フォントサイズを小さくしても行間が縮まない。行間を自由に調整する方法は?


fuku_word_0407_01
「限られたスペースに、どうしてもこの文章を収めたい!」「フォントサイズを小さくしたのに、行間が広くて何?」

そんなことってありますよね。フォントサイズが大きくても小さくても自由に行間を調整するには、行間の「固定値」を使いましょう。  

①「段落」のダイアログボックス→「インデントと行間隔」タブを表示します。
②「間隔」の「行間」で「固定値」を選択して、何ポイントの行間にしたいか、数値を決めます。

文字サイズが9Ptだったら、+2Ptくらいがちょうどいいですよ。文字サイズより小さな数値を指定すると文字が化けるし、同じだとぴったりくっついて読みにくくなります。

01

 
fuku_word_0407_03
出展
「Wordのムカムカ!が一瞬でなくなる使い方」
四禮静子著/技術評論社 
1480円(税別)

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ