「言い訳にしない『好きだから』~ストップ デートDV~」を合い言葉に

一人で悩まず我慢せず勇気を持って相談しよう


横浜市

 11月12日(日)~25日(土)「女性に対する暴力をなくす運動」が全国で実施されます。ドメスティックバイオレンス(以下DV)、ストーカー、性犯罪、セクハラなどの女性に対する暴力は、著しく女性の人権を侵害するものです。近年では、アダルトビデオ出演強要も問題となっています。

 期間中は、運動のシンボルカラーであるパープルのライトアップやリボンの配布など、横浜市内各所で啓発活動が行われます。また、横浜市では同運動の一つとして、東京都や神奈川県など9自治体と共同で、「デートDV」の未然防止の啓発に取り組んでいます。

 キャッチフレーズは「言い訳にしない『好きだから』~ストップ デートDV~」。「デートDV」とは、若年層における交際相手からのドメスティックバイオレンスのこと。

 「デートDV」やDV、その他の女性に対する暴力の未然防止のためには、殴る、蹴るといった身体的被害だけが暴力ではないと認識し、被害に遭った場合は、一人で悩まず、我慢せず、勇気を出して相談しましょう。

「暴力」は、殴る、蹴るなどの身体的なものだけではありません
次のような行為に、心当たりはありませんか?

  • 家族や友人とつきあうのを制限したり、電話やメールを細かくチェックしたりする
  • 外で働くなと言ったり、仕事を辞めさせたりする
  • デート代を払わない
  • あなたの人格を否定するようなことを言ったり、何を言っても無視して口をきかない
  • いやがっているのに性的な行為を強要する

※ここで示した行為は、相談対象と成り得るものであり、全てが「配偶者暴力防止法」第1条の「配偶者からの暴力」に当てはまるものとは限りません

思い当たることがあれば、一人で悩まず、我慢しないで早めに相談を

言い訳にしない「好きだから」 ~ストップ デートDV ~
9都県市(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)は共同でデートDVの未然防止の啓発に取り組んでいます

パープルライトアップ

  • 横浜市開港記念会館 11月30日(木)まで、各日午後5時頃~10時。オレンジライトアップと交互。 ※パープルリボンなどのグッズ配布あり
  • 象の鼻パーク スクリーンパネル 11月13日(月)日没~翌日の日の出
<電話相談窓口> 横浜市DV相談支援センター

TEL045-671-4275
月~金曜午前9時30分~正午、午後1時~4時30分(祝日、年末年始除く)

TEL045-865-2040
月~金曜午前9時30分~午後8時 土・日曜、祝日は午後4時まで(第4木曜、年末年始除く)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ