非日常体験部プレミアムリポート ~大切な人との絆がもっと深まる スペシャルフレンチ&音楽家トーク~


9月24日(日)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、アジュール、シティリビング横浜のコラボイベント「非日常体験部プレミアム」を開催しました。
シティ読者がさまざまな体験をリポートする人気コラム「非日常体験部」。今回は、たくさんの人に“非日常”を体感していただきたいと思い、特別イベントを企画。10月14日(土)に開催される神奈川フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会のテーマ「家族」にちなみ、料理と音楽家トークで、家族(大切な人)との絆を深めていただく内容です。

会場は、「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」2階にあるフランス料理「アジュール」。“貴族の邸宅”をイメージしたぜいたくなインテリアがステキなラグジュアリーな空間は、まさに非日常!
参加の皆さんは、夫婦やカップル、親子、親友同士などお互いを大切に思い合う人たち。両親、婚約者と参加してくださった人もいて、会場は穏やかな空気に包まれていました。

イベント開始前には、カメラマンが記念撮影を。思い出の1枚になることでしょう。

最初に、「アジュール」シェフ・石井浩治さんのあいさつと料理の説明が。石井シェフは、10年以上「アジュール」を牽引する実力派。フレンチ本来の重厚感を生かし、卓越したソース使いで繊細な一皿に仕上げる技術の高さに定評があります。

「家族(大切な人)との絆」をテーマに、シェアして食べるオードブルや、協力してソースをかけて完成するメインなど、この日のために考案してくれた特別コース。「お客さまの記憶に残る料理を提供したい」というシェフの思いが存分に生かされたメニューです。

「ふたりで奏でる、10種オードブルのアンサンブル」。あえて取り分けにくい料理が中心です。大切な人と相談しながら楽しく食べてほしい、という狙いがあるのだとか

①「牛フィレ肉のステーキと芳醇な赤ワインソースの二重奏」。自由にソースをかけて完成させるメイン。お肉もさることながら、ジャガイモだけで作られたミルフィーユは食感の違いも楽しめる逸品!

②「シャンピニョンのカプチーノ、香るトリュフのハーモニー」 シャンピニョン=マッシュルームとトリュフの香りがかぐわしいスープ。秋の味覚、マッシュルームのおいしさが存分に引き出されています

③「洋梨のコンポート キャラメル仕立て、愛のメロディーにのせて」。コンポートとキャラメルソース、バニラアイス、羽に見立てたホワイトチョコレートが口の中で溶けあい、至福を感じる一皿。音符をかたどったあめ細工も美しいですね

④エレガントな空間で、おいしい料理に舌鼓を打つ参加者の皆さん

食後は、神奈川フィルハーモニー管弦楽団第1コンサートマスター﨑谷直人さんと、同楽団副指揮者阿部未来さんによるトークショー「音楽で感じる家族の絆」です。

トークの冒頭は石井シェフも登場し、料理と音楽の共通点について話してくれました。 石井シェフは、「料理と音楽は、食べる相手、聴く相手を思って作ったり、その相手のことを考えながら作るのが共通している」と感じているそう。「今回の料理も、その共通点があるから音楽と関連づけて考案した」とのこと。
﨑谷さんも、「自分たちも、シェフが作る料理のように、常にお客さまを感動させられたらと思っています」。「特にクラシック音楽は、どんな状況で、どんな人を思って作られたのかも考えて演奏しているんですよ」と、その奥深さについても語ってくれました。

さらにサプライズで、﨑谷さんと阿部さんによる演奏のプレゼントが! これは、﨑谷さんたっての希望で実現したもの。

まずは、夫婦で参加している人に向けて、エルガーの「愛の挨拶」を演奏。
「この曲は、エルガーが、自分の奥さんの誕生日に贈った曲なんですよ」と﨑谷さん。

つややかで滑らかな﨑谷さんのバイオリンの音色にうっとりと聴き入る皆さん。阿部さんのピアノの伴奏もステキ。﨑谷さんの演奏をこんなに間近で聴く機会は貴重です!

次に、友だち同士で参加している人に向けて、SMAPの「ベストフレンド」を。
なんと、﨑谷さんから「ピアノを弾ける方で、一緒に演奏したい方はいませんか?」とさらなるサプライズ発言が!
この幸運を引き当てたのが、こちらのおふたり。

「﨑谷さんの素晴らしい演奏に合わせてピアノを弾けるなんてステキ!」と興奮気味

最後は、親子で参加している人に向けて、モーツァルトの「ディベルティメント」から。
モーツァルトの才能を世に知らしめるため、父レオポルドがつきっきりでサポートをしていたこと、息子思いだったモーツァルトの母のことなど、家族が強い絆で結ばれていたことを話してくれました。

さらに、10月14日(土)に、みなとみらいホールで開催される神奈川フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会のお話も。
当日は「家族」をテーマにした2曲が演奏されますが、その内の1曲、R.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」は、シュトラウスの音楽に対するメッセージが感じられる曲だそう。聴きどころは、英雄の妻が現れるシーンの、﨑谷さんによるバイオリンソロ。バイオリンコンチェルトのような雄大なパートがあるそう。﨑谷さんの演奏をじっくりと味わいたい人にぴったりですね。

アンコールではバッハの曲も演奏してくれて、スペシャル感満載のイベントは幕を閉じました。

イベントを盛り上げてくださった3人。左から﨑谷直人さん、石井浩治シェフ、阿部未来さん

参加の皆さんからは、
「おいしい食事を優雅な雰囲気の中でいただき、リフレッシュできました!」
「近い距離で演奏を聴けて感激! クラシックになじみのある人もない人も楽しめる内容でした」
と大盛況!

今後もシティリビング横浜は、皆さんに喜んでいただけるイベントを企画してまいります。
どうぞお楽しみに!

10月14日(土)開催
定期演奏会 みなとみらいシリーズ
http://www.kanaphil.or.jp/Concert/concert_detail.php?id=490
◇当日は公開ゲネプロ開催(入場無料)
午前10時30分~11時30分(受け付けは10時)
先着500人 ※事前申し込み不要

<問い合わせ>
神奈川フィルハーモニー管弦楽団
http://www.kanaphil.or.jp/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ