東京

RIKA

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:会社員
  • 食べ歩き、料理、コスメ、ショッピング、旅行など日頃から アクティブに過ごすことが好き☆ 和服が好きで、様々なコーディネートを楽しんでいます。 周りの人とちょっと差がつく、キレイの秘訣を発信できたらと思います!!

New Articles

  • banner

シティメイト

☆キレイの秘訣 39〜サンキュ〜ありがとう☆

【旅】天浜線で秋を堪能!!浜松~奥浜名湖  編


皆さん、秋を楽しんでいますか秋と言えば、「食欲の秋」、「芸術の秋」、「行楽の秋」ですが、「一度の旅行で全てを楽しみたい!」という欲張りな方にオススメなのが、なんといっても天浜線

天竜浜名湖鉄道、通称「天浜線」はのどかな自然の中をのんびりと走る静岡県西部のローカル線

です天浜線の沿線には秋の散策にオススメの名所が揃っており、あちこち移動しなくても一つの沿線だけで秋の魅力を堪能できますよ鉄道ファンから人気が高い「天竜二俣駅」ではダイナミックな転車台が見学でき、そこから列車で西に移動すると美術館やフルーツパークが

また「奥浜名湖エリア」では、リゾート感あふれるホテルも点在しており、プライベートな空間で秋の浜名湖を一望できる他、国指定重要文化財を有する5つの寺院「湖北五山」では御朱印巡りも楽しめることから、昼間はゆったりと観光して、夜は少し贅沢な気分を味わいたい方にオススメ
浜松市の各スポットに行くのにも便利で、自然豊かな浜名湖・奥浜名エリア、人気の舘山寺温泉、さらにおしゃれな名店散策も楽しめます。また木造建ての駅舎はほとんどが無人駅で、昔ながらの懐かしい雰囲気も感じられました。
 天浜線全線には「昭和の鉄道歴史遺産」が30ヶ所もあり、国登録有形文化財になっています

もともと国鉄二俣線だった路線は昭和初期に開業した駅設備や車両施設がそのまま残っていました。そのほか 映画やドラマ、漫画など数々の作品にも登場している場所で、なんといっても今は紅葉が綺麗でした

 

天浜線沿線の名所巡り①
 定番の名所から、穴場スポットまで、天浜線沿線にあるオススメのスポットをご紹介します

 

<ダイナミックな回転が体験できる 「天竜二俣駅」、ユリカモメが集まる「佐久米駅」>
「転車台」とは、天浜線に蒸気機関車が走っていた時代、その車両の向きを変えるために使われていた装置のことを言います。「天竜二俣駅」では、扇形の車庫に列車を格納するため、今も現役で稼働しています。転車台ツアーも開催されていて、洗車機を使用した車体の洗車と、機関車転車台の回転を列車に乗車しながら回転を体験することができ、直進するだけの列車に乗っているだけでは味わえないダイナミックな体験ができますよ
一方、佐久米駅は、秋から3月頃までユリカモメの大群を見られる駅で有名電車の時刻は10時台の2回、14時台の2回で、電車の停車時間は通常15秒と短いですが、このシーズンに限っては乗客にユリカモメの訪れる風景を楽しんでもらおうということで1分間停車されています。

 

<自然に調和する個性的なデザイン「秋野不矩美術館」>
秋野不矩美術館は、浜松市天竜区出身の日本画家で文化勲章を受賞した秋野不矩氏の作品や、現代画家の美術作品の展示などがあり、インドの風景や自然、寺院などをモチーフとした作品を中心に多才ぶりを存分に発揮する作品が楽しめました
美術館の建物は岐阜県多治見市にあるモザイクタイルミュージアムと同じ建築家である藤森照信氏が建築設計しており、地元の自然素材を使った個性的なデザインでした

 

天浜線沿線の名所巡り②
<金鳴石を叩いて金運アップ!湖北五山の一つ「初山 宝林寺」>
初山 宝林寺の見どころは、国の重要文化財の「仏殿」「方丈」。そして、最近注目を浴びているのが、叩けば金属音が鳴り、金運が開けるという『金鳴石』。願掛けの「鎮守龍文坊大権現」を祀る、ご祈祷と座禅のお堂『龍文堂』でお参りをしてから金鳴石をたたくと御利益があるそうご祈祷済みの天然石お守りも買うことができ、金運をアップしたい方にオススメのパワースポットです
<精進料理に寺泊体験も!秘境の紅葉スポット「方広寺」>
方広寺は、禅宗臨済宗方広寺派の大本山。国指定文化財で、鎌倉時代の建築様式が保存されているお堂「七尊菩薩堂」は、静岡県最古の木造建造物。徳川光圀によって修復されたと言われている、釈迦三尊像「木造釈迦如来及び両脇侍像」(国指定文化財)も、境内に安置されています。
方広寺では季節の精進料理を提供されていて、静寂に包まれた山深い中、森林浴を楽しみながら食の原点に立ち返った精進料理も楽しめます

うなぎと言えば浜名湖ですが、ここでは山芋を使った精進うなぎを食べられることも魅力ですよ。また一泊禅寺体験もすることができ静かな環境の中、坐禅や写経を通じて心をリフレッシュでき、修行僧たちとの朝のお勤めも体験できちゃう

 

天浜線沿線の名所巡り③
<太鼓の森に佇む名社「遠江国一宮小國神社」>
大己貴命(おおなむちのみこと)を祀る神社で、縁結びにもご利益が境内には樹齢800年以上の神代杉があり、神社の歴史は1450年を超えます。一年を通して花木が美しく、うめ、さくら、みやまつつじ、しゃくなげ、もみじなどが楽しむことができ、特に秋は紅葉の名所として有名また、小國神社の鳥居横には「ことまち横丁」という憩いの場があり、開運団子や遠州森の茶、もち焼きせんべい、かりん糖のお店が並び、門前町のような賑わいを見せていました

海や湖だけじゃない!浜松の山を味わう「ジビエ料理」
「ジビエ」とは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化。
広大な山林を抱える浜松市の天竜区ではジビエ活用が盛んで、ジビエのコースを味わうイベントも開催されています。来月11月15日~2月15日まで狩猟が解禁となり、ジビエのシーズンが始まります。ジビエ料理はワインにも合うため、グルメ好きにはたまらない人気の高い料理。海や湖の幸だけではなく、秋にしか味わえない山の幸を楽しむのはいかがでしょうか

 

秋に楽しめる浜名湖・遠州灘の食材

浜名湖はうなぎやすっぽんの養殖で有名ですが、秋はかつおや、どうまん蟹、クルマエビも有名です遠州灘はしらすや天然とらふぐなどの海の幸にも恵まれ、浜名湖・遠州灘で穫れる魚介類はなんと700種類以上
<養殖技術が支える「浜名湖の秋の贅沢」>
すっぽん浜名湖のすっぽんは良質な味わいで、高級料理店からも高評価を得ているそうです。
牡蠣
浜名湖産の牡蠣は身 が大きくミネラルも豊富で濃厚な 味わいが美味牡蠣を
贅沢に使った「牡蠣カバ丼」は絶品ですよ
海苔
浜名湖は現存する日本 最古の海苔養と殖場と言われていて、毎日飲みたいお味噌汁
クルマエビ

国内では浜名湖や伊勢湾、有明海を 中心に生息。浜名湖のクルマエビは築地市場にも出荷され、新鮮なエビをたっぷり堪能
ノコギリカザミ(どうまん蟹)
国的に生息域が限られており幻の蟹ともいわれる。身が締まっていて濃厚な甘味がたまらない
 
<高級魚が穫れる恵まれた漁場「遠州灘の秋の贅沢」>
 かつお
 浜松は秋の戻りがつおが有名特別なしめ方によって、新鮮な状 態で味わうことができます。
トラフグ
国内で流通しているトラフグは9割が養殖もので、天然 ものはわずか1割。そのわずかな天然トラフグのうち6割が遠州灘で漁獲されています。身はしまり、歯ごたえと旨みは天然ものならでは

“水産物の宝庫“浜松市で、列車でゆっくりと旅をしながら秋の味覚を楽しむのはいかがでしょうか行きたかった場所はもちろん、初めて降りる駅で知らない街を散策するのも、列車旅の醍醐味ですよね~


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ