仙台で働く男性のオン&オフに接近!旬な男~建築業界で働く25歳~


2016.11.24 旬な男 ~シャッターやドアの取り付けに必要な設計を担当する伊東貴志さん~ 

 シャッターやドアを扱う企業で設計を担当する伊東貴志さん。「建築物に対し、自社の商品をどう収めるかを考えることが仕事です。いくつかの案件を掛け持ちするのですが、一つとして同じパターンの現場がなく、毎回が初めての経験として自分の中に蓄積されていくのを感じます」。

 大学の頃は機械系工学を専攻していたものの、電気系工学の知識が求められる場面もしばしば。「専門外ではあるけれど、それもまた勉強だと思って取り組んでいます」。その前向きな姿勢は、一緒に現場を担当する営業からの「問題点を一つ一つ潰してくれるから任せると安心!」という評価として返ってくることが増えてきたそうで、次の仕事へのモチベーションになっているようです。

 勤続3年目の今は、以前より悩むことも増えたと話す伊東さん。「これまでは先輩や上司に聞いて解決していた内容も、これからは自分で判断できるようにならないと。もっと知識や経験を身に付け、臨機応変に対応できるようになりたい」と意気込みを語ってくれました。

 そんな伊東さんのオンオフの切り替えは、好きなアーティストのライブや野外フェスに行くこと、イベント運営や震災復興に関わるボランティアに参加すること。「ボランティアには自分たちも楽しみながら参加しています。ライフワークとしてずっと続けていきたい」と話してくれました。

 

Q.好きな音楽は?

良いなと感じたもの、自分に響いたものを、ジャンルにとらわれず聞きます。好きなアーティストは、コブクロやスキマスイッチ。コブクロは今季のツアー中、3公演を観に行きました!

Q.好きな女性のタイプは?

芯がしっかりした、人として尊敬できるところのある女性が好きです。

Q.デートに行くならどこに行く?

仲間を含めて賑やかに過ごすことも好きですが、デートは王道の観光スポットのような、2人でゆっくりできるところに行きたい。前触れなくサプライズで会いに行くことも好きです!

Q.生まれ変わるとしたら何になりたい?

デジモンの「選ばれし子どもたち」になって、パートナーデジモンがほしい(笑)。ポケモンよりもデジモン世代なんです。

 
「旬な男」に登場してくれる男性を募集中

 このコーナーに登場してくれる男性を募集しています。みなさんの周りにいる男性を、ぜひ紹介してください。対象は、仙台市内・仙台近郊に在住しているor勤務している、20代~30代の未婚の男性。自薦、他薦は問いません。推薦の場合は、本人の了解を得てから応募してください。

応募はこちら


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ