vol4.グルメライターおすすめ!残暑を乗り切るスタミナ麺3店を紹介


fuku_ensen_0714_06

 うまいもんだらけの福岡グルメを、地下鉄に乗って食べに行こう! グルメライターの山田祐一郎さんに、毎回、テーマごとに、「ここぞ!」という3店舗を紹介してもらいます。

モツが際立つ博多流つけ麺
[モツつけ麺(赤)]850円

fuku_ensen_0714_07

強烈に好奇心をかき立てる〝モツつけ麺〟という響き。魚介系のスープにプリプリのモツを加えたつけ汁は、濃厚系が主流の福岡のつけ麺シーンに一石を投じます。全粒粉入りの麺も秀逸です。白湯スープの「白」、やわらかな辛みの「赤」からお好みを。

つけ麺Tetsuji(てつじ)
福岡市中央区平尾1-9-8
TEL 092(707)0068
[営]午前11時30分~午後3時、午後6時~翌午前0時(午後11時30分 OS)
不定休
アクセス/地下鉄薬院駅2番出口から徒歩7分

カルビてんこ盛りのサービス品
[カルビぶっかけ]680円

fuku_ensen_0908_01

席に運ばれてくるや、嗅覚を刺激する芳しい香り。あぶりたてのカルビが鎮座したぶっかけうどんは、今やこの店の看板メニューです。もっちりとした食感がウリの平べったい自家製麺、朝一番のとれたて卵の卵黄やネギ、ノリを一緒によくまぜて楽しんで。

えびすやうどん
福岡市博多区住吉2-16-8
TEL 092(262)1165
[営]午前11時30分~午後6時
水曜休み
アクセス/地下鉄祇園駅2番出口から徒歩10分

ノンストップ必至の油そば
[アブラソバ]850円(1日30食限定)

fuku_ensen_0908_02

力強い食感を伝えるたくましい中太麺、そして絡む濃密なタレという組み合わせだけでも純粋なる美味。そこに分厚いチャーシュー、焦がしネギ、味玉、メンマなどの具材が合わさり、さらにはニンニクの風味も加わり、一度食べ始めるともう止まらない。

麺や 兼虎
福岡市中央区赤坂1-1-18
TEL 092(726)6700
[営]午前11時~午後3時 OS、午後6時~同11時 OS、土曜は午前11時~午後4時 OS、午後5時~同9時 OS、日曜・祝日は午前11時~午後4時 OS ※全日売り切れ次第終了
月曜休み
アクセス/地下鉄赤坂駅2番出口から徒歩3分

 
0407_06
山田祐一郎さん
著書に「うどんのはなし 福岡」。自身のWebサイト(ii-kiji.com)と連動した麺アプリ「KIJI NOODLE SEARCH」を監修。
 

シティリビング2017年9月8日号掲載 ※情報は掲載時点のものです


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ