ずっと愛される女性になるためには、どうすればいい?【心屋仁之助 塾】


woman_excite

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「どうすればずっと愛される女性になれるの?」という、私さん(32歳・パチンコ店スタッフ)に、心屋塾上級認定講師の古庄由佳(うさこ)さんからアドバイスをいただきました。

© Focus Pocus LTD - Fotolia.com

■私さんのお悩み
先日、2年以上付き合っていた彼にフラれました。私には離婚経験があります。離婚理由は夫の浮気が何度もあったからです。付き合っていた彼は元夫とは正反対のタイプでした。フラれた理由は「結婚したいから」だそうです。私には子どもがいるので簡単には結婚できませんでした。

何年でも待つと言ってくれていたのですが、彼の家庭環境が変わった事もあり、その様な結論に至ったそうです。優しい人なので言葉を選んで話してくれましたが、結局のところ、私のことが好きではなくなった、ただそれだけなのではないでしょうか。

私はどうすればずっと愛される人になれるのでしょうか。長い付き合いの友達もいますし、(自慢では全くありませんが)告白してくれる人も何人かいました。だけど、“恋人として長く幸せに付き合い続ける”ということが私にはとても難しいのです。

もっと一緒にいて幸せだと感じさせてあげられるような人になるには、どうすればいいのでしょうか。私には優しさが足りません。でもどうしたら良いのか全くわかりません。子どもたちが私のような人間になってしまったら申し訳なく、心配です。

■心屋塾上級認定講師の古庄由佳(うさこ)さんより
はじめまして、うさこと申します。

お付き合いしていた彼とのお別れをきっかけに、「どうすればずっと愛される人になれるのか」について考え始められた、ということですね。

「ずっと愛される女性になる方法」

それって、きっとたくさんの女性が気になっているテーマですよね。私自身も離婚を経験していますので、「大切な人と良い関係を長く続けていくにはどうしたらいいのか?」そんなことをたくさん考えてきました。今回は、その結論をお返事させていただきますね。

まず、ご質問の中で「もっと一緒にいて幸せだと感じさせてあげられるような人になるには、どうすればいいのでしょうか。私には優しさが足りません」と書いていらっしゃいますが、ここに恋愛をうまくいかなくさせてしまう原因があるのかな、と感じました。

「私」さんに足りないのは、「優しさ」ではありません。「私」さんに足りないのは、もっともっと男性に頼ることです。もっともっと男性に負担をかけることです。そして、もっともっとあなた自身を委ねていくことです。

2年以上お付き合いしていた彼からのお別れの理由は、「結婚したいから」とのことですが、きっとこれは彼の本当の気持ちだったのではないかなと思います。

短いご質問文からではありますが、彼の気持ちを推測してみますね。

彼は、「私」さんと結婚がしたかった。だけど、「私」さんにはお子さんがいて、「子どもがいるから簡単には結婚できない」と言う。それでもいつか、子どもの存在も含めて「私」さんの丸ごとを自分に任せてくれる日がくるのではないか、そうして家族になれる日がくるのではないかと2年以上待ってみたけれど、どうも「私」さんの気持ちは変わりそうにない。あぁ、自分では「私」さんを幸せにできないのか。残念だけど、もう諦めよう。

もしかしたら、彼はこんな気持ちだったのではないかと想像したのですが、いかがでしょうか?

もちろん、「私」さんとしても、お子さまがいらっしゃって、さまざまな事情があって、結婚が難しかったのだろうなぁと思います。ですが、「ずっと愛される女性になりたい」と望みながら、2年以上お付き合いをしてきた彼と結婚されなかった理由は、本当にそれだけでしょうか?

「再婚で、しかも子どももいる。そんな私と結婚をしたら、彼に負担をかけてしまうのではないだろうか? 将来、彼は私と結婚したことを後悔するのではないだろうか?」本当は、そんな不安な気持ちから、彼の愛情を丸ごと受け取ることができなかった部分もあるのではないでしょうか?

ところがですね、男性というのは、女性のヒーローになることが喜びなのだそうです。女性を守り、幸せに導くことが男性の喜びらしいのです。

ヒーローは、立ち向かうもの、守るもの、背負う荷物が大きければ大きいほど、活躍しますよね。テレビや映画に出てくるヒーローたちは、地球の平和を守るために戦うんですものね。背負うものが軽すぎたら、活躍できないですよね。

ヒロインのほうが「ヒーローに悪いから」なんて遠慮をして、荷物を自分で持とうとしたり、辛いままで我慢していたりしたら、ヒーローは活躍の場がなくなります。

そうすると、「あぁ、僕はこの女性を幸せにできないんだ」とがっかりして、自分のことをもっと活躍させてくれる女性のもとへ…。

2年以上お付き合いされた彼もそうだったかもしれないですし、もしかしたら、昔のご主人の浮気も、自分をヒーローにしてくれる女性を求めてのことだったのかもしれません。

ですからね、「私」さんが「ずっと愛される女性」になるために必要なのは、もっともっとあなたのすべてを大好きな男性に任せて、迷惑をかけて、持っている荷物を一緒に背負ってもらうこと。「優しさ」という名の“遠慮”をやめて、大切な人を信じて、すべてを委ねること。

あなたが何をされると嬉しくて、何をされると悲しいのか、どんな時にさみしくて、どんな時に不安で、どんな時に喜びを感じるのか。そんなあなたの気持ちを伝えてあげること。そうやって、あなたを幸せにする方法を教えてあげることで、やっと男性はあなたのヒーローになることができるのです。

男性がヒーローになったら、あなたからの恩返しは、ニコニコしながら「◯◯(男性のお名前)のおかげでとっても幸せ。ありがとう」と相手に伝えてあげるだけ。それによって、男性は、あなたのヒーローとしてもっと活躍し続けたいと感じるのです。

「大好きな人にいっぱい迷惑をかけてもいい」

まずはこの覚悟をしてみてください。きっとそう遠くないうちに、あなたのヒーローになりたいステキな男性が、また目の前に現れることでしょう。その時こそ、その方をヒーローとして大活躍させあげてくださいね。

・このカウンセラーのブログを読む

(古庄由佳(うさこ))


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月8日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ