をつけられるこんなキットもあります。

 

フェルメールの小路のデザインにしました。

 

絵付けに真剣!

 

筆使いがすごく難しい。曲線が特に難しいので、直線が多いこのデザインはある意味やりやすかった!

 

出来上がりはまだ見ていないのですが、どんな風なデルフト・ブルーの表情になるのか楽しみです。

 

 

===========================

Royal Delft【英語サイト】

https://www.royaldelft.com/en_gb/

場所:Rotterdamseweg 196, 2628 AR Delft

営業時間:

月~土 9:00 to 17:00

日 12:00 - 17:00

 

 

オランダ旅行のオフィシャルガイド > デルフト > ロイヤル・デルフト【日本語サイト】

https://www.holland.com/jp/tourism/destinations/more-destinations/delft/museums/royal-delft-jp.htm

 

TOURIST INFORMATION VVV DELFT【英語サイト】

https://www.delft.com/


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ