仙台で働く男性のオン&オフに接近!旬な男~東北の活性化を目指す26歳


2017.4.26 旬な男 ~海外暮らしを経て東北に貢献したい志を抱く 菅原未来さん~ 

 インバウンド向けの観光開発・プロモーションを行う企業で、新規事業の立ち上げに奔走する菅原未来さん。一昨年末に海外から戻り、現職に就いて半年ほどだそう。
 この仕事を目指した転機は、大学の卒業旅行で訪れたアメリカでの出来事。「レストランでオーダーができず、会話のスピードさえ合わせてもらえないことに衝撃を受けて。でもそこで湧き上がったのは『英語で暮らすってカッコイイ』という感覚でした(笑)」。
 その日から貯金に励み、ワーキングホリデーでニュージーランドに1年間滞在。さまざまな国から集う人との共同生活を通し、今では仕事でも困らないほどの英語力を身に付けています。「ニュージーランドの環境は東北とどこか通じるものがあると思う。あの国のように各国から人が集まるようになれば、東北はもっと活性化し、さらに良い場所になると信じています」。最近は仕事を通じ、自分自身も知らなかった地元の魅力に触れられることがうれしいと話してくれました。
 体を動かすことが好きな菅原さん。「球技はどんなものでも得意。先日もサークルでバレーボールをしました!」と、幅広い世代との交流を楽んでいるそうです。

 

Q.好きな音楽は?

70年代~80年代の洋楽が好きで、中でも「イーグルス」や「ビートルズ」が好き。洋楽は良いメロディーだと感じた後に歌詞を読むと、曲通りの歌詞もあれば意外な歌詞もあって、深いな~と感じます。

Q.好きな女性のタイプは?

基本的に女性はみなさんステキだと思いますが(笑)、明るくて天真爛漫な女性が好みです。笑顔がステキで、僕の言う冗談に乗ってくれたり、冗談を言い合える関係なら申し分なしです。

Q.デートに行くならどこに行く?

人ごみが苦手なのでドライブに行きたいです。目的を決めて出かけることも良いですが、一緒に出掛けることそのものに意味があると思うので、あまり決めずに出かけることの方が好きです。

Q.生まれ変わるとしたら何になりたい?

自分自身が何事もほどほどにできるタイプなので、特定の分野のスペシャリストに生まれたい。オリンピック選手や科学者のような極めた人は、見える景色も違うのかなと憧れがあります。

 
「旬な男」に登場してくれる男性を募集中

 このコーナーに登場してくれる男性を募集しています。みなさんの周りにいる男性を、ぜひ紹介してください。対象は、仙台市内・仙台近郊に在住しているor勤務している、20代~30代の未婚の男性。自薦、他薦は問いません。推薦の場合は、本人の了解を得てから応募してください。

応募はこちら


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ