XOX インタビュー


(写真左から)田中理来さん、とまんさん

新曲「Skylight」はロマンチックな歌詞やラップに注目
「東京でのワンマンライブに地元仙台から応援に来てくれるのを待ってます!」

 原宿のファッションシーンから飛び出したパフォーマンスグループとして注目を集めるXOX(キスハグキス)。実はこの中に、宮城県出身メンバーが複数在籍しているのを知っていますか? その二人、リーダー・とまんさんと田中理来さんが11月2日リリースのシングル「Skylight」のリリースイベントで仙台へ。「仙台のみんなは、すごくおしとやか。でもそんな中で一緒に手を挙げてノッてくれた人がいてグッときました」(とまんさん)と、手応えを感じたようです。

 お披露目された「Skylight」は、スタイリッシュなカッコよさを追求した一曲。メジャーデビュー後、初めて作詞を担当したとまんさんは「音源を聞いたらラップも入るような曲で、歌詞もカッコよさやロマンチックさを前面に出したいなと…。だからテーマは『星の王子様』。肌寒さや夜を意識しました」。実は切ない歌詞を書くほうが得意と話すとまんさん。今回はネガティブに聞こえる言葉を控えるなど、産みの葛藤があったそう。低音ボイスが魅力的な田中さんはこの曲でラップに初挑戦。「最初はもっと低音で、重くなり過ぎないよう次は高音で…と、歌詞が一番伝わる声質をディレクターさんと探り合いながらのレコーディングでした」と振り返ります。

 メンバーが夜の東京を背景に歩くMVも見どころの一つ。「深夜に東京の名所を一巡りしたからテンションが上がっちゃって。渋谷でコケる大惨事も…(笑)」(田中さん)という裏話もあったそうですが、オシャレには妥協したくない!というメンバーのこだわりを反映し、モードで大人な仕上がりになっています。

 このほか初回限定盤にはファンから絶大な人気を誇る「ダイジョーブ」、通常盤には今後のライブの定番になりそうな「THE MUSIC」を収録。「『ダイジョーブ』はインディーズ時代の最初の曲で、曲のかわいい雰囲気が僕らにはもう恥ずかしいくらい(笑)。でもまた数年後に録り直し、聞き比べてもらうのも楽しいかなと思ってます」(とまんさん)。それぞれに曲調が異なる楽曲の収録は、グループの振り幅の広さも感じさせます。「こんなこともできるんだなって感じてもらえたら本望です。僕と最年少のつばさは作詞ができるし、バトシンはラップ、禎雄はパフォーマンス、理来はギターと、みんな得意分野があるんです。もちろん全員服も大好きだから衣装だってスタイリングできる。いつかは総合的にセルフプロデュースができたらうれしい」(とまんさん)。

 12月23日(金・祝)には東京・Zepp DiverCityでのワンマンライブが控えています。「みんなで一緒に楽しむことを重視したライブなので、足を運んでみてほしいです。僕ら自身も思い入れが強い、地元・仙台から応援に来てくれるのを楽しみにしています!」(田中さん) 

 

◦◦◦ Profile ◦◦◦
アパレルショップWEGO×Sony Musicの「BOYSグランプリ2014」プロジェクトとして誕生した、人気読者モデル5人によるボーイズグループ。メンバーは、体重38kg・ウエスト54cmという衝撃的なルックスでバラエティー番組でも活躍するリーダー・とまん、女性誌で男性モデル人気ナンバー1に選ばれたバトシン、ティーンに人気の雑誌「Samurai ELO」で専属モデルを務める志村禎雄、舞台を中心に役者としても活動する田中理来、ミュージカルにも出演する木津つばさ。2015年12月にシングル「XXX」でメジャーデビュー。12月23日(金・祝)には「XOX COLLECTION 2016 Autumn/Winter」をZepp DiverCity(東京)を開催。

 

取材・撮影/シティリビング 菅野杏里


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月24日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ