1. シティリビングWeb
  2. 東京
  3. 特集
  4. イケ坊特集
寺ガール&イケ坊特集

中島光信さんが教えてくれる、“今さら聞けない”お寺Q&A!


子どもの頃から馴染み深いお寺。でも、正直お寺の起源や作法を知っている?仏教の由来をわかっている?と聞かれるとちょっぴりドキッ。大人になってから大事に思う仏教やお寺について、今さら聞けないあれこれをイケメンお坊さん・中島さんに聞いてみました!

神木山 等覚院:中島光信さん

  • 寺ガール
  • イケ坊
  • 寺カルチャー
いまさら聞けないお寺の話Q&A
Q.1お寺はいつから、そもそも何のために存在したの?

「お寺」は、2,500年ほど前にインドに実在した「おシャカ様」の教えに沿ったスポットです。おシャカ様のアドバイスに従って修行したり、その教えを広めたり、聞いたり、またその世界観を造形美で再現しようとしたり…するところ。
日本に輸入されたのが西暦500年代前半とされていて、奈良が中心地です。
いっぽう「神社」は、日本古来よりの「カミ様」をおまつりするところです。
ここの島国の人たちは、海外から輸入してきた「おシャカ様の教え=仏教」を、カミ様への敬意と織り交ぜて、日本独自の信仰体系をつくってきました。
明治になって「神仏分離」という政策がなされ、神社とお寺は別の区分となりましたが、それまでの混交の名残もあって、現在でも神社とお寺がお隣同士にあるところが多いと思います。 基本的に鳥居がある方が神社。と覚えておけば良いでしょう。

Q.2仏教の中にも“宗派”と呼ばれるものがいくつもあるけど、何を軸に決まっているの?

仏教には膨大な数のお経があって、その中で特にどのお経を大切にするか。おもには、それが軸となって決まっています。

Q.3仏教の有名な宗派を教えてください。

チベットだったら、ニンマ派とか、ダライ・ラマ14世の属すゲルク派などがあります。
また日本だったら、禅宗とか、浄土宗とか、聞いたことがあるかもしれません。 禅宗とは、曹洞宗や臨済宗などの「禅」を重んじる宗派の総称です。浄土宗と浄土真宗は、名前も似ていますが、別ものです。

Q.4お坊さんにはどうやってなるの?

それこそ国や宗派によって違います。日本では、僕の知る範囲では、いずれの宗派もそれぞれの宗派で備えている僧侶育成道場に「籠もる」期間が必要です。「長く籠もって修練しなければ教えには近づけない」と捉えるか、「籠もる期間よりも、その後人々と交感していくことこそ重要」と捉えるか…などなど、その宗派がどう仏教を解釈しているかによって、長さは異なります。

Q.5お寺の作法、どのようにお参りするのが正しい?

脱帽・かばんは下ろす。コレはお願いしていますが、後はうちでは細かいことは言っていません。マナーという点では、よその会社に訪問に行くにも、高級レストランに入るにも、初めて彼のご両親にご挨拶に伺うにも、さまざまな状況で大切にされるところは同じだと思います。
周りのお参りの方を思いやるという意味では、キツイ香水は控える、丈の短いスカートは避ける、大声でしゃべらない、など…他の方の心をみだすような振る舞いは避けたいですね。

Q.6仏教が人々に伝えたいことは何なのでしょうか?

おシャカ様は「悟ったひと=ほとけ様」と言われますが、おシャカ様の以前にもジツは6人、悟った方があるといいます。おシャカ様を含めた七仏が全員大切にしていたという教えが『七仏通戒偈(しちぶつつうかいげ)』として現代まで残されていて、それは 『悪いことはしない 善いことをする これがもろもろの仏の教えである(意訳)』
というのです。
こんなシンプルなこと!と僕もビックリしたんですが、確かに3歳の子どもでもわかるけれど、80歳でもむずかしい。「知る、わかる」ことと「できる」ことは別なんだなと。

Q.7仏教を知ると、心がどんな風にラクになるのでしょうか?

なので、仏教をただ「知って」も、ラクにはならないかも?しれません。もちろん、含蓄のある言葉がたくさん残されていますから、ハッとするような言葉に出会ってコリがほどけるような瞬間もあるでしょう。それはきっと、受け入れて「腑に落ちて」いるからです。知る、という頭での理解というより、もっとハラに落ちる。身体的なもの。
そこから始まります。温泉をいくら知識で知っても、つかってみないと気持ち良くないじゃないですか。

ページトップ