横浜

怜那

Profile

  • 地域:横浜
  • 職業:会社員
  • ♥LOVE♥→旅行、お出かけ、ファッション、インテリア、スポーツ、食べること、ヤクルトスワローズetc・・・。シティメイト1期から活動させていただいてます。好奇心旺盛なタイプなので、いろんなことにチャレンジした結果、GETした情報をお伝えしたいと思います!♥Instagram♥:@tom017

New Articles

  • banner

シティメイト

やってみたら、こうなった♥

電車に乗ってタイムスリップ?私がこの釜めしを紹介する理由!


さてさて♫

 

今日は先日食べた釜めしをご紹介したいと思いまーす♥

 

 

『なぜに釜めし・・・』とお思いですか?

 

 

そうなんです、私は無類の釜めし好き!

という訳ではなく・・・

 

その釜めしヒストリーに、ほっこりしたことも含め、

ご紹介したいなと思ったわけです(*´∀`)

 

 

紹介するのは、群馬県のおぎのやさんが

約55年間作り続けている『峠の釜めし』です。

 

かつて、日本随一の人気駅弁と評されたこともあるんだとか!

 

まずは、現物をどーーんヽ(*゚∀゚*)ノ

 

oginoya6

 

具沢山で、美味しそうですよね。

 

これ、益子焼の土釜なんですよ♥

この器で、自宅で釜めしが炊けちゃいますよね。

 

お値段は税込1,000円です。

 

 

鶏肉とゴボウ、たけのこ、しいたけ、うずらの卵といった、

釜めしといえば!的な具材のほか、

栗と杏も入っていて、女の子には特に嬉しい内容になっています。

 

それから、別容器にお漬物もついているので、

良い箸休めになりますね。

 

oginoya5

 

バランスのとれた、美味しいご飯です!!

 

 

さて、紹介したかったのはその歴史。

ちょっと長くなりますよ!

 

 

当時の駅弁というと、

おにぎりとお漬物といった具合で、

どこも大差がなく飽きられていたそうです。

 

それは、横川駅の開業当時(明治18年)に創業したおぎのやさんも同じ。

 

横川駅という立地は、

全ての列車が峠越えのために長時間停車するという、

駅弁を販売するにはもってこいの場所だったそう。

 

それなのに、業績が低迷していたんですって。

 

 

そこで!

当時の会長さんが停車中の列車に乗り込み、

『どんな駅弁があったら嬉しいですか?』などと聞き込みを開始!

 

その意見で多かったのが、

『暖かくて家庭的で、楽しいお弁当!』

というものだったんですって。

 

 

その意見を駅弁に反映するために試行錯誤の末、

誕生したのが この峠の釜めしなんだそうですよ(´◡`๑)

 

 

当時の駅弁といえば、『折り詰め』といって

簡単にいえば、食品を折り箱に詰めるという単純なものが主流。

 

それを大きく覆したのが

この『峠の釜めし』だったというわけです。

 

oginoya10

 

歴史がありますねぇ!!

 

 

調べてみたところ、このおぎのやさんの歴史をモデルにした、

『釜めし夫婦』というドラマも作られたそうで、

その人気の高さが伺えます。

 

1997年に横川駅は廃止されてしまいましたが、

今も路面店やサービスエリアなどで販売されています。

 

それで、インター近くの路面店に立ち寄ったところ、

平日12時前なのに売り切れ!!

 

 

が!

なかば諦めムードで上信越自動車道の横川SA(上り線)に寄ったところ、

店舗があるどころか・・・

横川SA自体をおぎのやさんが運営していた!笑

 

oginoya1

 

なかでもひときわ存在感を放っているのが、

この電車!

 

oginoya7

 

やはり駅弁としてスタートした峠の釜めしですから、

電車の中で食べたい!という願いを叶える、そんな作りになっています。

 

oginoya4

oginoya2

 

もちろん私も、電車の座席で食べました♫

 

 

電車の中には、おぎのやさんの歴史なども展示されていて、

しかも、釜めし売りの声まで流れてくるという仕掛け!

 

まるで、タイムスリップですヾ(*´▽`*)ノ

 

oginoya3

 

これには、小さなお子さんはもちろん、

大人もテンションが上がっちゃいますよね♫

 

写真を撮っている方、すごく多かったです。

 

 

歴史に触れ、美味しいご飯をいただく。

ちょっと得をした気分になれる、釜めしでした。

 

 

軽井沢周辺を訪れた際や、上信越自動車道を通る際には、

ぜひ味わってみてくださいね♥

 

 

*峠の釜めし本舗おぎのや*

公式HP:http://www.oginoya.co.jp/index.html

 

 


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ