1. シティリビング
  2. 東京版TOP
  3. 「Team Fun to Share オフィスでエコ隊」によるオフィスアクション vol.3
「Team Fun to Share オフィスでエコ隊」によるオフィスアクション vol.3
働く女性が一つの目標で つながっているのがうれしい
「30周年シティリビング」×「Fun to Share」ロゴマーク
「Team Fun to Share オフィスでエコ隊」  リゾートトラスト
高野優子さん、樫尾枝里子さん
平美幸さん
「キックオフイベントで栗原恵さんのお話を聞き、こんな有名な選手も取り組んでるんだ!とやる気が出ました」と話すリゾートトラストのエコ隊メンバー。本社を含む全国32の事業所でISO14001を取得していることもあり、環境に対する社員の意識は高いそう。「ただ部署ごとに取り組んでいた部分も多かったので、より"みんなで頑張ろう"と共通の思いが出てきました」とエコ隊効果を実感。個人としても、マイボトルを持参したり、家でもタップを使った節電を実践しています。そんな姿を「楽しそう」といわれる彼女たちは「シティリビングの紙面やWebで紹介されている他のエコ隊のみなさんを見ると、ちょっと気が緩みそうになっても頑張れます(笑)。働く女性が一つの目標でつながってるのがうれしいですね」
リゾートトラストのみなさん
私たちはこの3つで“節電アクション”
エアコン使用時の室温を冬は20度に設定
"冷凍紙おしぼり"などの工夫で乗り越えた夏と同様、冬場もブラインドを活用して外気を遮断するなど思案中。
照明の点灯時間の短縮
ダウンライトを完全に使用不可にしたり、ランチタイムに部分消灯するなど、必要のない照明は徹底してオフに。
OA機器未使用時は電源をオフにする
短時間の離席でもPCの画面は必ずオフに。コピー機も最後に使用した人が電源オフして帰宅することをルール化。
タップを使って節電しているPC電源。間違って他人の電源を消さないようラベリング
昼休みは部分消灯を実施。その日の当番が昼休み開始と同時にオフします。シールをはって、消灯ゾーンをわかりやすく管理
【みんなの活動レポート 】「Team Fun to Share オフィスでエコ隊」から届いた活動の様子をレポート。 みんなの工夫や楽しみ方を、あなたのオフィスでも取り入れてみて!
エレベータのうち1つを運転しないようにして節電しています。使わないエレベーターのボタンには「Fun to Share」のシールを!
同フロアの別会社とキッチンが共有のため、物があまり置けません。コップなどを洗った後、乾かす事もできないのでキッチンペーパーを棚に置いています。 何もせず、そのまま置いておくと好きなだけ使ってしまうので 側面に使用開始日を大きく記入。およそのなくなる日数を把握できるようにしました。 日付を記入することによって、皆の意識が高まり無駄遣いが減りました。
寒くなってきたので、ストールを活用! 首にかける、ひざにかけるなど、防寒対策をはじめました。デザインも可愛いストールを使うことで、女子力もアップ!
オリジナル活動として、使わない紙袋を集めて、汚れているものは裏紙としてメモ帳に使用しています!/電気ポットを廃止し、電源を入れてすぐにコーヒーや紅茶が作れるマシンを導入しました。今まで常時電気ポットの電源が入っていましたが、このマシンなら作りたいときだけ電源ONでOKなので、 すごく改善されたのではないかと思います!
【エレベーターを極力使用しない】数フロアの移動であれば、階段を使うようにしています。 最初は少しツラかったですが、慣れるといい運動になってリフレッシュできるので、 今では自然と足が階段に向かうようになりました。
【オリジナル活動】冷蔵庫を「弱」にし、詰め込みすぎないようにして消費電力に努めています。
【オリジナル活動】ノー残業デーを水曜日から、水曜日と金曜日に増やして節電!
【エレベーターを極力使用しない】21階から11階まで毎日階段で降りています。チームみんなで降りることによって、チーム内のコミュニケーションにもつながってます。
【照明の点灯時間の短縮】お昼休みを一斉にとる部署のため、昼休みは点灯電気を3割程度にしています。活動を初めてから、かなり慣れた行動となったため、「電気を消したらお昼休み、電気をつけたらお仕事スタート」という意識が生まれたように感じます。特にチャイムが鳴る会社ではありませんが、電気点灯がその役目のようになっています。
 「オフィスでエコ隊」隊長 栗原恵さんからのメッセージ「私のモチベーションは、電気使用量が前月より減っているか確認すること!」
エコ活動は、地道にコツコツやることが大切です。何でも継続することは難しいことですが、その先に大きな目標があったり、共に目標を共有して頑張る仲間がいてくれると乗り切れるのではないでしょうか。これはバレーの練習やアスリートの生活にも通じることですね。
少しずつでも目に見える成果が現れると、モチベーションにつながるはず。私は、前の月よりも電気の使用量が少なくなっているか確認することを楽しみに、頑張っています! みなさんも"目に見える成果"を見つけて取り組んでくださいね。
栗原恵さん
今月の「オフィスでできる節電アクション」獲得ポイント数
(結果グラフ)
あなたも「Fun to Share」に参加しませんか?
企業として参加する
個人として参加する
Fun to Share
環境省
[情報掲載日:2014.11/5]

ページトップ