ドイツワインダイニング「Am Rhein」 オーナー・ソムリエ 我妻薫さん(44歳)


ごひいき

ドイツワインダイニング「Am Rhein」
オーナー・ソムリエ 我妻薫さん(44歳)

ドイツワインの魅力を
多くの人に伝えるために

東京都江戸川区育ち。一般企業に約2年半勤務後、1995年から国内航空会社のCA、パーサーとして15年間勤務。在籍中の2007年にソムリエを取得。退職後、2011年にドイツのワイナリーで研修。帰国後、ドイツワインを扱うインポーターに2年半勤務し直営店の店長を務め、その後「新宿リースニング」で調理等の修行をしながら派遣会社でワインのプロモーションも行う。2016年3月にドイツワインダイニング「Am Rhein」をオープン

 多様なグルメ店が集まる関内エリアに昨年3月、ドイツワインを専門に扱うワインダイニング「Am Rhein(アム ライン)」がオープン。オーナーは元キャビンアテンダント(以下CA)の我妻(あづま)薫さん。知られざるドイツワインの魅力とともに、彼女がつくり出す希望への道筋を紹介します。

大人の時間に入り込んだ“癒やしのワイン”

 「北緯50度に位置するドイツは世界のワイン生産地のなかでもほぼ最北にあたります。その冷涼で寒暖差のある気候のもとでゆっくりと熟すブドウは、良質な酸とエレガントな果実味を備えた魅惑的なワインになるのが特徴です」
 そう語るのは、ドイツワインダイニング「Am Rhein(アム ライン)」のオーナーでソムリエの我妻薫さん。CAから転身し、ドイツワインの仕事に就くことを決意したのは30代後半のこと。はじまりは約10日間のドイツ旅行だったそうです。
 「憧れてCAになったものの、20代は仕事オンリーの日々。パーサーとなって以降は精神的にも肉体的にもハードで…。ようやく遊びや旅行を楽しめるようになったのが30代前半で、プライベートで初めてドイツを旅したとき、『あら、ワインっておいしいわ〜』と新鮮な感動を覚えたんです。ところが、帰国後に日本でドイツワインを探してもなかなか見つからず、翌年にまた休暇を使ってドイツへ。そんなことを繰り返すうちにもっともっと勉強したいという気持ちが強くなってしまい、CAを辞め、とうとう現地のワイナリーへ修行の旅に飛んでしまいました(笑)」
 その原動力は、我妻さんいわく“癒やしのワイン”。「少し厳しい環境で育ったブドウの方が繊細で、ワインに姿を変えたときに人をやさしく包み込むような魅力があるんです」

ドイツワインとつくり出す、理想の道

 ライン河沿いのワイナリーで1カ月、ブドウの剪定(せんてい)や収穫の手伝い、試飲会のサーブなど、さまざまな経験を積んだ我妻さんは、帰国後まもなくしてドイツワインを扱うインポーター(輸入業者)に就職。直営店の店長となり、店舗運営や飲食店への営業、ワインイベントなど精力的に取り組みます。そして、第2の転機を迎えることに!
 「知れば知るほど、もっと自分らしくドイツワインの魅力を伝達する方法があるのではという思いに駆られて…。自問自答した末、喫茶店でナポリタンを作りたいと夢見ていた幼少期の記憶がよみがえり、今度は営業を通して知り合った方のお店で調理や経営の修行をさせてもらいました。この道を進もうと決めたとき、本当にうれしかったですね」
 自分の店を持った今、出会いの大切さを感じると語る我妻さん。ドイツワインを通して人と人のすてきな出会いも提供する。「Am Rhein」には未知数の夢が詰まっています。

(上左)下:「シュペッツェレ(キノコのクリーミーソース)」900円上:「グラウヴァイセ2014」(白/辛口)グラス1000円
卵入りのもちもち&ふわっとしたショートパスタに、ポルチーニとしめじの豊かな風味とクリームチーズが絡む一品には、たる熟成された、ある程度重たいボディーの白ワインを

(上右)下:「はまポークの自家製ソーセージ」800円 上:「パルデマー ブラウン2015 エッシェルンドルファー ルンプ ジルヴァーナー」(白/辛口)グラス800円
3種類の部位の豚肉を食感が楽しめるよう手でカットして調理した看板メニューには、豊かな果実味とビールのように辛くてコクもある白ワインを

<我妻さん流>
ドイツワイン初心者にも
この料理に、このワイン!

 本場のドイツ料理を日本人向けにアレンジした我妻さんの手づくり料理も人気です。ワインとの黄金の組み合わせを教えてもらったので、さっそく試してみて!

種類豊富な日替わりワイン

 バリエーション豊かなドイツワインの魅力を伝えるため、同店では常時12 〜16種類もの日替わりのグラスワインをそろえています。高貴で華やかな風味が身上のリースリングをはじめ、しっかりとした辛口の白ワイン、さらには滋味深い赤ワインまで、我妻さんがバランスよくコーディネート。料理に合わせたり、その日の気分で選んだり…。どれにするか迷ったら、気軽に相談してみて。

住所=横浜市中区相生町2-50、柏木ビル2階
TEL045-306-9497
席数=テーブル(4人席・6人席)、カウンター5席


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ