出会いがない女子は必見!きっかけは「読書会」にあるかも!?


出会いがない女子は必見!きっかけは「読書会」にあるかも!?

出会いがない女子は必見!きっかけは「読書会」にあるかも!?

本を読んだときの感動を、周りに伝えたり語り合ったこと、最近ありますか? 都内では、あちこちで「読書会」が開かれています。今までと違う本との付き合い方、始めませんか?

気軽に参加できる会からじっくりと本について語れる会まで

「読書会」。働く女性向けメディア『シティリビング』読者のアンケートでは、「本に関わるイベントに参加したことがない」人がほとんどですが、実は都内でさまざまな読書会が開かれています。課題本を読み、その本についてフリートークする「課題式」、毎回各自がオススメの本を持ち寄る「紹介式」、お気に入りの本を参加者同士で交換する「交換式」など、きっちり本を読み込む会から気軽に参加できる会までさまざま。
自分以外の人の解釈を聞けたり、手にしたことのないジャンルの本の面白さを知ることができるのが魅力。「本の情報を得られる上に、なぜその本を選んだかの理由に、その人の人となりや背景が垣間見える」とは会の主宰者たち。同じ本への思いを共有することで、一挙に雰囲気が打ち解け、おしゃべりに花が咲きます。中には読書会をきっかけに、結婚まで発展した人もいるのだとか。読書会を通して新しいコミュニケーションが見つかるかも!
都内で開かれている読書会を紹介します。

読者's VOICE

年に何冊本を読む?グラフ
本のイベントに参加したことある?グラフ

●読書会にたびたび参加しています。同じ本に対していろいろな人の感想が聞けて刺激になります(Y.Tさん)●クリスマスのプレゼント交換のように、人から人へ本をプレゼント。自分のお気に入りを人に紹介でき、自分では選ばないような本を手に取るきっかけになりました(M.Yさん) ●東京天狼院の小説家養成講座の1日缶詰イベントに参加し、やる気をもらいました(K.Kさん) ●読書会に行ったら大学の友達と偶然再会。以来、定期的に一緒にお茶をするくらい仲良くなりました(Y.Nさん)

※シティリビングWeb会員へのアンケート結果。10/18 ~ 11/1に実施。有効回答数1617人

リアルに出会う読書会&イベント
は参加気軽度。多い方が準備なく参加できます

本を通じて好きなことが話せる!
みんなの読書会その場で選ぶ ★★★★

テーマを設けず好きな本を自由に選んで仲間とシェアする「みんなの読書会」。取材日のイベントでは、手ぶらで参加し、その場で選んだ本について、「なぜ、この本を選んだか」を参加者の前で発表。性格や人生観などが垣間見られるのが面白いところ。事前に読んでおかなくていい気軽さもメリット。そのほか、映画にまつわる読書会や、ゲストを呼ぶイベントもあり。

本に関わる仕事をしながらも、本友達が周りにいなかったことから始めました。本を通じて、新しい人とのつながりもできます。中には数カ月後に付き合うことになり結婚した人もいました(みんなの読書会ディレクター 川﨑祐二さん)

How to do

  • みんなの読書会のFacebookから申し込み on.fb.me/1k7bAaC
  • 当日、会場で気になる本を見つける
  • グループに分かれて自己紹介、選んだ理由などを話す
  • グループ入れ替えで、同様に
  • 参加費 2000円から
    ※食事付きの場合もあり

[今後のイベント]

12/15(金)19:10 ~ 20:40「オリエント急行殺人事件」の映画公開を記念して、アガサ・クリスティー原作が課題本。
参加費2000円、会場3331Arts Chiyoda

交換する本からコミュニケーションが生まれる
ブクブク交換交換会 ★★★

「コミュニケーションの始まりは物々交換」とは、「ブクブク交換」の発案者・テリー植田さん。本についてではなく、本にまつわるそれぞれのエピソードを語っていきます。2010年からTwitterなどの呼びかけで、人が集まるように。今では、各自が主催者になって、本の交換をしています。イベント後も、本の持ち主に感想を送ったり、個々の交流も生まれます。

初めての呼びかけには23人集まりました。本を交換するだけで、コミュニケーションが広がるのが面白いですね。気軽に始められるのも魅力です(発案者 テリー植田さん)

How to do

  • ホームページからメールで申し込み http://bukubuku.net/
  • 当日決められたテーマに合う本を持参して会場へ。なぜその本を選んだかなどを発表し合い、気になる本と交換。持ち帰る本は、持ってきた本と同じ数
  • 参加費  200円から

読書会の朝活でもっと自分を高めたい
そうだ、朝活へ行こう紹介式 ★★

毎週月曜7:00 ~ 8:00、品川のカフェで開催。ビジネス書だけでなく、小説、雑誌など読んだ本をそれぞれ持ち寄り、その本の魅力を発表します。本のジャンルに関係なく、本を通じて仕事の取り組み方やモチベーションが高まる雰囲気。朝一番に語らうひとときは、その後の仕事も元気に取り組めると言う人が多数!

読みっぱなしではなく、アウトプットしたり、人前で発表すると、自分の背景や人生を語ることにもなり、本を通じて自分を振り返ることができます(主宰者 岩城隆興さん)

How to do

  • ホームページから申し込み http://tokyoasakatu.blog.fc2.com/
  • 紹介したい本を持参して参加。電子ブックでもOK
  • 自己紹介、その本の概要、きっかけ、感想などを発表&フリートーク
  • 参加費 無料(飲み物代は各自)

古典的な名作をみんなで語り合う
東京読書会課題式

月に1回、都内近郊の喫茶店で古典文学の名作について、自由に語り合う会。タイトルは知っていても、実際に読んだことがない本を読むきっかけになります。食事会もあり、気軽な雰囲気で語り合えます。男女比は半々で、中学生から50歳代までが参加。普段知り合えない年齢層との出会いも楽しい。

How to do

  • ホームページから次の課題図書をチェックし申し込み http://dokushokai.blog.fc2.com/
  • 開催日までに読了し、会に参加
  • 参加費 1000円

※次回開催は12/3(日)15:00 ~17:00、課題図書は「ボヴァリー夫人」(岩波文庫 上・下)。参加費1000円、会場ルノアール四谷店

部活的なイベントを多数開催
東京天狼(てんろう)院課題紹介式 ★★★★

「天狼院のゼミ」や「ファナティック読書会」など、本を通じて“体験”ができる書店。「ファナティック読書会」は、“好きな本を熱狂的に紹介する”読書会。毎回進行役が「グルメな本」など異なるテーマを設定、それに合った本を紹介。紹介した本は、その場で発注、店頭の「ファナティック棚」に並ぶのが特徴。

TEL:03-6914-3618。「池袋」駅から徒歩9分
12:00 ~ 22:00(土・日曜、祝日は10:00から)。不定休

How to do

  • ホームページから申し込み http://tenro-in.com
  • テーマに合った本を持って当日参加。紹介を聞く専門”聞き専“の参加も可
  • その本の好きなところを発表
  • 参加費 1000円

思いがけない出会いがある♪ 本スポット

“独立系”と呼ばれる本屋さんや、食事と一緒に楽しめるなど、都内には、思いがけない本と出合えるスポットがまだまだあります。

写真集食堂 めぐたま [恵比寿]

写真集食堂 めぐたま

季節の一汁三菜ランチ

「季節の一汁三菜ランチ」1000円(17:00以降と土・日曜、祝日は1500円)

“おうちごはん”あり! 写真集にまつわるイベントも

料理が好きな“めぐみこさん”と、写真集図書館が夢だった写真評論家の飯沢耕太郎さん、イベント好きの“ときたまさん”がオープンした、野菜たっぷりの“おうちごはん”の食堂。国内外の写真集5000冊が自由に見られます。「写真集を読む」「落語と江戸料理」などのイベントを開催。

SHOP DATA

TEL:03-6805-1838
JR線・東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅から徒歩7分、11:30 ~ 23:00(L.O.22:00)、土・日曜、祝日は12:00 ~ 22:00(L.O.21:00)。8:00 ~ 22:00(土・日曜、祝日は10:00~19:00)、月曜定休(祝日の場合は翌火曜)

http://megutama.com/

Hama House [水天宮]

Hama House

上部で気になる本を見つけたら、スタッフに伝えると取ってもらえます

ヘルシーデリプレート(8種のデリから3種、サラダ、ライス付き)

「ヘルシーデリプレート(8種のデリから3種、サラダ、ライス付き)」918円

気軽に立ち寄り本をパラリ 地域密着の町の本屋さん

日本橋浜町に9月にオープンしたブック&カフェ。ブックディレクターでもある同店社長がセレクトした本が、5mの吹き抜けの本棚に並びます。ワンプレートデリを食べながらでも、ただ立ち寄って本を手にするだけでもOK。

SHOP DATA

TEL:03-6661-7084
東京メトロ半蔵門線「水天宮」駅から徒歩5分、8:00 ~ 21:00( 日曜、祝日は10:30 ~18:00)。無休

http://hamacho.jp/hamahouse/

Readin' Writin' BOOK STORE [田原町]

Readin' Writin' BOOK STORE

元記者が本をセレクト 思いがけない本と出合える

吹き抜けの開放感ある店内には、絵本をはじめ東京、落語、演芸など、元新聞記者の店主のアンテナに引っかかった本がズラリと並び、宝探しをしている気分になれます。定期的に読書会やイベントを開催。購入した本を吹き抜けの2階で、コーヒーと共に楽しむこともできます。

SHOP DATA

TEL:03-6321-7798
東京メトロ銀座線「田原町」駅から徒歩3分、12:00 ~ 18:00。月曜定休

http://readinwritin.net/

東洋文庫ミュージアム [駒込]

東洋文庫ミュージアム

文庫ランチ「マリーアントワネット(季節のお重、スープ、サラダ、コーヒーまたは紅茶付き)」

文庫ランチ「マリーアントワネット(季節のお重、スープ、サラダ、コーヒーまたは紅茶付き)」1960円

オリエンタルな雰囲気が 魅力の専門図書館

アジア全域の歴史と文化に関する東洋学の専門図書館。企画展やイベントなども開催。併設の「オリエント・カフェ」では、シーボルトゆかりの植物が植えられた庭園「シーボルト・ガルテン」を眺めながら小岩井農場のメニューが味わえます。

SHOP DATA

[東洋文庫ミュージアム]
TEL:03-3942-0280
JR線・東京メトロ南北線「駒込」駅から徒歩8分、10:00 ~ 19:00。火曜休館、入館料900円

[オリエント・カフェ]
TEL:03-6661-7084
11:30 ~ 21:30(ランチは14:30まで)

http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/museum_index.php


オフィスで働く女性のための情報紙
「シティリビング」を無料であなたのオフィスに届けます!

いつもの毎日をもっと楽しく! 毎週オフィスに届く「シティリビング」は、最新グルメ、おでかけスポットをはじめ、仕事でも輝く“女子力アップのモト”が盛りだくさん!
新商品が試せるプレゼントやクーポン、シティリビング限定のイベント情報など、元気に働く女子に役立つ情報も。旬な情報をあなたのオフィスにお届けします。

申し込みはこちらから


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月8日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ