【編集部ブログ<TOKYO>】こだわりのワイングラスと、最高級スピーカーでラグジュアリーなプレミアムフライデーを♪


新宿タカシマヤで[Bose]×[シェフ&ソムリエ]体験会に参加!

こんにちは! シティリビングWeb編集部Wです。

編集部員のプレミアムフライデー体験ブログリレーも最終回。
次回のプレミアムフライデーに向けて、気になるイベントはありましたか? せっかくの時間、早めに予定を立てて有意義に過ごしたいですよね。

私は、新宿タカシマヤで[Bose]×[シェフ&ソムリエ]体験会 ~ラグジュアリーなリラックスタイムをご自宅で~』イベントに参加してきました。

[Bose]×[シェフ&ソムリエ]体験会 ~ラグジュアリーなリラックスタイムをご自宅で~

プロにも愛用されている「シェフ&ソムリエ」のワイングラスと、言わずと知れたスピーカー「Bose」のコラボレーション。
どちらも、絶対に必要ではないけれど、少しだけ知識を得て取り入れてあげると、生活が豊かになるものだそうです。

今回、グラスについて教えていただいたソムリエの青木さんが冒頭に話していた、「家でワインを飲むとき、スパークリング用、白ワイン用、赤ワイン用くらいは分けていても、ブドウ品種によって使い分けたりしないですよね? そこを、1つこだわりのグラスを買い足すだけで、よりワインを楽しむことができます」という言葉に大きく納得。グラスを使い分けられるようになりたい!

本当にグラスで変わる? 香りと味を比べて楽しむ

まずは、ワイングラスの選び方を教えていただきます。

ワイングラスセミナー

今回、通常のテイスティンググラスと、シェフ&ソムリエの「OPEN UP TANNIC 55cl」の2つのグラスで、チリのカベルネソーヴィニヨンを飲み比べ。こちらは、重いタイプの赤ワインです。
お店だと、重いタイプのワインはデキャンタージュという、別の容器に移し替えをすることがよくあります。これは、ワインをボトルから移し替えることで、ワインと空気をたくさん触れさせて、短時間で本来の風味を取り戻すため。でも、家ではなかなかやらないですよね?

OPEN UPのグラスは、空気にたくさん触れることができるダイナミックな形をしているので、普通のグラスに比べてより早く、デキャンタージュしたかのようにアロマが開くそうです。

グラスと、今回飲み比べをしたワイン

ワイングラスに入れたら、まずそのまま香りを嗅いで、次にグラスを数回まわして空気と混ぜて嗅いでみます。
確かに、全然違う!! 私みたいな素人でも、グっと香りが立つのが分かりました。
その後、10分くらい経ってからさらに香りを比べてみたんですが、普通のテイスティンググラスだと、コーヒーのような香り。もちろん、良いんですが少し硬い印象です。OPEN UPグラスは、柔らかく、ベリー系の香りになります。
テイスティングの方法も教わりました。ワインを歯茎にあてると渋さを感じて、舌の側面にあてると酸味を感じるそうです! 奥が深いですね。

左がシェフ&ソムリエのOPEN UP TANNIC 55cl、右が通常のテイスティンググラス

そしてこのグラス、お家使いにうれしい、強度が高いのが特徴。
オリジナルの「クウォークス」という素材を使っていて、テーブルの上で倒したくらいでは、割れないんです。実際に、テーブルの上で倒して実験。「本当に割れない! 割れそうな気配がない!」と感動でした。

スタイリッシュな見た目でも、迫力の臨場感

2つのグラスでワインを楽しみながら、スピーカーのお話も聞くことができました。

Boseの「SOUND TOUCH® 300 SOUNDBAR」は、バータイプのおしゃれなスピーカー。40型台のテレビの前にすっきり収まるのは、うれしいですよね。

そんなスリムでおしゃれな見た目でも、臨場感はスゴいんです。
「フェーズガイド」という技術で、天井や壁に音をぶつけて出しているそうで、オープンなスペースで聞いたにもかかわらず、まるで後ろや天井、空間全体が音で包まれました。

BluetoothやWifiで接続できたり、リモコンのほかにスマホで操作できるのもポイント高いです!
とっても余談ですが…あまりに素晴らしかったので、ワタクシ、翌週にこのスピーカー、購入しました笑。テレビはもちろん、スマホから音楽再生できるのがとっても便利。イベントさながら、音楽を聞きながらワインを楽しんでいます。

デモンストレーションの様子

プレミアムフライデー、月末の金曜は変わった?

事前調査でも、「あなたの会社でプレミアムフライデーは導入されますか?」の質問に「はい」と答えた人はわずか2.1%と、かなり苦戦をしいられそうなプレミアムフライデー。
あなたはどうでしたか?

企業や政府の今後の取り組みに注目して見守りたいところですが、今回うかがった新宿タカシマヤでは、今後もさまざまなイベントを予定しているよう。

今は導入されていない人も、導入されたときのために行きたいイベントをピックアップしてみるのも、良いかもしれませんね。

[Bose]×[シェフ&ソムリエ]体験会 ~ラグジュアリーなリラックスタイムをご自宅で~


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ