Vol.07 沖縄料理


編集部もハマる ハマの逸品

チャンプルー界のキング こだわりの島豆腐とともに

突起が多いほど苦いというゴーヤ。「沖縄の人は、ブツブツが多いものを選ぶことが多いですね」と店長の上江洲さん。材料がシンプルな分、存分にゴーヤを味わえる一皿

 ズラリと並ぶ泡盛のかめ、古民家を思わせる屋根のモチーフ。一瞬にして沖縄にワープしたかのような気分にさせてくれる「沖縄時間」は、昔ながらの郷土料理のほか、沖縄料理をさらにヘルシーにアレンジしたオリジナルメニューにも力を入れているお店。

 チャンプルーメニューの中でも一番人気という、「ゴーヤチャンプルー」に使う野菜は、シンプルにゴーヤのみ。また鮮度が大切な島豆腐は、同店を経営する「リトル沖縄オーバーシーズ」直営の工房から出来たてを取り寄せて使用しています。凝固剤や消泡剤は使用せず、厳選した国産大豆と、沖縄の海水とにがりを使い、昔ながらの地釜製法で手間暇かけてつくられているそう。そんな島豆腐は、濃厚な大豆の風味をまとい、しっかりとした存在感を感じさせてくれます。シンプルな調味料で、ゴーヤのエグ味が出ないよう、絶妙な加減でいためられたチャンプルーは、ふとした瞬間、無性に食べたくなる一皿。暑い季節にぜひお試しあれ。

ゴーヤチャンプルー 889円

沖縄時間(おきなわたいむ)
TEL 045-450-5691

【住所】
横浜市西区高島2-16、横浜ポルタ地下1階
【アクセス】
JR「横浜」駅東口直結
【営業時間】
午前11時~午後11時(料理LO10時、ドリンクLO10時30分)、無休

足を踏み入れた途端、強い日差しや海風を思い出す…そんな雰囲気のある店内


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ