シティメイト

Merry☆Go☆All-round

バチカン市国の広場に謎の彫刻!2019年9月末に設置されたばかり!!

  • コメント(0)

先日訪れたイタリア。ローマで生アンジェリーナ・ジョリーをみて大興奮(こちらのブログ)する前に訪れたバチカン市国の広場で見かけた彫刻のことを書きます。

バチカン市国は広場と教会の中をみてきただけなのですが、一番気になったものは広場に設置してあった彫刻。

 

船に乗り新天地を目指していると思われる人々、個々のさまざまな表情が印象的な彫刻でした。

不思議なのは船の上には、服装や髪形などから時代背景や国などが違うと思われる人たちが混在していること。

バチカン市国の後にカフェで一休みしている間に、「バチカン市国、広場、彫刻」などでさっそく調べてみたのですが情報がありませんでした。

 

そこで、彫刻に小さく刻まれていた名前をヒントに検索…

 

TIMOTHY PAUL SCHMALZ 2019 という文字

刻まれていたのは、この作品の彫刻家のお名前だったよう。

⇒コチラがTimothy P. Schmalz氏のサイト

 

サイトをチェックすると、バチカン市国の作品は「Angels Unawares」という作品でした。

 

実はこの彫刻は横からみると…

そう!人々の真ん中から天使の羽が見えているのです。

 

広場でこの彫刻を見つけたとき、なぜ「天使の羽?」と思ったのですが、作品名を知りさらに感動。

 

Angels Unawares

 

苦悩、絶望、希望、さまざまな表情の人を乗せた船の行く先はまだ見えない

でも、きっと人々を乗せる船の行く先は希望の地へと続いている

 

目に見えなくても、その存在に気づけなくても、見守られているんだー

 

カフェタイム中、友人たちと勝手に作品を解釈しながら心が激しく動きました。

 

 

その後、夕刻のバチカン市国を背に次の目的地サンタンジェロ城(Castel Sant'Angelo)

へ向かう道中で、生アンジェリーナ・ジョリーを目撃した私たち。

(生アンジェリーナ・ジョリーを目撃ブログはコチラ)

 

「アンジェリーナって、天使という意味だよね?」と、友人が。

アンジェリーナ (Angelina) は、英語、イタリア語などの女性名。 ... アンジェラ (Angela) にイタリア語の短縮形接尾辞-inaがついたものである。 天使 (angelo) を語源とする。

ですよ、ですよ!

 

サンタンジェロ城(Castel Sant'Angelo)という聖天使城と言われる場所へ向かう途中で、天使(アンジェリーナ)に遭遇しちゃったー!と、大盛り上がり。

 

 

ホテルに戻ってからさらに調べたところ、この「Angels Unawares」という作品は2019年9月29日に設置されたばかりとのこと。

どうりで10月上旬に「バチカン市国、広場、彫刻」と、情報検索しても出てこなかったわけです。

⇒こちらがその記事(英語記事)

 

これからバチカン市国へ訪問する予定がある方は、バチカン市国前の広場に向かって左側にある彫刻をお見逃しなく!


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ