クリープハイプ インタビュー


写真左からVo/Gt.の尾崎世界観さん、Ba.の長谷川カオナシさん

映画「帝一の國」主題歌で話題の渾身の一曲「イト」をリリース
「このメロディーを丁寧に、ちゃんと届けたい」

 人気若手俳優演ずる個性的な面々が学園を舞台に波乱爆笑の生徒会長選挙を繰り広げる、現在公開中の映画「帝一の國」。その主題歌「イト」が、公開に先駆けた4月26日にクリープハイプからシングル作品として届けられました。メンバーの尾崎世界観さん(Vo/Gt.)と長谷川カオナシさん(Ba.)に、“渾身の作”というその楽曲に込めた思いを聞きました。

 ライバルを蹴落とそうともがく映画キャストの人間模様を操り人形に見立てて巧みに表現しながら、現代社会へのメッセージも投げかけている今作。曲中には糸・意図・愛(いと)とさまざまな「イト」がクリープハイプらしい言葉遊びで表現され、ホーンを取り入れたアレンジがサウンドのキャッチーさを際立たせます。
 「特にサビは、こんなメロディー滅多に出てこないんじゃないかと思えるものができました」と自信をのぞかせる尾崎さん。長谷川さんも「メロディーがすごく良くて、これをちゃんと届けなくちゃ、丁寧にアレンジしなくちゃと感じました」と、デモの段階から特別な曲になる予感がしていたそう。そのメロディーを生かすべくレコーディングも、打ち込みでリズムを作り、それに合わせてギターを録り、全員でモニタリングするという慎重な姿勢で積み重ねたそう。

 「この曲で目指したのは『何て言ったらいいか分からないけれど、とにかく良い作品』と言ってもらえること。だからシンプルに『いいね』と言われることが一番うれしい。ライブではこの『イト』を一番のピークに持っていきたいです」(尾崎さん)

 カップリングには、長谷川さん扮するマイヘアイズゴッドがかつてラジオ番組に投稿した楽曲をバンドで音源化した「月の逆襲」や、インディーズ時代の未音源化楽曲「君が猫で僕が犬」も収録。「シングルという限られた曲数の中でもバンドの広がりを感じてもらえる仕上がりになっているはず」(長谷川さん)とのことなので、まずはこの一枚を聴き込んで6月の対バンツアーをはじめとするライブに備えるべし!

全3曲収録のシングル「イト」は4月26日から発売中。通常盤1296円

 

◦◦◦ Profile ◦◦◦
メンバーは尾崎世界観(Vo/Gt.)、小川幸慈(Gt.)、長谷川カオナシ(Ba.)、小泉拓(Dr.)の4人。2001年から3ピースバンドとして活動するも、メンバーの脱退で尾崎世界観の一人ユニットに。2009年から現メンバー。2012年メジャーデビュー。2016年尾崎世界観が小説「祐介」を発表。最新作は11thシングル「イト」。6月8日(木)から東名阪を巡る対バンツアー「クリープハイプ presents ストリップ歌小屋 2017」を開催。

http://www.creephyp.com/

取材・撮影/シティリビング 菅野杏里


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 8月18日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ