映画「この世界の片隅に」片渕須直監督が舞台挨拶


伏見ミリオン座の歴代動員数、興行成績1位を記録した「この世界の片隅に」

伏見にある映画館「伏見ミリオン座」で1月21日(土)、映画「この世界の片隅に」の

片渕須直監督が舞台挨拶を行いました。

同映画館の歴代動員数、興行成績1位を記録した「この世界の片隅に」は、

広島から呉に嫁いだすずが、戦時中、懸命に日々を生きる姿を描いた作品。

IMG_1688

 

上映終了後に片渕監督が登場すると、満員の客席から大きな拍手が。

「広島での上映後、お客さんから『すずさんの広島弁は、うちのおばあちゃんにそっくり』

と言われました。すずさんも今は90歳をちょっと過ぎた年齢になっているはず」

と、片渕監督は話します。

映画製作のために、劇中に登場する場所へ足を運んだり、料理を実際に作って食べたりと、

数々のエピソードを笑顔で語る片渕監督。

徹底した作品作りの様子と、作品への愛情が伝わってきました。

“100年先も伝えたい”といわれている映画「この世界の片隅に」は、

伏見ミリオン座ほかで公開中です!

 

IMG_1685

 

映画「この世界の片隅に」

監督・脚本/片渕須直

原作/こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

出演/のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 藩めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/渋谷天外(特別出演)

★伏見ミリオン座ほかで公開中

©こうの史代・双葉社/『この世界の片隅に』製作委員会

公式サイトはこちら

 


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月24日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ