Q-GARDEN 代表取締役 小島理恵さん(45歳)


ごひいき

小島理恵さん

Q-GARDEN 代表取締役
小島理恵さん(45歳)

やさしい時間が移りゆく
オーガニックな庭を!

横浜生まれ、横浜育ち。信州大学農学部森林科学科卒業後、住友林業緑化株式会社、有限会社GAOを経て2011年3月に株式会社Q-GARDEN設立。施主・デザイナー・職人の橋渡しと予算管理などを総合的におこなうガーデンキュレーターとして、庭づくりの新章を切り拓く。町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー・ガーデニングプランナー科講師。All About「家庭菜園」「観葉植物」ガイド。『はじめてでもカンタン! おいしいベランダ野菜』(西東社)監修

 四季折々の表情を織り成す美しい庭に憧れを抱く人は多いはず。今回紹介するのは、そんな庭への限りない思いから、日本初のガーデンキュレーターとなってさまざまな場所で活躍する女性の物語。彼女が理想とする「オーガニックな庭」についても話を聞きました。

愛される庭をつくるには
「ガーデンキュレーター」の存在が必要

 「ガーデニングとは単に植物を植えるだけでなく、本来とても複合的な仕事なんです。お客さまの要望を伺い、デザインを描き起こし、それをもとに土を掘ったり、レンガを積んだり、壁を塗ったり…。施工中にはガーデナーだけでなく鍛冶屋さんや左官屋さんなど多くの職人さんが出入りすることになります。ガーデンキュレーターとは、お客さまと職人、植物と環境の間をとり持ち、予算も見極めたうえで、より理想的なガーデンへ導く進行管理役なんですよ」
 そう語るのは、日本初のガーデンキュレーターとして活躍するQ-GARDEN代表取締役・小島理恵さん。手がける物件は幅広く、個人庭から地域の公園、ミュージアム、そしてマンションの植栽管理など多岐にわたります。
 時代の先端を見据える小島さんですが、意外なことに造園業を志したのはごく自然の成り行きだったそう。1990年代、大学進学時は何をしたいのか分からず、環境保護ブームに乗って信州大学農学部森林科学科に入学。その後、大手造園会社の営業として働くうちに「何かが違う」と感じ始めたそうです。
 「当時の造園業はまだまだ男性社会。個人のお宅の庭の植栽もワンパターンで共感が持てず、施主の奥さまからはもっとこうしたいのだけど、と相談を受ける…。女性だから気づくことや女性だから提案できることがこの世界にはまだまだあるなと実感できました。とはいえ、企業の歯車の中では思うように身動きが取れません。一念発起して独立を決意したんです」
 その後、多彩な植物を組み合わせるイギリスの庭を観察するためにイギリスへ。帰国後は生花店で花壇の構成などに役立つフラワーアレンジメントの経験も積みました。

人々の「心に宿る庭」を
本質的に豊かな空間にすること

 起業した会社、「Q-GARDEN」のキャッチフレーズは「すべての庭をオーガニックに!」。化学的な農薬や肥料を極力使わず植物そのものの力を引き出す“オーガニックな庭”をつくるということをミッションに掲げています。
 「私自身、農薬を使うことで頭が痛くなることもあるというのが単純な理由なんですけれどね。一方で、オーガニックという言葉をひも解くと、“本質的な”という意味もあります。お客さまが真に求める“心の庭”を植物本来の力を引き出しながら体現してさしあげる、そして、その庭を愛情豊かに育てることで街路も美しく変化していき、感動が伝播(でんぱ)していくというのが理想ですね。自身の手で施工できる件数はおのずと限られてしまいますが、ガーデンキュレーターという橋渡しを増やしていくことで、より多くのやさしい時間を生み出すことが可能だと考えています」
 現在、提携しているガーデナーは約20人。お客さまの要望をヒアリングし、コンセプトに合った、最適なチームを組める職人さんに依頼するというスタイルを確立。繁忙期には1日3〜4件の現場を回り、確認作業や調整に尽力しています。
 「なかには落ち葉が邪魔だから木を切ってほしいという方もいらして悲しくなることもあるんですけどね」と小島さん。こぼれ落ちた言葉の温もりが、誠心誠意の庭づくりを物語っています。

緑を取り込む暮らしとは?
モデルハウスで実感してみよう

 インタビューを行ったのは、横浜市青葉区にある桃山建設のモデルハウス「BADAI BASE」。築50年の木造住宅を、住まいとインテリアの情報発信スペースにリノベーションする際、小島さんが庭をプロデュースした場所で、室内にはまきストーブや手づくりの木製家具などとともに、小島さんセレクトの観葉植物やガーデングッズなども飾られています。和と洋が溶け合う庭、庭とつながるリビングの心地よさ、そして家づくりに欠かせないこだわりの設備やインテリアを体感できるので、一度見学してみてはいかが? 「初心者でもできる庭づくり」などのワークショップも開催されています。

(左)昔ながらの和の庭を、移りゆく季節をより楽しめる庭に (右)BADAI BASEのリビング空間

BAIDAI BASE

横浜市青葉区つつじが丘24-15
TEL 045-532-4912
http://www.badai-base.com/

◆小島理恵さんとコンタクトを取りたい方はこちらへ
Q-GARDEN
http://www.q-garden.com
現在、「オーガニックガーデナー養成講座」第7期生募集中!


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 8月18日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ