シティメイト

Merry☆Go☆All-round

山も海も両方満喫!宮島は島内泊がおススメ【おすすめしたい旅スポット】


日本三景!世界遺産!宮島泊で楽しもう

昨年の11月に広島県宮島を訪問してきました。

今回で2度目の訪問。

 

前回は「『行く年くる年』を嚴島神社で!」ということで18切符で訪問した十年前以上。

 

今回のメイン目的は・・・「シーカヤックで大鳥居くぐり!」

17-02_MJ03

シーカヤックで大鳥居をくぐれる話を聞いてから秋の紅葉の時期に行ってみたいな、と思っていたので、『年間潮汐・潮見表』と紅葉時期の予測で日程決め。

宮島観光協会のサイトにある『年間潮汐・潮見表』はコチラ

 

せっかくの一人旅。

 

最大限にフル活動しなきゃもったいない。

宮島の弥山登山&シーカヤック、そして錦帯橋も訪問してみました。

 

【旅程】

1日目:飛行機で広島へ-->宮島-->弥山登山(ゲストハウス泊)

2日目:早朝に嚴島神社を参拝-->フェリーで本島へ-->宮島対岸にあるシーカヤックショップから宮島大鳥居くぐりの半日ツアー(午前)に参加-->錦帯橋へ-->広島から夜行バス

3日目:新宿バスタ着

 

その模様をお届けします。

 

登山コースは3つ!山頂からの眺めが最高な弥山登山がおススメ

夜の嚴島神社?朝の嚴島神社?島内泊ならどちらも可能

外国人観光客にも人気!シーカヤックで大鳥居くぐり

錦帯橋は意外と近い!嚴島神社ついでに錦帯橋もおススメ

 

 

 

登山コースは3つ!山頂からの眺めが最高な弥山登山がおススメ

17-02_MJ06

宮島には弥山(みせん)という535mの山があります。

 

シーカヤックは2日目に予定していたので、到着した日は弥山登山をすることに。

 

535mとはいえ初めての場所、一人なので夕方までには下山したい。

 

宿泊するゲストハウスから一番近い紅葉谷コースと嚴島神社近くにある大聖院に戻ってくるコースで計画しました。

 

【計画】10:00広島空港到着--(バス&電車)-->宮島口-->フェリー-->ゲストハウスに荷物を置いて-->昼すぎに登山開始-->紅葉谷コース(上り)-->大聖院コースで下山(日没までに)

 

実際は紅葉谷を13:00スタート、14:10山頂、下山開始14:45、大聖院に16:00、嚴島神社には16:20頃到着でした。

 

 

今回利用した『紅葉谷コース』、『大聖院コース』の他に『大元コース』という少し長めのコースがあります。

 

※現地でもらった地図によると山頂までの目安はそれぞれ、『紅葉谷コースは1時間30分』、『大聖院コースは1時間30分から2時間』、『大元コースは約2時間』とのこと。(写真は途中みかけた看板)
17-02_MJ27

 

登山が苦手な方は紅葉谷から山頂までのロープウェーもあります。

私が登った日は平日だったせいか登山道にはほとんど人がいませんでした。

時々外国人の旅行者のグループとすれ違う程度。

 

山頂にはたくさんの観光客。

多くの人はロープウェーを利用しているようでした。

 

 

17-02_MJ11

紅葉谷

17-02_MJ09

平日のせいか登山していたのはほとんど外国人観光客

17-02_MJ12山頂近くなると登山道から時折瀬戸内海がみえます

17-02_MJ23

 そして山頂からの景色

17-02_MJ13

山頂からの景色(宮島と本島を結ぶフェリーを上から)

17-02_MJ22

山頂からの眺めを堪能したら山頂付近を散策するのもおススメ。

満潮の時には溢れ、干潮の時には乾く不思議な穴がある『干満岩』や、くぐれる巨大な岩があります。

 

弥山七不思議の『干満岩』

17-02_MJ24

 

くぐり岩

17-02_MJ21

消えずの『霊火堂』は恋人の聖地

17-02_MJ15

秋なら紅葉も

17-02_MJ20

山頂散策後は下山。

山頂から大聖院コース方面へ移動。

 

17-02_MJ18

大聖院コース、大元コースを利用すると通れるのが仁王門。

ここを起点に大聖院コースと大元コースは別の道となります。

 

17-02_MJ16

 『大聖院コース』下山途中17-02_MJ25

大聖院コースでは大鳥居が見える場所も

17-02_MJ06

大聖院コースのスタート&ゴール地点

17-02_MJ17 山頂でみかけた看板17-02_MJ07

往復ロープウェー、登りか下山のどちらかをロープウェーでもよし。

宮島訪問したら弥山山頂にもゼヒ行ってほしい。

 

嚴島神社だけではない宮島の魅力が発見できます!

 

 

夜の嚴島神社?朝の嚴島神社?島内泊ならどちらも可能

前回の宮島訪問は大晦日の年越し直前にフェリーで渡り、参拝後はすぐに宿泊先へ戻ってしまったので、今回の訪問で初めて宮島の姿をみることができました。

 

 フェリーより

17-02_MJ08

さらに今回は宮島内のゲストハウスに宿泊をしたので、いろんな時間帯の嚴島神社をみることができました。

 

嚴島神社といえば潮の状態でその姿が一変するのも魅力。

短い滞在時間だと、潮が満ちている状態か潮が引いている状態か、どちらかの姿しかみることができません。

 

それだともったいない。。。

 

両方を堪能するには島内泊!

そして満潮と干潮時間を把握しておきましょう。

 

この日の満潮と干潮(嚴島神社の入口にあります)17-02_MJ40

 

到着時(昼ごろ)

17-02_MJ10

 登山後(夕方)17-02_MJ19

満潮に向かって満ちてくる様子

17-02_MJ29

日没時間帯

17-02_MJ28-1

夜(21時ごろ)

17-02_MJ30-1

ライトアップされた大鳥居をくぐる観光船も

17-02_MJ31

翌朝(7時ごろ)

17-02_MJ32

開門直後は休日でも人が少ない

17-02_MJ35

島内泊だと夜も朝も、いろんな姿の嚴島神社に出会えるのでおススメです。

 

21時ごろ

人通りは少ないけれど。。。

17-02_MJ37夜もシカはいる
17-02_MJ41

朝は猫にも遭遇

17-02_MJ40

御朱印も並ばずにいただけました

17-02_MJ33 宮島内に宿泊する場合は旅館が多いので、一人旅の場合にはゲストハウスをおススメします。

 

今回私が利用したゲストハウス17-02_MJ42『宮島ゲストハウス鹿庭荘』についてはコチラ 

※チェックイン前の時間でも荷物を預かってもらえました。

※朝の参拝目当ての宿泊ゲストが多かったようで、夜よりも朝の方がいろいろな人に会いました。

 

 

外国人観光客にも人気!シーカヤックで大鳥居くぐり

今回のメイン『シーカヤック』で大鳥居くぐり…のために早朝に嚴島神社を参拝した後、フェリーで宮島を後にしました。

 

休日のフェリーは沢山の観光客でぎっしり

17-02_MJ43

シーカヤックで大鳥居をくぐれることを聞いてから漕ぎに行きたかった場所。

 

『宮島、シーカヤック』で調べると二か所ヒット。

一つは宮島内。もう一つは宮島の対岸にあるショップ。

 

宮島内のショップは大鳥居から近い場所からの発着なので、漕ぐ距離も少なそう。

 

ということで、対岸にあるショップを選択。

 

私がお世話になったショップ17-02_MJ46(PADDLE PARKについてはコチラ)

 

この日は潮位の関係で午前の半日ツアー。

季節によっては一日ツアーも楽しそう。

 

さぁ、宮島に向けて出発!!

 

宮島に向けて漕ぎ始めたころ

17-02_MJ56フェリーの航路近くまでやってきたところ
17-02_MJ47

島の方を向くと…大鳥居が(写真真ん中あたり)

17-02_MJ55

大鳥居をくぐる前

17-02_MJ03

大鳥居をくぐった直後

17-02_MJ51

11月とは思えない暖かい日でした

17-02_MJ05

この日の参加者は私とベトナム人カップルのみ

17-02_MJ50

上陸した後はしばしの自由時間。

ベトナム人カップルが参拝に行っている間に、出来たてのもみじまんじゅうを食べられるお店に連れていってもらいました。

 

宮島 藤い屋

17-02_MJ45

戻る途中

17-02_MJ53

大鳥居をシーカヤックでくぐるツアー。

外国人観光客に大変人気で、世界中から多くの人達の訪問があるそう。

 

ちょっと変わった宮島観光をしたい人は国際色豊かな参加者と共に海からの訪問を。

おススメです!!

 

 

錦帯橋は意外と近い!嚴島神社ついでに錦帯橋もおススメ

錦帯橋は山口県。17-02_MJ57

遠いイメージがあったのですが、今回の宮島訪問前に地図を眺めていたところ意外と広島寄り。

 

電車で岩国まで移動して、そこからバスもありましたが時間に余裕があったので徒歩で行ってみることに。

 

1時間ほどで錦帯橋に到着。

 

17-02_MJ58

入橋券300円で渡れます

17-02_MJ59

橋入口近くにいたガイドのお姉さんに聞くと、錦帯橋の後ろにある岩国城までは登山道があるとのこと(ロープウェーもあります)。

 

お姉さんの説明ともらった地図を元に、、、

錦帯橋を渡って、吉香公園を抜けると、『紅葉谷』へ。

登山道はこの先。

17-02_MJ60

 吉香公園は『日本の歴史公園百選』17-02_MJ61

登山道のスタートはこんな感じ

17-02_MJ62

山頂にあるロープウェー乗り場近くまで20分くらい(※一人なのでペース早め)

17-02_MJ64

その先にある岩国城まで散策17-02_MJ65

下山中

17-02_MJ66

登りの時に追い越したご夫婦と下山の時に再会したのでおしゃべりしながら下山。

 

岩国在住の仲良しご夫婦。

最近はこの山をハイキングする程度だそうですが、昔はお二人で日本全国の山を登ってきたそう。

 

岩国から歩いて錦帯橋へ来たと話したら爆笑され、飴やチョコをいただきさらに車で岩国駅まで送っていただきました。

 

 

春は梅に桜、6月は菖蒲、秋は紅葉。

夏は花火もおすすめ。

またいらっしゃい。

いつもこの山を登っているから、いつかまたお会いしましょう、と。

 

笑顔が可愛いくて心あたたかなご夫婦でした。

 

 

宮島訪問の際は錦帯橋訪問も組み込んでみてください。

ステキなご夫婦がおススメの吉香公園もゼヒ。

 

 

岩国観光振興課のサイトはコチラ 

宮島観光協会のサイトはコチラ


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ