シティメイト

Merry☆Go☆All-round

プロに習う♪冬メイクは『レッドメイク』がポイント!


2015冬の旬メイク『レッドメイク』でLOVE YOURSELF!

今回参加したメイクレッスンのテーマ”LOVE YOURSELF"15-12_MK_09

夏のメイクレッスンに参加した時に習った旬メイクは…薄々の『ナチュラル』でした。

 

その時に習ったナチュラルメイクが気に入り、夏が終わってもナチュラルメイクで過ごしていましたが、やっと2015年の冬メイクについて学んできました。

 

先生は夏メイクレッスンランメイクのレッスンの時と同じ長井かおりさん。

 

冬メイクのトレンドは『レッド』だそうです!!

 

 

目もチークもリップもぜーんぶ『レッド』にすべし!?

「『赤』って強烈だし、派手になりすぎてしまうのでは?」

 

という疑問を応えてくれるかのように、各ポイントについてテンポよくわかりやすくレクチャーがスタート。

15-12_MK_06

目:レンガっぽい赤が旬。仕事中に赤メイクが難しい場合は、日中はナチュラルメイクの基本『ブラウン』のシャドウで過ごし、仕事帰りにブラウンの上に『赤系』のシャドウを重ねることで変身!

ポイントは強く発色するのを防ぐために指でまぶたの上にのせること、だそう。

 

アイシャドウとチークを両方買う必要は無く、チークをアイシャドウとして兼用することでOKというのも嬉しいポイント。

 

写真はメイクレッスンで使用されたTHREEのチーク

ブラウンシャドウにピンク赤を重ねると旬色に!

15-12_MK_05

 

チーク:夏に習った時よりも位置が上とのこと(涙袋にチークブラシが触れるか触れないかぐらいの頬の高めの位置)。ナナメにチークを入れるのはNG、横方向にブラシを動かすのがポイント!

ナチュラルメイクで使うアプリコット系のチークを夏と同じ位置(目の下、鼻の横がクロスするあたり)に入れて日中を過ごして、仕事帰りにはその上(涙袋の下、頬高めの位置)に赤のチークをプラスして旬を取り入れ!

 

フリータイムに長井さんにチーク位置の修正をしてもらいました

15-12_MK_01

リップ:リップも強く発色するのを防ぐために指で伸ばすこと!唇の中心からなじませる。

リップチークなどの赤(例:rms beautyのビーラブド)や、派手なのが苦手な人は赤色のグロスから取り入れてるとよいとのこと。

 

 

今回は『ナチュラルメイク』に慣れている参加者向けに『ナチュラルメイクに旬の赤をプラス』するポイントを沢山教えてもらえたので、手持ちアイテムだけですぐに実践できそう。

 

ナチュラルメイクもいいけれど、年末年始は『レッド』プラスで過ごそうと思います。

15-12_MK_04

 


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ