【編集部ブログ<TOKYO>】シティリビングWeb×Tadakuのスペシャルな料理教室に行ってきました♪


こんにちは、シティリビングWeb編集部のばりこです。

外国の文化を知れて、異文化交流ができると話題の料理教室「Tadaku(タダク)」をご存知ですか?
外国人ホストの自宅で、その国の家庭料理を教わることができるんです。

先日、そんなTadakuとシティリビングWebのコラボレーションでイベントを開催♪
7月5日、10日、14日の3回で開催された中から、第1回目イタリア料理教室の様子をリポートします!

Šî–{ CMYK

会場の家庭料理カフェにワクワク度もUP!

会場は、永田町にあるシェアスペース「Nagatacho GRID」1Fのカフェ「tiny peace kitchen(タイニー ピース キッチン)」。雑誌やSNSなどでも話題のお店です。こちら”家庭料理カフェ”ということで、イベントテーマにもぴったり! イタリアの家庭料理がよく似合うナチュラルでおしゃれな雰囲気でした。

Šî–{ CMYK

 

コミュニケーションは基本、英語で進行!

今回の講師は、イタリア出身のフィロメナさん。
なんと日本に来てまだ7ヶ月なんだそう。慣れない異国の地で料理教室だなんて、とてもアクティブですよね。

IMG_7270

講師のフィロメナさんのあいさつと、みんなの自己紹介をしたらクッキングスタート!
今回は「初心者英会話×料理教室」というテーマだったので、英語をメイン言語に進行。私も後半からは最終兵器のGoogle翻訳を駆使してフィロメナさんに質問しましたよ。

IMG_7219レシピは、トマトソースのラビオリ。ソース作りは、オリーブオイルとガーリック、トマトソース、バジルなどをフライパンでさっと合わせてできちゃいました。
イタリア料理のシンプルさにみんなも驚き! 素材を活かした料理なんですね。

ラビオリは生地をのばすところから手作りです。フィロメナさん持参のパスタマシンを使って、生地を薄く均等にしていきます。イタリアでは、この器具が一家に1台あるんですって! みんなで手分けして、生地をのばし、一口大になるように生地をくりぬいたら、チーズなどが入ったフィリングを詰めてフォークでフチを閉じていきます。

Šî–{ CMYK

ラビオリをゆでて、先ほどのトマトソースをかけたら完成! 奥にあるのは、ラビオリと同じ生地で作ったフェットチーネパスタです。

 IMG_7258

みんなで食卓を囲んで「いただきます!」。 お味はとってもボーノ! 凝縮されたチーズのうまみに、私も恐縮。イタリアに行ったことはないですがイタリアの風を感じました。後半は、食事をしながらフィロメナさんからイタリアの文化のことを聞いたり、英語で質問したりと和やかでグローバルな時間を過ごしました。

気分はまるでホームステイ♪

異文化交流に好奇心が止まらない料理教室Tadaku。普段は講師の自宅で行われており、まるでホームステイに来たかのような感覚で料理や文化を学べます。
公式サイトではほかにもさまざまな国籍の先生による料理教室を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

https://www.tadaku.com/

IMG_7260

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ