100年以上愛される!? 一流ホテルの極上フレンチ


letronc

日常と非日常が交差する空間でフレンチを

ブラン(白)・ルージュ(赤)をイメージしたエレガントな店内から望む交通の要所としての東京駅。そんな新鮮な空間で頂くのは、フランス料理の技法を用いながら、日本の食材をふんだんに使い和のエッセンスも取り入れた洗練されたお料理です。

他にもシーンに合わせて利用できる個室や、約1,200本のストックを誇るワインセラーも完備。
行き交う列車を眺めながら美食にうっとりするのもよし、個室で大切な人とゆったり過ごすのもよし。特別なひとときを楽しめるお店です。

まるで芸術作品! 色彩豊かなお料理の数々

総料理長 石原雅弘シェフが作り上げるお料理は、ひとつひとつがまるで美術品のよう。おおよそ月ごとにメニューが変わるコース「Blanc Rouge ブラン ルージュ19,800(税込サ別)」は、旬の素材をふんだんに活かした上品なお料理の数々に、目も舌も嬉しい時間が流れてゆきます。

旬の食材をたっぷり使用! 季節感あふれるメニュー

6月のメニューでは旬の稚鮎や鮎魚女(あいなめ)といった和の食材や、旨みたっぷり宮崎県産の佐土原なすや山形県産アスパラガス「あまえんぼう」など各地のブランド野菜がたっぷり使用されています。そんな食材がふんだんに盛り込まれているお料理は、頬が落ちてしまうほどの旨味でいっぱい。
ヘルシーなお野菜を様々な種類頂けるのも、女性にとっては嬉しい点です。それぞれの素材が絡み合い、新たな美味を奏でるお料理を存分に愉しんで。
(食材は入荷状況により変更の可能性がございます)

取材・文/おゝしろ実結

スポット情報

  • スポット名:Restaurant Blanc Rouge(レストラン ブラン ルージュ)
  • 住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 (東京ステーションホテル内)
  • 電話番号:03-5220-0014

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ