自然の恵みをいただきに?しっとり飲みに? 大人の遠足

大人の遠足


大人の遠足

小学校の時に楽しみだった遠足。大人になった今、改めて行ってみませんか? 今回は「自然の恵み満喫コース」と「しっとり飲み派コース」の2つの欲ばりな遠足コースを編集部が作ってみました。

素材の味をじっくりと楽しむ 自然の恵み満喫コース素材の味をじっくりと楽しむ 自然の恵み満喫コース

午前7時30分ぜいたくな朝食でパワーチャージ

13種の中から選んだ汁物は「季節の野菜」。この日は万願寺とうがらしの炭火焼きなど、焼き・炊き・揚げの3手法で調理された旬の京都産野菜6種ほどが入っていました。十数種類の野菜から取っただしはやさしい味わい 2湯気からおいしい香りがほわり。好きな飯わんによそってくれるご飯はおかわりOK 3カウンター席とテーブル席のある店内

朝食 喜心(きしん)

丁寧に作られた朝ごはんで
気持ち豊かな1日に

手間暇かけて作られた朝食をいただくと、その日1日、気持ちが豊かになりませんか。「朝食 喜心」では、〝シンプルで味わい深いもの〟をテーマに素材にこだわった朝食(2700円)を提供。くみ上げ湯葉を、甘さを引き立てるオリーブ油と塩でいただいたら、お米からご飯に変わる瞬間の「煮えばな」を一口。その後、絶妙な加減でふっくらと炊きあげられた土鍋ご飯と、3種から選べる汁物が供されます。料理監修は「草喰なかひがし」の主人・中東久雄さんのもとで料理を学んだ息子の篤志さん。ご飯や野菜の甘みなど、滋味深い味わいが体に染みわたります。

DATA
  • 東山区小松町555
  • TEL:075-525-8500
  • 営業時間/午前7時30分~午後2時45分(1時30分 LO)
  • 月休み ※イベント開催日除く

午前10時頭のさえる朝に体験と勉強

12体験では煎茶をほうじ茶に。こがさないように中まで火を入れ、出来上がりは茶葉が2倍ほどに膨れます 3ほうじ茶は〝香りを楽しむお茶〟。熱いお湯でサッと出すのがおいしくいれるコツ 4敷地内にある茶園には80種以上の品種が。見学もOK 5世界の茶研究室ではイギリスやロシアなどお茶の文化圏を5ブースに分け、ティーライフについて紹介。写真はアラビア茶ブース

福寿園CHA遊学パーク

身近な〝お茶〟を改めて知る
ほうじ茶作りの体験も

毎日飲んでいても意外に知らないお茶の世界。「福寿園CHA遊学パーク」では、お茶の歴史・栽培・製造・科学についての勉強や、石臼体験・お茶のいれ方教室などの体験ができます。お茶の種類や作り方の工程をパネルで学んだり、世界各国のお茶事情や喫茶ルームを見学したり─。体験は、自宅でも応用できる「ほうじ茶作り」(2160円)をセレクト。手順やポイントを教わりつつ、茶葉をフライパンで空気を含ますように大きくゆっくり混ぜて炒(い)ります。次第に茶葉の色が変化し、香ばしい香りが漂ってくると出来上がり。いれ方も教えてもらい、ほうじ茶と抹茶わらび餅をいただきましょう。お茶の販売コーナーもあります。

DATA
  • 木津川市相楽台3-1-1(関西文化学術研究都市内)
  • TEL:0774-73-1200
  • 見学時間/午前10時~午後4時
    (体験受け付け終了は3時)、不定休
  • 所用時間/約2時間 
    ※体験・駐車場ともに要予約、見学のみは不可

午後1時ランチを兼ねて
自然の中でリフレッシュ

1土いじりで無心に。「いっぱい採れたよー」 
2ほだ木がズラリと並んだハウス内でシイタケの収穫を 
3収穫物はバーベキューか持ち帰りも可能。地元や園内で採れた野菜と肉で野外バーベキュー。シイタケのうま味が詰まったきのこご飯付き 4笑顔で出迎えてくれる園主の村田さん

みどり農園

里山で秋の味覚狩りと
バーベキューを楽しむ

勉強のあとは、ちょっと足を延ばして緑いっぱいの観光農園へ。山一帯に季節ごとにさまざまな作物を育てている「みどり農園」では、この季節、ぶどうや柿狩り、栗拾い、イモやキノコの収穫体験とバーベキューが楽しめますよ。小学生気分に戻ってまずはイモ掘りから! 傷がつかないように、周りから少しずつスコップで掘り進めていきます。夢中で掘っていると、頭の中も空っぽになってなんだかスッキリ。続いて、しいたけ狩りに。手でそっともぎっていきましょう。味覚狩りのあとは、バーベキューと園主の村田さん手作りのきのこご飯を、秋空の下いただいて。

DATA
  • 綴喜郡井手町多賀小払1
  • TEL:0774-82-2654
  • 午前10時~午後5時ごろ
  • 「イモ掘り・しいたけ狩り・バーベキュー」コース 大人3780円(イモ2株、シイタケ100g付き)。その他ぶどう狩り、栗拾い、柿・みかん狩りのコースもあり ※全コース事前予約要。季節により体験できるコースが変わります

午後4時帰り道にはカフェに

1「焼き栗とプリンのモンブランパフェ」(918円)は、ほくほくの焼き栗が10粒以上もイン! 自家製プリン、自家焙煎珈琲ゼリーも入って食べごたえ十分。「和束紅茶のシフォンケーキ」(540円)は、しっとりふわふわ 
2店内の家具や雑貨はすべて買えるので、インテリア探しをしても楽しそう! 
3収納ボックスや扉、クッションなども販売

Kagu Cafe Higashimoto

インスタ映えする
地元食材を使ったカフェ

野菜ソムリエの女性オーナーが手掛ける「Kagu Cafe Higashimoto」。建築会社や八百屋店を営む親戚のネットワークを生かし、全国の珍しい野菜や、地元農家から仕入れる旬野菜をたっぷり使ったゴハンがいただける、インテリアショップ兼カフェです。パティシエが作るスイーツは、〝宝石のようなデザート〟がコンセプト。地酒を使ったティラミスや、抹茶やほうじ茶を使ったものなど、地元の食材を使ったインスタ映えするメニューに目移りしてしまいます。苦味の少ない自家焙煎(ばいせん)のコーヒー(454円)や、ノンアルコールのフルーツカクテル(562円~)とどうぞ。

DATA
  • 城陽市寺田今橋22-8
  • TEL:0774-39-8700
  • ランチ 午前11時〜午後2時、カフェ〜午後5時、ディナー・バル 午後5時~10時(LO9時)、雑貨販売 午前11時~午後8時 ※水は午後5時まで(LO4時)
  • 駐車場/有

スケジュール

  • 午前7時30分朝食 喜心
  • 京奈和自動車道を通って車で約40分
  • 午前10時福寿園CHA遊学パーク
  • 車で約30分
  • 午後1時みどり農園
  • 車で約30分
  • 午後4時Kagu Cafe Higashimoto

上記は車で移動する場合の例です

いろんなお酒で酔いしれたい! しっとり飲み派コース
いろんなお酒で酔いしれたい! しっとり飲み派コース

正午軽めのランチからスタート

1昆布の白い部分だけをぜいたくに使った白とろろ昆布、鳥みそ、塩昆布などと一緒にいただく、だし茶漬け。昆布とかつおのだしがたまりません。焼きおにぎり付き 
2畳の間でほっこり。店内にはほかにカウンター席も 
3隣には昆布店が

おこぶ北淸

老舗昆布店が作る
うま味たっぷりの定食

酒巡りの始めは、まず腹ごしらえと舌を整えに。昨年末、昆布と昆布料理を伏見のお酒と楽しむ小料理店をオープンさせた昆布の老舗「北淸」。昆布のうま味が存分に楽しめるランチや一品がいただけます。「おこぶの出汁茶漬け定食」(1000円)は限定10食。そのほか、地元の酒蔵から仕入れる新かすを使った「ふしみの粕汁定食」(700円・季節限定)や、日替わりのおばんざい2種がつく「おばんざい定食」(850円)が。伏見のほか、全国から〝昆布に合う〟をテーマにご主人が選んだ地酒も7種ほどそろっているので、待ちきれない人はここからお酒巡りを始めても!

DATA
  • 伏見区南新地4-52
  • TEL:075-601-4528
  • 火~金:昼/正午~午後2時(LO)・夜/午後6時~10時(LO)、土日祝:正午~午後10時(LO)
  • 月休み

午後1時30分美酒に酔いしれに

1玄関口で出迎えてくれるカッパ 
2杉板張りのこうじ室での作業を見られることも 
3ショップではノベルティー商品を販売。カッパ家族が描かれた皿(4枚入り864円)や箸置き(195円)、お湯のみ(540円)が 
45直営店限定酒(あらごし純米にごり酒・しぼりたて吟醸生酒・山廃仕込みの山田錦純米酒)3種の飲み比べセット648円や地ビールを堪能。「揚げたて自家製の厚揚げ」(486円)などの一品もあり

黄桜 伏水蔵

酒造りの魅力にふれる
日本醸造蔵と地ビール蔵見学

酒造りの工程をわかりやすく展示している黄桜の「伏水蔵」。こちらでは、日本酒と地ビールについて学ぶことができます。手作りの日本酒を造る工場なので、作業は1カ月に数回ほど。実際に見ることができればラッキー!普段はDVDや施設横の通路に展示された工程を自由に見て回ります。館内には、黄桜の歴史やかつてのポスター、有名なカッパ課長の限定グッズなども展示。珍しいもの、懐かしいものが並んでいて、それを見るだけでも楽しめます。工場施設見学が終われば、レストランへ。普段はなかなか手の出ない1本3万円ほどもする大吟醸酒「ダイヤモンド」(30ml・1500円)や、出来たての地ビール(グラス648円)、同館限定品など1杯から飲めますよ。

DATA
  • 伏見区横大路下三栖梶原町53
  • TEL:075-644-4488
  • 受付時間/午前10時~午後4時
    ※休業日:年末年始・お盆期間
  • 京阪「中書島」駅から無料シャトルバスあり

午後3時30分名水スポットに立ち寄り

誰でも持ち帰り可能です

白菊水(しらぎくすい)

酒造りに使われる
水をいただきに

創業1677年(延宝5年)、山本本家の酒造りに使われる白菊水。地下50mからくみ上げるこちらの地下水は、酒造りに適しているといわれるやわらかな水質のお水です。ペットボトルを持参してお水を分けてもらい、ご飯やだし、コーヒー作りに使ってみては。

DATA
  • 伏見区上油掛町186(鳥せい本店横)
  • TEL:075-622-5533
  • ※ランチ時や深夜の「鳥せい本店」駐車場の利用は控えましょう

午後4時お茶専門店のカフェでひと休み

口に運べば純米大吟醸のふくよかな香りが生クリームからふわり。その後、高級宇治抹茶の苦味がキュッ。日本酒と抹茶の好相性ぶりに驚きます

茶寮 油長(あぶらちょう)

味と香りが引き立つ
抹茶×日本酒のスイーツ

お茶や茶道具などの販売をする「油長茶舗」。店内に入れば、香ばしいお茶の香りがしてきます。その奥にある喫茶スペース「茶寮 油長」で、ちょっとひと息。伏見の地酒と抹茶を使ったロールケーキとその場でたててくれる抹茶の「龍馬セット」(650円)をオーダーしてみて。ケーキは甘すぎないのでペロリといけます。

DATA
  • 伏見区東大手町779
  • TEL:075-601-1005
  • 午前9時~午後7時 ※火曜のみ午後6時まで

午後5時締めは心ゆくまで飲み比べ!

1ズラリと並ぶ日本酒。迫力あります 
2利き酒セットは左上から順に飲んで。最後にはアイスクリームにかけておいしい日本酒も 
3北海道産さけとばや長崎産の肉厚なえいひれなどが入った「お試し海鮮炙り五種盛り」(1280円) 
4赤オクラやロマネスコなど、京都近郊の無農薬や有機野菜10種ほどが盛られた「こだわり野菜のバーニャカウダ」(900円)は「BAR BANA」から。「89丁目食堂」の熊本産の「馬刺し盛り合わせ」(980円)は、臭みがなくとろけるような口あたりのたてがみ、赤身、霜降りの3種。コラーゲンたっぷり

伏水酒蔵小路

17蔵から100種以上
伏見の日本酒が集合

寿司店やイタリアンなど8店舗の飲食店と酒蔵カウンターが入る「伏水酒蔵小路」で飲み食べざんまいを! 23m超もの長いカウンター前に並ぶのは、伏見の17酒蔵から届く日本酒。限定品を含め、その数はなんと100種以上とか。施設内のどの店舗からでも好きなメニューを出前してくれるので、いろいろなジャンルの料理と日本酒のマリアージュを楽しめます。「十七蔵の利き酒セット 粋酔」(1700円)は、前菜、メイン、デザートに合うように、温度や料理との相性を考慮。全部で2合弱なので、飲み足りない人はお店の人に相談してみて。ライブや蔵元の来店など、常にイベントが行われているのも同小路の魅力のひとつ。施設内にはカラオケルームやゲストハウスもありますよ。

DATA
  • 伏見区納屋町115番地~平野町82-2
  • TEL:075-748-8831
  • カウンター/午前11時30分~午後11時(LO10時30分)、全館は午前0時まで ※一部店舗・曜日により異なる
  • 火休み

スケジュール

  • 正午おこぶ北淸
  • 徒歩20分
  • または京阪「中書島」駅から
    無料シャトルバスで約10分
  • 午後1時30分黄桜 伏水蔵
  • 徒歩20分
  • 午後3時30分白菊水
  • 徒歩4分
  • 午後4時茶寮 油長
  • 徒歩3分
  • 午後5時伏水酒蔵小路


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ