INTERVIEW 女優 高梨 臨さん


INTERVIEW
INTERVIEW

女優高梨 臨

恋愛に奥手なキャリアウーマンを熱演

仕事も恋愛も一生懸命な女性の姿を見てほしい

 現在、放送中の「恋がヘタでも生きてます」で主人公の茅ヶ崎美沙を演じる高梨臨さん。4年ぶりに連続ドラマで主役を務める彼女の最新作は、“登場人物全員恋がヘタ”なラブコメディー。これまでの恋愛ドラマとは一風変わった作品ですが、原作の漫画を読んでいたこともあって、違和感なく役に入り込めたそう。

 「初めて脚本を読んだとき、自分の演じている姿がすぐイメージできましたし、感情豊かな美沙をどのように演じたらより良く見えるか、というアイデアがどんどん浮かびましたね。また、最初は、美沙自身“恋愛なんて無駄だ”と思っているので、いかに“仕事のできる自立した女性”に見せるかがポイントでした。撮影中は、歩き方やしゃべり方を何度もモニターで確認して、私の思う“キャリアウーマン”を演じました」

 元カレに“男よりできる女は嫌い”と言われてから、恋愛ベタになった美沙。高梨さんが実生活で苦手なことを聞くと-。「洗濯がとても苦手。洗っているときになぜか洗い物が破れたり、縮んだりしちゃって…。ドラマが最終回を迎えるころには、洗濯上手になっているといいな」と、笑顔で話してくれました。

写真

毎週木曜23:59から読売テレビで放送中
「恋がヘタでも生きてます」

 佳介(田中圭)との恋も、仕事も順調に進んでいた美沙(高梨臨)だが、佳介の過去にあった恋愛についての“トラウマ”を知り、事態は一変…。不器用な大人たちの恋愛劇もいよいよ佳境。急展開の連続に、最後まで目が離せません。

写真


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月30日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ