名画に隠された“闇”に戦慄、恐怖がテーマの「怖い絵」展!【10人を招待】


編集部より厳選されたおしゃれな情報を皆様におとどけします。

想像力を刺激! 「この絵はなぜ怖い…?」
ターナー、モロー、セザンヌなど、巨匠の作品も

この夏、神戸で初開催されて、話題を呼んだあの「怖い絵」展がついに東京でも10月7日(土)より、上野の森美術館で開催されます。【ひと足早く、同展を体験できるシティ公式レポーターも募集中】

ポール・ドラローシュ 《レディ・ジェーン・グレイの処刑》 1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵
Paul Delaroche, The Execution of Lady Jane Grey, (c) The National Gallery, London. Bequeathed by the Second Lord Cheylesmore, 1902

「この絵が怖い理由、あなたはわかりますか?」

開催前から、これまでにないテーマと意味深なビジュアルで話題を呼んだ「怖い絵」展。

同展は、名画の隠された恐怖を読み解き、ベストセラーとなった作家・ドイツ文学者の中野京子さんの美術書『怖い絵』刊行10周年を記念して開催される企画展です。

本で紹介された作品を筆頭に、近世から近代にかけてヨーロッパ各国で描かれた油彩画や版画など約80点をテーマごとに展示し、その絵の時代背景や隠された物語から、作品の「恐怖」を読み解くという、新しい切り口で作品の魅力に迫ります。

なかでも最大の注目作は、日本初公開のロンドン・ナショナル・ギャラリーを代表する名画、ポール・ドラローシュの《レディ・ジェーン・グレイの処刑》。わずか9日間のみ王位にあった16歳の若き元女王の最期の姿を描いた、縦2.5m、横3mにもおよぶ大作。ほかにも、ターナー、モロー、セザンヌなど、ヨーロッパの巨匠たちが描いた“怖い”作品もあるのでこちらも必見です! そして、同展のナビゲーターと音声ガイドは、女優の吉田羊さん。12月17日(日)までなので、興味のある人はチェックしてみて。

★シティリビングWebでは、「怖い絵」展の模様をSNSなどで発信してくれる公式レポーターを募集しています。詳しくは下記の応募フォームでチェックしてね。締切は9月28日(木)なので、お早めに応募を!

●ナビゲーターの吉田羊さんのコメント
《オデュッセウスに杯を差し出すキルケー》(本コメント下の写真)は本で見て想像していたよりも作品サイズが大きく、実際に作品の前に立つと、キルケーに見下ろされているかのよう。実物を見ないと分からない臨場感がありました。
《レディ・ジェーン・グレイの処刑》(1枚目の写真)は構図が美しく、まるで舞台のクライマックスのようで、(展示室の)角を曲がった先で、作品を目の当たりにすると、感動が込み上げてきました。
次はいつ日本に来るのか分からない作品もあるのでぜひ美術館に見にきてほしいですね。初デートで見にきたとしたら、その後の話題に事欠かないと思います(笑)。

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 《オデュッセウスに杯を差し出すキルケー》 1891年 油彩・カンヴァス オールダム美術館蔵 (c) Image courtesy of Gallery Oldham

フレデリック=アンリ・ショパン 《ポンペイ最後の日》 1834-50年 油彩・カンヴァス プチ・パレ美術館蔵 (c) RMN-Grand Palais / Agence Bulloz / distributed by AMF

    Present

      「怖い絵」展をいち早く体験★ シティ公式レポーター募集
      ~特別監修 中野京子氏のギャラリートーク、女優・吉田羊さんも登場!~

      10月6日(金)開催、普段なら体験できない報道関係者向けのスペシャルイベントになんと<10人>をご招待!
      シティ公式レポーターとして、普段なら撮影禁止の展示会場で写真を撮ってSNSにアップしたり、展覧会の魅力をみんなに教えちゃおう♪

      ●吉田羊さんの撮影はできません
      ●作品の1点撮りやストロボ(フラッシュ)、照明、三脚、台車、自撮り棒の使用および持ち込みはご遠慮ください
      ●当日配布される注意事項の順守をお願いいたします

      シティ怖い絵展特派員
      <締切 9月28日(木)>

      詳細&今すぐ応募する!

    Information

    展覧会名 「怖い絵」展
    会期 2017年10月7日(土)~12月17日(日) ※会期中無休
    10:00~17:00(最終入館 16:30)
    会場 上野の森美術館
    入場料 当日券 一般:¥1,600/高・大学生:¥1,200/小・中学生:¥600
    主催 産経新聞社、フジテレビジョン、上野の森美術館
    後援 サンケイリビング新聞社
    公式サイト http://www.kowaie.com/
    問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月8日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ