め組 菅原達也インタビュー


個性を持ち寄って生まれた楽曲を携え
9月2日(金)は初のワンマンライブへ

  元″さよ今”のフロントマン・菅原達也さんが、より広がりのある音楽活動を求めてスタートした「め組」。邦楽ポップスをこよなく愛する菅原さんに加え、クラシックやジャズなどルーツとなる音楽がそれぞれに異なる個性派メンバーがそろっています。
 「僕が作詞作曲した音楽をバンドの土台に置いても、全員が想像のつかないフレーズを持ち寄ることができて、お互いに刺激を受けています。それを一つにしていく作業は充実していて楽しいですね」と菅原さん。

 結成から1年経った先月には初アルバム「恵」をリリース。制作は想像以上にストイックだったようで「セッションして意見を出し合い、またセッションして録音、その後は飲みにも行かない…という音楽的コミュニケーションのみ(笑)。その分、馴れ合いじゃないマジメさが追求できました」。
 最初だからこそメンバー各々の引き出しを探ること、かつ人を飽きさせないことをテーマにした今作は、同じバンドの一つの作品とは思えない振り幅の広さを感じさせます。

 特に菅原さんが印象に残っているという曲が「余所見」。
 「自宅で録ったデモの段階では8ビートを基調にしていたものが、最終的に16ビートの跳ねるような曲調に落ち着いて。もの悲しいテーマを歌っているのに、明るいテンポになったことで物語に奥行きができたんですよね。曲の色付けで新しい景色が見えてくるのは、このバンドならではの良さかなと思います」。
 このほか、菅原さんの独特な言葉選びが光る「悪魔の証明」、ドラムの大熊さんによるEDMアレンジに注目の「独りな武士」、MVも見どころの「マイ・パルプフィクション」など、全12曲が収録されています。

 9月2日(金)には東京での初のワンマンライブを開催。「既存曲に新曲を交えたライブになる予定。先日僕らも参加したフェスで他のバンドがステージに命を置いていくようなライブをしているのを見て、僕らもそうでなくちゃいけないなと…。驕らず甘えず、押せ押せでいきます!」。
 ぜひこの勢いをライブで体感して。

め組ワンマンライブ 「恵の嫁入り」
9月2日(金)午後7時開演(開場は30分前)、TSUTAYA O-WEST(渋谷)で開催。オールスタンディング2500円(ドリンク第別)、各プレイガイドで発売中。問い合わせはHOT STUFF PROMOTION=℡03-5720-9999。http://www.red-hot.ne.jp

◦◦◦ Profile ◦◦◦
元「さよなら、また今度ね」の菅原達也(Vo&Gt)を中心に、富山京樹(Gt)、下山拓也(Ba)、出嶋早紀(Key)、大熊諒(Dr)によって昨年7月に結成。今年2月には両A面シングル「500マイルメートル/マイ・パルプフィクション」、7月には1stアルバム「恵」をリリース。9/2(金)には初のワンマンライブを開催。http://me-gumi.jp/

 

取材・撮影/シティリビング 菅野杏里

 


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ