「Cellchrome」が名古屋のバンドシーンに新しい風を!


8月23日にメジャーデビューを果たした、名古屋のロックバンド「Cellchrome(セルクローム)」。デビュー曲の「Stand Up Now」がアニメ「コンビニカレシ」のオープニングテーマに抜擢されるなど、今後の活躍に期待大! デビュー前日の彼らをインタビューしました。

cell_sg01_standup_ap

 左からMizki(Vo.)、tatsuma (Drs.)、ニワケン(Ba.)、陽介(Gt.)

●爽やかでポップな曲調が印象的なデビュー曲「Stand Up Now」。
自分たちの色を出すために意識していること・大切にしていることはありますか?
陽介:「Stand Up Now」は、多くの人に知ってもらいたいという思いから、親しみやすいポップな曲調で聞き心地の良い爽やかな雰囲気を意識していますね。
tatsuma:ぼくたち自身、飾る人間ではないので等身大でいることもセルクロームらしさかな。

セルクロームってどんな意味ですか?
陽介:直訳だとセルが細胞、クロームがひっつくという意味。それをかけて4人の音楽性が合わさるという意味を込めているのですが…、ネイティブの人に“Cellchrome”の意味を聞いたら、“メッキの牢屋”と言われました。まあ、そんなメタルバンドのような一面もあるということで…(笑)。

●4人の音楽性、それぞれのルーツを教えてください。
陽介:僕はMr.Big。ギターはロックだけどポップな部分もあって、僕らのバンドと共通していると思いますね。
tatsuma:音楽に興味をもったのは小学生の時。GLAY×EXILEの「SCREAM」のMVを見て初めてバンドをかっこいいと思いました。それからSIAM SHADEに感銘を受けて、未だに聞いていますね。
ニワケン:僕の母親がバンド好きで、中学の時、一緒にマキシマムザホルモンのライブに行ったんです。そこでベースのかっこよさにハマって、もっとベースをうまくなりたいと思って、今はファンクやジャズ、ブラックミュージックも取り入れるようにしています。
Mizki:バンド始めたときはギターをやっていて、当時はL'Arc~en~CielやX JAPAN、SIAM SHADEに影響を受けていましたね。心地いいギターの音楽を選んで聞きあさっていました。

●今後どのような挑戦をしていきたいですか?
ニワケン:普段バンドの音楽を聞かない人にも音楽の良さを伝えていきたいので、目にとめてもらえるようライブ活動を続けていきたいですね。
tatsuma:挑戦といえば、アパレルブランドとコラボしたり、音楽以外のカルチャーとも一緒になって盛り上がっていきたい!
一同賛成。

●最後にシティリビング読者に一言お願いします!
陽介:頑張っている人の背中を押すような歌詞になっているので、僕らの曲を聞いて“日々頑張るぞ!”という気持ちになってほしいです。
tatsuma:僕たちのライブは攻める感じではなくて、お客さんと一緒に空間を作っていくことを心がけています。息抜き感覚でお酒を飲みながら気軽にライブを楽しんでください。
ニワケン:日々の辛いことやストレスを、僕らの音楽で少しでも和らげて、より華やかにすごしてくれたらうれしいです。
Mizki:僕たちにとって今がスタートなので、ぜひライブに来たら一緒になって新しい気持ちで楽しんでください!

 

メジャーデビュー記念フリーライブ 「セルクロミーティング SP -Stand Up Now-」開催

地元・名古屋のライブハウス「Electric Lady Land」にて、Cellchrome初のフリーライブイベントを開催することが決定!

■開催日:2017年9月15日(金)
■会場:Electric Lady Land
■開場/開演:18:00/19:00 
■料金:無料(入場時ドリンク代別途500円必要)

入場方法やその他詳細は下記公式ホームページで確認を。
http://www.cellchrome.com/live/20170915.html


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ