プログラミング・スーパーバイザー 磯山亜希さん(35歳)


ごひいき

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
プログラミング・スーパーバイザー 磯山亜希さん(35歳)

才能を発掘し、伝達する
それが私の生きる道です

東京都文京区生まれ。日本でドイツ語を学んだ後、カナダに渡り映画学で学位を取得。その後、海外で数々の映画祭でボランティアを経験。2008年より「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のスタッフとして作品選定を統括、「ブリリア ショートショート シアター」の上映作品の選定も務める。また、バイヤーとしても活動し、シネマニラ(フィリピン)、ALCINE(スペイン)などで審査員も務めている

 横浜みなとみらいの人気スポットのひとつ、世界中のショートフィルムを上映する「ブリリア ショートショート シアター」。今回は、その上映作品の選定を務めるひとりの女性が主人公。一途に歩んできた道のりとともにショートフィルムの魅力を語ってもらいました。

知識と経験を織り交ぜてヨロイをつくる

 「短い時間の中に確かな起承転結があり、凝縮されたメッセージがあるのがショートフィルムの魅力です」
 そう語るのは、日本で唯一の米国アカデミー賞公認国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」の作品選定とプログラミングを統括する磯山亜希さん。横浜みなとみらいにあるブリリア ショートショート シアターの上映作品の選定もしていることから、“日本でいちばんショートフィルムを見ている女性”ともいわれています。
 そんな磯山さんは、中学・高校を通して単館系の映画館によく通ったそう。映画を介して英語に触れる傍ら、自らも猛勉強、映画の配給・宣伝の仕事に就きたいと思ったのもこの時期でした。その後、大学へ進学するのですが…。
 「どうも私は、自分の地盤を固めるために周りから攻めるタイプみたいです。英語だけでは不安で大学はドイツ語学科に進み、卒業後はカナダに留学して映画学を学びました。その後、トロントとバンクーバーで国際映画祭のボランティアを経験。どんなヤリにも負けないヨロイを準備する感じですね。でもそのおかげで、ショートフィルムの面白さと、若い監督の才能を発掘する場所としての映画祭の素晴らしさを体感することができたんです。帰国後、ご縁あってショートショート フィルムフェスティバル & アジアのスタッフに就任したのですが、本当に嬉しかったですね」

自分とは違う人生の扉を開ける醍醐味(だいごみ)

 目下、6月に開催される映画祭の準備で大忙しの磯山さん。というのも、就任当初の2008年に3000本だった応募作品は今や9000本に膨れ上がり、ノミネート作品をすべて視聴するだけでも相当の時間を要するからです。
 「監督にとってショートフィルムは名刺代わり。私たちが誠意をもって上映することが、その後の世界的評価につながるため責任は重大ですし、やりがいがあります。今後は、映画祭のプロモーションをはじめ映画館での上映やスマートフォンなどへの配信を通して、ショートフィルムの魅力をより多くの人に知ってもらうための対策も練りたいと考えています。短いものなら5~10分程度。ふとした瞬間に自分とは違う人生の扉を開け、新しい発見をしたり、ポジティブになったりする醍醐味を伝えたくて」と磯山さん。
 世界中から発信されるメッセージが磯山さんの体を響かせて届く。濃密な時間との出合いに期待が高まります。

大人心をくすぐるブティックシアター

 2008年に俳優・別所哲也が立ち上げた映画館として有名な「ブリリア ショートショート シアター」。椅子はカンヌ映画祭の会場と同じキネット社製。世界のビールやワイン、シャンパン、世界のスイーツを取りそろえたカフェも併設され、大人が非日常を堪能するにふさわしいラグジュアリーな要素が満載! お出かけリストにぜひ加えてみては?

TEL045-633-2151
横浜市西区みなとみらい5-3-1、フィルミー2階
午前10時~午後10時、火曜休館

<磯山さん流>
仕事帰りに60分の人生旅行へ

 磯山さんが4月16日(日)から同館で上映中の作品を紹介してくれました。“新しい自分を見つけたい”“新しい自分って何?”。そんな思いや問いかけにヒントを与え、ひと押しをしてくれる作品を選んだそう。上映時間は60分。仕事帰りにぜひ。

『A New You(新しい自分)』コメディ・ロマンス/2014/オーストラリア
監督:Dane Hansen
【あらすじ】バーで恋人をつくるのは不可能だと信じているジェイは、ある日友人に頼まれ、バーで声をかけた女の子に恋をしてしまう。果たして友情をとるか、それとも恋をとるか?

『Grief, a Comedy(失恋から立ち直る方法)』コメディ/2011/アメリカ
監督:Richard Reens
【あらすじ】彼氏に浮気をされて別れたクレメンタインは、それを受け入れられず大暴れ。しかしいくつかの段階を経て、悲しみを乗り越え、人生を取り戻していく。

このほか、『恋のあと』『自由奔放な彼女』の2作品を上映予定。詳しくはホームページを確認してね。


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月23日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ