小山薫堂氏がプロデュース☆日本最大級の若手料理人発掘コンペ結果発表!


編集部より厳選されたおしゃれな情報を皆様におとどけします。

「RED U-35 2016」応募は国内外から436人
グランプリ「RED EGG」は井上和豊さんに決定!!

「RED U-35 2016」受賞セレモニーにて(※席次は末尾に記載)/写真提供=RED U-35実行委員会

新時代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティション「RED U-35(RYORININ’s EMERGING DREAM)」。35歳未満の料理人であれば、日本料理、中国料理、西洋料理などジャンルの垣根を越えてエントリーできる、いわば料理界の異種格闘技戦。

総合プロデュ―サーは、人気テレビ番組「料理の鉄人」を手がけた小山薫堂さん。
審査員には、料亭「菊乃井」3代目主人の村田吉弘審査員長をはじめ、ソムリエの田崎真也さんなど、誰もが知るそうそうたるメンバーが名を連ねます。

4回目を迎えた「RED U-35」には、国内外から436名がエントリー。半年間・3段階の厳しい審査を経てファイナリスト(GOLD EGG)6人が決定。その後、最終審査が行われ、昨年12月12日に日本橋三井ホールにてグランプリが発表されました!

栄えあるグランプリ『レッドエッグ2016』の称号を手にしたのは、中国料理「スーツァン レストラン 陳」で副料理長を務める井上和豊さん! 審査員全員一致で、ほかの入賞者とは大差をつけての受賞となりました。

グランプリを受賞された井上和豊さん/写真提供=RED U-35 実行委員会

受賞セレモニーで行われたスピーチでは、「料理を楽しみたい」というシンプルで力強いメッセージが印象的だった井上さん。胸を打たれ、思わず涙ぐむ来場者も見られました。レストラン審査で彼をサポートしたスタッフも「楽しそうな姿が印象的だった」とコメントしており、一貫した信念で取り組んできたことが、今回の受賞につながったのかもしれません。

RED35グランプリ

井上さんが最終審査で作ったコースメニュー/写真提供=RED U-35 実行委員会

 

●ファイナリスト「GOLD EGG」に選ばれた女性料理人2名に注目!

本大会のファイナリスト(GOLD EGG)に女性2名、桂有紀乃さん(ザ・プリンス パークタワー東京 レストラン ブリーズヴェール、写真左)と服部萌さん(老虎菜 本店、写真右)が選ばれたことも話題でした。

12月12日授賞式セレモニー会場にて、ファイナリスト6人が行う最後のプレゼンテーションは「1分間スピーチ」。

トップバッターは桂さん。彼女は臆することなく、堂々とステージセンターに立ち、スピーチは意外な言葉から始まりました。
「私は歌を歌います、絵を描きます...人の“ココロ”を喜ばせる方法として。カラダを喜ばせる方法は“料理しかない”と考えています...」と。簡潔かつ印象に残る名スピーチに拍手喝采です。そして制限時間ピッタリに終了という素晴らしさ。

4番目にスピーチした服部さんは、スピーチを書いてきた「メモ」を読むスタイル。“自分の思いをしっかり伝える”ためにメッセージを暗記することをやめる決断をしたのです。自分にとって一番良い方法を考えつくしジャッジする...。「グランプリを獲得したい」思いの強さと、柔軟な思考回路に感服でした。

ファイナリスト6人みなさんのスピーチが個性豊かで素晴らしく、自分の考えや思いを“整理して伝える力”の大切さを再認識しました。
 

●「岸朝子賞」は桂有紀乃さんが受賞

そして、第4回大会で新しく設定された「岸朝子賞」。「RED U-35」発起人である故・岸朝子さんの功績を讃え、“もっとも優れた女性料理人に贈られる”この賞を、桂有紀乃さんが受賞されました。

「私の料理をお客様に召し上がっていただき、ココロもカラダも元気になって帰っていただきたい」という志をもっている桂さん。“料理人として、いかに人を喜ばせることが出来るか”と日夜考えているそう。

 

授賞式セレモニー最後に、村田吉弘審査員長からの総評で「“働く”とは、“他の人が楽になる”、自分が働くことで“世界が良くなる”、“周りが良くなる”こと...」というお言葉がありました。料理界の方々だけではなく、日本だけでなく、全世界、働くすべての人にこのメッセージが届きますように。
 
ただ“料理の腕”を競うのではなく、これからの料理界をどうしていきたいのかと問い続ける選手の情熱。そして、料理界の未来を誰に託すのかという審査員の情熱。両者が本気でぶつかり合う――。そんな「RED U-35」から今後も目が離せません。

 

・「RED U-35」公式サイト http://www.redu35.jp/index.html

・BSフジ特別番組「RED U-35 2016特別編」放送決定!
 2017年1月8日(日)0:00~0:30
 グランプリ(RED EGG)誕生までの約半年間にわたる完全密着ドキュメント

罫線

※集合写真は、後列左から門上武司(フードコラムニスト、雑誌「あまから手帖」編集顧問)、脇屋友詞(Wakiya一笑美茶樓オーナーシェフ)、田崎真也(ソムリエ)、山根大助(ポンテベッキオ オーナーシェフ)、辻芳樹(学校法人辻料理学館 辻調理師専門学校 理事長・校長)、狐野扶実子(料理プロデューサー・コンサルタント)、山本征治(龍吟 代表)、須賀洋介(SUGALABO Inc.代表)、前列左から小山薫堂(放送作家)、酒井研野(「菊乃井本店」料理人)、桂有紀乃(「ザ・プリンス パークタワー東京 レストラン ブリーズヴェール」料理人/岸朝子賞)、井上和豊(「スーツァン レストラン 陳」スーシェフ/RED EGG)、成田陽平(「菊乃井本店」料理人/準グランプリ)、服部萌(「老虎菜 本店」料理人)、藤尾康浩(「La Cime」スーシェフ)、村田吉弘(菊乃井 主人/審査委員長)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ