【編集部ブログ<TOKYO>】あのテラハに出演! 鮎澤 悠介さんにインタビュー


八王子出身、ハワイ在住。若干18歳のギタリスト/ウクレレ奏者

こんにちは、シティリビングWeb編集部sumiです。

みなさん、フジテレビの番組「テラスハウス」ALOHA STATEをご存知ですか? 初期メンバーとして出演していた、EDEN KAI(イーデン・カイ)さんこと、鮎澤悠介さん。素朴なルックス、真面目でピュアな姿とは裏腹に、ウクレレを激しく堂々と弾く姿に、キュンとしたシティリビングWeb読者も多いのでは?

彼は、高校を卒業したばかりの若干18歳でありながら、"ハワイのグラミー賞”と呼ばれる「ナホク・ハノハノ・アワード2016」にノミネートされる実績を持つ、今大注目のシンガーソングライター/ギタリスト/ウクレレ奏者なんです。

今回、なんとその悠介さんが、6月21日に日本で初めてのアルバムを発売! そのPR来日の合間をぬって、シティリビングWeb編集部に遊びに来てくれました。

6月に発売になるアルバムのこと、今後の活動予定のこと、悠介さん自身のこと、色々聞いちゃいました。そのインタビューの模様をお届けします♪

6月21日リリース! 日本デビューアルバム「ミュージック・フォー・ユー」

編集部:アルバムについて教えてください。

悠介さん:「ミュージックフォーユー」は、日本で出す初めてのアルバムです。テラスハウスのバックミュージックのカバー曲以外は、全て自身で手がけています。
僕は口べたで話があまり得意なほうではないのですが、このアルバムは、まさに自己紹介そのもの。僕の最高の自己表現をアルバムにつめることができたと思います。

編集部:特に思い入れの強い曲はありますか?

悠介さん:テラスハウスで得た経験を歌にした「モノガタリ」、アルバムのタイトルにもなっている「ミュージック フォーユー」です。

編集部:7月にまた来日されると聞いたのですが…。

悠介さん:7月28日から開催される、フジロックフェスティバル'17に出演が決まりました。野外の大規模なライブは経験がないので、楽しみです。

編集部:フジロックですか! すごい。これからますます、注目度が上がっていきますね!

ハワイへの引っ越し・ウクレレとの出会い

編集部:ウクレレと出会ったきっかけを教えてください。

悠介さん:14歳のとき、家族でハワイに引越しました。そのときから始めました。ハワイの人にとって、ウクレレって生活の一部なんです。一家に1台はあって、小学校の授業の科目にもなっています。

そんなわけで、なんとなく当たり前のようにウクレレに触れる機会があって。もともと、ギターをやっていたので、「ギターやっているなら、ウクレレやりなよ」と。やってみたら面白くて。はまっていった感じです。

編集部:それから2年弱で、大会で優勝したり、アルバムを自主制作でリリースされたり。数年でここまでうまくなるって、すごいですよね。

悠介さん:面白くて、夢中でやっていました。1日中部屋にこもって弾いて、気づいたら朝、なんていうときもありました。

編集部:休日の日は何をしていますか?

悠介さん:14歳まで、日本の八王子にいましたが、ハワイに引っ越して自分は大きく変わりました。日本って良くも悪くもちょっと歩けばたくさんコンビニがあって、生活に困らない。日本では、自宅にこもって休日を過ごすことが多かったです。でもハワイに来てからは、積極的になった気がします。ハワイは、何もない。コンビニも近くにはないし、自分が動かないと始まらないんです。だから、アクティブになれたと思います。でも、基本的に、映画を観賞したり、音楽を聞いたりするのが好きです。

働く女性も始めやすい! ウクレレの魅力とは?

編集部:シティリビングWebの読者に伝えたい、ウクレレの魅力はどんなところでしょうか。

悠介さん:まず、ウクレレは"音楽”を表現しやすい楽器だと思います。そしてさっきも言いましたが、ハワイにとってウクレレはライフスタイルの一部なので、ハワイが好きな方は、ぜひ手に取ってほしいです。
あとは、ギターと違って、音が滑らかでとても癒やされます。軽いし、旅行にも持っていきやすいので女性に向いていると思います。「楽器を始めてみたいけど何からチャレンジしたらいいか…」という人にこそ、触れてほしい楽器です。

編集部:わたしは、音符も読めない、音楽初心者なのですが、そんな人でも、覚えられるでしょうか。

悠介さん:大丈夫です。ポイントとなるコードさえ覚えれば、できますよ。

編集部:そうなんですか! 安心しました。

編集部:悠介さんにとって「ウクレレ」とはどんな存在ですか?

悠介さん:「人生」です。ウクレレに出合わなければ、今こうしていることもないし、これからもずっと、ウクレレアーティストとして進んでいきたいと思っています。

日本の働く女性のイメージは?

編集部:日本の働く女性のイメージを教えてください。

悠介さん:自分は、偉そうにいえる立場ではないですが、まじめで勤勉で、モラルがあって礼儀正しい、見本にしたい人が多い、と思います。

編集部:ありがたすぎるお言葉ですね(笑)。

編集部:シティリビングweb読者は、旅行好き、そしてハワイが大好きな方が多いです。
最近のお気に入りの場所や、お店を教えてほしいです。

悠介さん:テラスハウスで一緒に生活していた、エリックとエビアンは、2人ともハワイでお店をやっています。エリックは、「ユニバーザー」というコーヒーショップ、エビアンはTシャツのお店で、「ILA SWIM」というオリジナルのブランドも立ち上げています。この2つは、テラスハウスが放送されてから人気になっています。

あとは、チャイナウォールズ。通っていた高校から近いのですが、大きく削れた崖は迫力があって、絶景ポイントです。

シティリビングWebの読者にメッセージ

編集部:最後に、シティリビングWebの読者にメッセージをお願いします。

悠介さん:働く女性のみなさんは、日々仕事を頑張っていて、日本を支えてくれている方々だと思います。
そんなみなさんにとって、ウクレレの音楽が休息、癒やしになれればいいなと思っています。ウクレレが何かの手助けになれば。7月に、ウクレレワークショップを開催しますので、ぜひ、参加してみてください!

編集部:ありがとうございました!

フジロックフェスティバルへの出演も決まって、ますます人気が高まりそうな、悠介さん。18歳とは思えない、しっかりとした受け答えに、編集部一同感心しきりでした。

そしてアルバム。編集部sumiのイチオシは、やはり「モノガタリ」。こちら、ぜひ聞いてみてほしい! 1度聞いたら頭に残って口ずさみたくなるイントロ、悠介さんの優しい歌声とウクレレ。癒やされ度抜群な一曲です。仕事で疲れたOLの皆さま、要チェックです。

シティリビングWebでは、7月、フジパシフィックミュージックさんと一緒に、「Eden Kaiのウクレレ・ワークショップ&ライブ体験」を開催! ワークショップの募集は、6月21日(水)本日よりスタート。詳細はシティリビングWebで告知中、お見逃しなく。

悠介さん、癒やしをありがとうございました★


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ