社内コミュニケーションツールの一つだから 会社帰り、カラオケに行っとく?

会社帰り、カラオケに行っとく?


社内コミュニケーションツールの一つだから 会社帰り、カラオケに行っとく?

社内コミュニケーションツールの一つだから 会社帰り、カラオケに行っとく?

会社帰りのカラオケ。「上司や先輩と行くのはちょっと…」と思っている人もいるのでは。けれど、カラオケは社内コミュニケーションを円滑にする大事な手段でもありますよね。今回は、盛り上げ上手な読者のカラオケタイムに潜入。より楽しむためのコツを紹介します。さっそく今日の仕事が終わったら行ってみませんか。

会社帰りのカラオケ

読者のカラオケ事情は?

読者に会社のメンバーで行くカラオケが好きかどうか聞いたところ、「はい」と答えた人は34%。「年齢関係なくみんなで盛り上がれる」(34歳)と思う一方で、「気を使って疲れる」(26歳)、「合わせるのが面倒」(27歳)と思っている人が多いよう。行く頻度は、「1年に1回未満」「半年に1回」という人が多く、35歳以上の70%の人が「10年前と比べて減った」と回答。とはいえ、会社メンバーで行くカラオケは、「仕事とは違った一面が見られて面白い」(27歳)、「好きな曲などの情報が知れて、会社でも会話が弾む」(38歳)と、人間関係をより豊かにしてくれる面もあり、働く女性にとっては大切な付き合いの一つかも。2面以降で紹介する楽しみ方を参考に、上司や先輩、後輩を誘ってカラオケに繰り出してみない?

※アンケートはシティリビング京都Web上で2月10日~22日に実施。有効回答数237

カラオケが社内の人間関係をより良くする!?

会社で行くカラオケは、なぜ社内の人間関係を良くするのでしょうか。NLPトレーナーの安藤彰子さんに聞きました。

教えてくれたのは

NLPトレーナー 安藤彰子さんオフィス・アイ代表。NLP(神経言語プログラミング)を創始者であるリチャード・バンドラーに学ぶ。企業の人材育成を行うほか、リビングカルチャー倶楽部「心理カウンセリング講座」の講師も務める

NLPトレーナー 安藤彰子さん

  • ストレスの発散で、気持ちが外に

    「脳には、大脳新皮質、大脳辺縁系、脳幹の3つの部位があり、それぞれ理性、感情、生命力や身体能力をつかさどります。ストレスをためないためには、これらをバランスよく働かせることが大切ですが、仕事をしていると大脳新皮質に偏って使っていることも。カラオケで感情や体を動かしたりすることで、ほかの2つの部位も刺激され、3つの働きがバランスよくなり、心身に良い結果を生み出します。

    また、『空間アンカー』といって、空間には過去にその場で体験した気持ちを呼び起こさせる効果があります。例えば、職場でカラオケをしてもストレス解消にはなりませんよね。職場でのしんどい体験が多い人は、場所を変えることで気分転換になります。

    ストレスをうまく発散できれば、気持ちに余裕が持てるようになり、結果、一緒に働く相手を気遣うゆとりも生まれるようになりますよ」

  • 異なる〝利き感覚〟の人との会話がスムーズに

    「人にはそれぞれ、五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の中でも得意な〝利き感覚〟があります。視覚が優位な人は早口で、聴覚が優位な人は論理的思考を持ち、触覚や味覚、嗅覚が優位な人は感覚を大事にする傾向があるというもの。

    同じ利き感覚を持つ人を相手にすると落ち着き、違うとストレスを感じることも。カラオケでは歌うほか、聞いたり踊ったり、フードを食べたりして五感をまんべんなく使うので、自分の利き感覚でない部分も強まります。そうすることで、他の利き感覚を持つ人とうまくコミュニケーションがとれるようになります」

  • 異知らなかった一面に共感を覚えることも

    「人を、会社で見せる一面だけで『こういう人』と印象付けると、そのイメージで固定されてしまいがちに。けれど、人間は本来多面的なものです。カラオケなど、会社以外の場で接することで、その人の知らなかった一面を知ることができ、共感できる部分が見つかって親近感を持てるようになれますよ」

  • 共通の体験が信頼関係を生む

    「チームで何かを成し遂げたり、旅行をしたり。人はただ同じ空間にいるだけではなく、一緒に同じ体験を重ねると、信頼関係が深まるといわれています。そんな心理効果もあるため、〝一緒にカラオケに行く〟ことも信頼関係の構築につながるんですよ」

盛り上げ上手なメンバーに学ぶカラオケの楽しみ方

「カラオケに行っても、どう振る舞えばいいか分からない」「歌が下手だから苦手」という人もいますよね。そこで今回は〝盛り上げ上手〟が集まるカラオケに潜入。参加メンバーにカラオケの楽しみ方を教わってきましたよ。上司や先輩とのカラオケに慣れていない人は特にチェックして。

1華やかなシャンデリアにテンションが上がる一行。この日はステージ付きの部屋をセレクト

遅れて到着する上司や先輩がいたら拍手で迎えよう!

point

  • 上司や先輩と一緒のときは、少し広めの部屋を選ぶとゆったりできる

arrow

2部屋に入って落ち着いたら、さっそく選曲に。ここは幹事であり後輩の荻島さん(右)が率先して、皆で歌えそうな曲を入れていきます。先輩からのリクエストがあれば、それもあわせて入力

上司や先輩に「こんな歌うたってください」とお願いするのもあり!

point

  • 最初は盛り上がる曲を選択。「キューティーハニー」「学園天国」など、上司が10代・20代のころに流行した曲のカバーだと、幅広い世代が歌いやすい
  • 場の空気が温まるまで、2~3曲は皆で歌えそうな曲を入れる
  • 選曲に迷っている人がいたら、曲を提案する
  • あまりマニアックな曲は入れない
  • ‌皆が均一に歌えるよう、リモコンを順番に回す

arrow

3途切れることなく流れるポップな曲に、自然とノッてくるメンバー。歌う曲の内容にあわせてアドリブで振りをいれることも

歌えるけど遠慮してそうな人がいたら、マイクを渡して一緒に歌います

point

point

  • 苦手なら2~3人で一緒に歌ってもOK。1曲は歌い〝参加している”感を出して
  • ‌曲の歌詞の内容にあわせて、聞いている人を巻き込んで歌うのもあり。歌に入ってほしいときは、マイクを向けたり耳に手を当てるポーズをするなどし、参加を促す
  • メドレーを選曲した場合は、歌のイメージにあった相手にマイクを回す

arrow

4聞いているときも、曲や場の雰囲気にあわせてタンバリンを鳴らしたり、体を揺らしたり、口ずさんだり。司会業をしていたこともある山下さん(左から2番目)が、歌のイントロの前にナレーションを挟むことも! とにかく盛り上げ上手な先輩たちで、「昔はディスコなどが盛んで、よく知らない人と歌って踊りました。そのときにカラオケのはじけ方も身に付いた気がします。自分が満喫するのが一番ですよ」とのこと。率先して楽しむ人がいるからこそ、他のメンバーもはじけられるんですね。

タンバリンの振り方もさまざま。横振りと縦振りなどを組み合わせて鳴らしてみて

point

  • 静かな曲でも、体を揺らしてリズムに合わせる
  • 曲選びやおしゃべりに夢中になりすぎて、歌っている人を放置しない
  • 歌をしっかり聞きながら、「次、声張っていくところー!」などと合いの手を入れる
  • 知らない曲でも手拍子はしよう
  • 歌が終わるごとにコメントすると、「聞いてくれていた」と喜ばれるかも

arrow

今回のカラオケ、思い思いに楽しんでいるように見えても、場の雰囲気を損なわないよう、こまやかな配慮がそこかしこに。率先して盛り上げられなくても、体を揺らしたり、手やタンバリンをたたいたりするだけでもOK。〝参加している〟感を出して、一緒に楽しい雰囲気をつくることが大事なのかもしれませんね。

撮影協力/スーパージャンカラ河原町本店

会社メンバーで盛り上がる

鉄板カラオケソング

読者にアンケートで聞いた、会社メンバーとのカラオケで歌うと盛り上がる曲を年代別で紹介

20代
「恋するフォーチュンクッキー(AKB48)」(28歳)
「さくらんぼ(大塚愛)」(27歳)
「女々しくて(ゴールデンボンバー)」(28歳)
「涙そうそう(夏川りみ)」(27歳)
「赤いスイートピー(松田聖子)」(24歳)
30代
「LOVEマシーン(モーニング娘。)」(32歳)
「世界に一つだけの花(SMAP)」(35歳)
「学園天国(フィンガー5)」(34歳)
「TRAIN-TRAIN(THE BLUE HEARTS)」(31歳)
「タッチ(岩崎良美)」(32歳)
40代
「Diamonds(PRINCESS PRINCESS)」(40歳)
「愛は勝つ(KAN)」(41歳)
「ら・ら・ら(大黒摩季)」(40歳)
「津軽海峡・冬景色(石川さゆり)」(42歳)
「待つわ(あみん)」(43歳)

ジャンカラスタッフに聞く

カラオケ機器のおすすめ機能

カラオケ機器にも、さまざまな機能が付いているんですよ。ジャンカラスタッフにおすすめを聞いてみました。機器は店や部屋で置いてあるものが違うので、店頭で確かめてみて

  • YOUR STORY…歌が採点され、その点数次第でストーリーの結末が変わります。ゲーム感覚で取り組めそう
  • フリカラ…振り付けのポイントをやさしく解説してくれます。みんなで話題のダンスにチャレンジして
  • DAMボイストレーニング…音程やリズムなどの基本から、ビブラートなどの上級者向けのテクニックまで学べます。まずは発声練習から始めてみる!?
  • ※「LIVE DAM STADIUM」などで対応

こんなスマホアプリも!

  • スマートフォンアプリ「キョクナビ」…スマートフォンがカラオケのリモコンに! 好きな写真や動画を画面の背景に表示したり、ギターなどの楽器の音を出すことも可能。上司や先輩をびっくりさせて
  • ※「JOYSOUND MAX」などで対応

最新&ユニークな設備・サービス

カラオケも、ますます進化しています。ここでは、この1~2年で新しく導入された設備や、ユニークなサービスを紹介。上司や同僚と行くカラオケがもっと盛り上がりそう
※各設備、サービスは表示店舗以外にも対応している場合あり

変わり種ルームが続々登場!

カラオケルームの種類もさまざま。どんな雰囲気の部屋かどうかも、参加者にとっては大事なポイントですよね。変わったタイプも次々と登場しているので、目的にあわせて選んでみて。

他の遊びともコラボ

ボルダリングルーム

業界初のボルダリングルーム。追加料金なしでボルダリングが利用できます。運動不足に悩む同僚を誘ってトライしてみない? 上履き貸し出し無料。初級・中級・上級コースあり。※飲酒している際は利用不可。ボルダリング利用時にはアルコールの提供はされません「ボルダリングルーム」(スーパージャンカラ河原町本店)

ミニ卓球ルーム

「ミニ卓球ルーム」には、一人遊びも可能な壁打ちスタイルの卓球スペースを設置。卓球なら女性も気軽にできそう。ラケットは必要分を用意。追加料金なし。「卓球ルーム」(ジャンカラ三条河原町店)

ゆったり、リラックス

ハンモックルーム

ハンモックがある部屋なら、お疲れ気味の先輩も誘いやすいかも。コンセントやフリーWi-Fiも完備。「ハンモックルーム」(ジャンカラ河原町六角店)

ヨギボールーム

快適で動けなくなるとうわさのアメリカ発、体にフィットするビーズソファ・Yogibo(ヨギボー)。ここに座ってゆるゆる歌うのもあり。ポップなカラーもキュート。「ヨギボールーム」(ジャンカラ西院駅前店)

ママ社員も呼べる

キッズルーム

※写真はイメージ

すべり台やおもちゃ、子どもにあわせたローソファをスタンバイしているキッズルーム。小さな子どものいる先輩も呼べますね。「キッズルーム」(シダックス京都丹波口クラブ)

大人な空間も

ラグジュアリーカラオケうた子

ラグジュアリーカラオケうた子

ラグジュアリーカラオケうた子

おしゃれな〝らしからぬ〟空間も。なんだか図書館のようだったり、家のリビングのようだったり。ひと味違う気分でカラオケができますよ。(ラグジュアリーカラオケうた子)

フードやドリンクも充実

歌うときに欠かせない食べ物や飲み物も、最近は充実しています。個性あふれるメニューなら、メンバーをあっと驚かせられますね。上質なメニューは上司や先輩ウケも良さそう。

激辛の〝ハズレ〟が入っている「ロシアンたこ焼き」(ジャンカラ)

「サントリーシングルモルト ウイスキー山崎」「純米大吟醸 獺祭」や、ワイン、シャンパン各種がそろうなど、バー並みにこだわってワンランク上のお酒を用意。リクエストすれば好みのカクテルもつくってくれます。(ラグジュアリーカラオケうた子)

ジョッキの高さが40㎝!ビッグサイズの「ヤードビール」(右・生ビール、左・グリーンビール)(カラオケ館)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 8月18日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ