1. シティリビング
  2. 東京版TOP
  3. 「Team Fun to Share オフィスでエコ隊」によるオフィスアクション vol.1
 「Team Fun to Share オフィスでエコ隊」によるオフィスアクション vol.1
「始めてくれてありがとう」と  社内から感謝の声が届きました
「30周年シティリビング」×「Fun to Share」ロゴマーク
「Team Fun to Share オフィスでエコ隊」  日立化成
鈴木知里さん、杉本亜紀子さん
鈴木愛子さん、山下陽子さん
「環境省とのコラボレーションなんだと改めて実感し、責任重大だと意識が高まりました」。7月末のキックオフイベントの感想をこう話してくれた日立化成のエコ隊メンバー。「おそろいの温度計をデスクに設置して常に温度をチェック。オフィス内が暑いので、凍らせたハンカチを持参したり、保冷剤をハンカチにくるんで首にあてたりと、電気に頼らず暑さを軽減できるよう工夫しています」。エコ隊メンバーの発足を知り、「誰かが始めないとなかなか意識が変わらないもの。始めてくれてありがとう」と、社内から感謝の声が届いたとか。「一人ではなく、みんなでアイデアを出し合って楽しんでます。仕事で切羽詰まっても、地球にいいことをしているってエコ活動のことを思うと、気持ちに余裕が持てるんですよ」
日立化成のみなさん
私たちはこの3つで“節電アクション”
電気ポットや冷蔵庫などの使用の見直し
使っていない器具の見直しの一つとして、トイレの手洗い乾燥機を使用せず、ハンカチを持参する行動も実践
エレベーターを極力使用しない
「歩く」こと自体をより楽しむため、万歩計の使用もスタート。目標は勤務時間中に5000歩を歩くこと!
オリジナル活動
暑さ対策として、ハンカチにくるんだ保冷剤で首元を冷やす、扇子やうちわを使用、マイボトルでドリンク持参などを実践中
おそろいの温度計に「ECO」のシールをはってキュートに
フリーアドレスのオフィスでは扇子と温度計、マイボトルを手にお気に入りの場所へ移動
【みんなの活動レポート 】「Team Fun to Share オフィスでエコ隊」から届いた活動の様子をレポート。
席を離れる際には、PCモニターの電源をオフに。業務上取り扱う個人情報や機密情報保護の観点からも大事なことだと考えています。一定時間操作しないときは自動的にスタンバイ状態になる設定で、うっかりつけっ放しも防止。
エレベーターを極力使用しないを目指して、階段で「2上がり3下がり運動」と、時間があるランチ時も階段を使用しています。
電気ポットは、朝来た時にお水を入れてコンセントをさし、最後に退社する人が必ず電源を抜くという形を取っています。必ず抜いてもらえるよう、POPも立てています。
空調が効きやすいように一日中ブラインドを閉めているほか、冷気を逃さないようビニールシートで窓を覆っています。/照明の点灯時間を短縮するために早帰り強化月間を実施! 8月はチームで定時退社し、暑気払いにパフェを食べに行きました! エコにも貢献してプライベートも充実させて一石二鳥です!
【電気ポットや冷蔵庫などの  使用の見直し 】食堂や休憩室のコーヒーメーカーやポットを、使わないときはコンセントを抜いています。急にお湯が必要なんてときに慌ててしまいますが、慣れるまでは大変なものだと思っています。
【エアコン使用時の室温を、  夏は28℃、冬は20℃に設定 】 どんなに暑くても設定28度を変更しません。暑い時もありますが、変更するには総務部の許可を得るようにしており、変更はめったにありません。
【OA機器未使用時は 電源をオフにする 】お手洗いや会議に行くときなど、ちょっと席を外すとき等もOA機器の電源を細かくオフに。 モニターの電源を押すだけですが、大切なデータを第三者に見られるという情報漏えいもなく、お手軽な節電です。
【ブラインドの効果的な活用 】ブラインドを常に下げて、室内温度が高くならないようにしてます。 ブラインドを上げていると明るいのですが、室内温度も高くなるので、場所により暑かったりそうでなかったりなど大変。 反対にお昼はフロアの電気を消すので、ブラインドを上げて光を入れるようにしてます。
【照明の点灯時間の短縮 】 お昼休みは天井の電灯を部分的に消す取り組みをしました。オフィス用の蛍光灯タイプの電灯の1つ1つにスイッチがあることを発見し、部署の運営費用から蛍光灯の紐スイッチ(5個入りで150円程)を購入してもらって、部署の天井灯すべてに取りつけました。座席付近のおよそ3分の1と棚やコピー機がある作業スペースは必要な時だけ点灯することに決めると、2週間もすると周りも慣れてしまったようで、電気がつけっぱなしになっていることもなくなりました。
 「オフィスでエコ隊」隊長 栗原恵さんからのメッセージ   「一人では思いつかないことも 皆さんのアイデアから新たな発見が生まれます」
7月末のキックオフイベントで直接隊員の皆さんにお会いし、いろいろな取り組みをそれぞれが考えて実行しているのが素晴らしいなと感じました。一人では思いつかないことも、こうしてイベントに参加して意見を聞き、私自身も新たな発見が生まれました。イベントに参加できなかった皆さんも、引き続きいろいろなアイデアを出し合って協力し、試してみてほしいなぁと思います。私自身は現在、エアコンに頼らず窓を開けて自然風で過ごしています。少しずつ涼しくなってきているので、ウエアで体温の調整をするよう心がけています。
栗原恵さん
今月の「オフィスでできる節電アクション」獲得ポイント数
(結果グラフ)
あなたも「Fun to Share」に参加しませんか?
企業として参加する
個人として参加する
fun to share環境省
[情報掲載日:2014.9/17]

ページトップ