シティメイト

Merry☆Go☆All-round

目元に大人ニュアンスカラーを!RMKのWカラーマスカラ【アイメイク】


休日メイクはカラーマスカラで大人ニュアンスをプラス!

16-09_EM04

昨年、ヘアーメイクアップアーティスト長井かおりさんのメイクレッスンを何度か受けました。

 

<2015年に受けたメイクレッスン>

  1. プロに習うと楽しい♪「旬メイク&コスメアイテム」のポイントはナチュラル
  2. プロ直伝!【スポーツメイク】ランナーのための崩れないメイク+保湿&UV
  3. プロに習う♪冬メイクは『レッドメイク』がポイント!

 

長井かおりさんの本もおススメ!周囲がざわつく自分になる 『必要なのはコスメではなくテクニック』

 

メイクレッスンで知ってから今でも愛用しているマスカラがRMKの『Wカラーマスカラ(02 ブラウンオレンジ)』。

16-09_EM02

Upper(上まつ毛)はブラウン、Bottom(下まつ毛)はオレンジですが私は上下共にブラウンをつけて、下まつ毛の目尻側だけにオレンジを重ねて使用しています。

 

目尻だけでもかなりの印象が変わります。

ブラウンもオレンジも落ち着いた発色なので大人な世代にも合うカラーマスカラです。

 

※私は瞳の色がブラウンなので、普段使いのマスカラ(メイビリン)もブラウンを使用していますが、RMKのこのマスカラは休日専用にしています。理由はポイントメイク用のリムーバーを使用しないと落ちないから。(普段使いのメイビリンのマスカラはフィルムタイプなのでお湯で落とせるのがラク)

 

今回『ブラウンオレンジ(写真上)』を新調した際に、一緒に購入したのが『Wカラーマスカラ(03 ブルーバイオレット)(写真下)』。

16-09_EM05

他にも、黒xピンク、紺x緑、グレーx黄色もあり迷いましたが、ブラウンオレンジのブラウンとバイオレットの組み合せは秋に使えそうだと思いチョイス。

 

ブルーバイオレットの発色

16-09_EM03

Wカラーマスカラは1本だけでも充分楽しめますが、複数持ちすると自分アレンジで色の組み合わせをすることも可能なのでよりおススメです。

 

使用方法も上下共に単色使用にしてもOK、上下で色分け、目頭側と目尻側で色分け、目尻に少しだけつける…と使い方は自分次第で無限です。

 

どのカラーマスカラにするか迷ったら、持っている服の系統や似合う色のカラーをベースにして選ぶのをおススメします。

 

 

RMKの人曰く、人気のある色は紺x緑(カーキなどの服に合うそう)、意外と合わせやすいのがグレーx黄色だそうですよ。

 

他のメーカーからもカラーマスカラはいろいろ出ているので比較検討をしてみるのも面白いかも。

 

ゼヒ自分に合う色を見つけて、今秋のアイメイクにカラーマスカラを取り入れみてください!

16-09_EM01

【おまけ】私が使用しているポイントメイク用のクレンジングはRMKで購入した『ポイントメイクアップリムーバー』。

 

耐水性のあるマスカラも簡単にオフ

16-09_EM06


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ