スパイスでエネルギーをチャージ! 料理家・真藤舞衣子が選ぶ「カレー店」


kireistyle

「おせちに飽きたらカレー」というフレーズをよく耳にします。1年に1回とはいえ、おせちはもうしばらく遠慮したい… と「カレー」を無性に食べたくなった方も多いでしょう。今回はそんな「カレー」のお話。おすすめのカレー屋さんもご紹介します。

カレーライスは「日本食」です
カレーといえば「カレーライス」ですが、昔は “ライスカレー” とも呼ばれ、ごはんにかかっているものをそう呼びました。カレーとごはんが別々になっているものも「カレーライス」と呼ぶかというと、そうではありません。インドやスリランカなどに行っても「カレーライス」はないのです。そう、これは「日本食」なのです。

もともと、イギリス人が植民地だったインドからスパイスを入手し、小麦粉を炒めて作るシチューに入れて作られたものが「カレー」と呼ばれていました。しかし、ごはんにかけて食べる習慣はありませんでした。明治時代にこの「カレー」が日本に伝わり、ごはんにかけて食べられたことが「カレーライス」の由来だと言われています。

カレーには抗酸化作用の高い「スパイス」が豊富
いまでは美味しいインド料理店などもたくさんあり、私たちは様々なカレーを楽しめるようになりました。私は自分の体が「スパイスを欲している」と感じたときは必ず食べに行きます。

カレーには抗酸化作用の高いスパイスが多く含まれています。例えばターメリック(日本ではウコンと呼ばれています)は、肝臓機能を活性化する働きがある胆汁や唾液、胃液の分泌の促進や強心作用があります。

しょうがは殺菌・免疫力アップ・体を温める効果、クミンは食欲増進、腹痛や胃痛を和らげる働き、ローリエは整腸作用、シナモンやクローブは美肌効果が期待できます。

このほかにオールスパイスやコリアンダーなどのスパイスも含まれているので、体調不良のときにこそいただくとよいでしょう。(ただし、大量のオイルやお肉が含まれていると、胃にも負担がかかるので要注意)スパイスを食べた後は発汗作用もあるので、翌日のお肌の調子も期待できそうです。

元気が出てくる! おすすめのカレー屋さん
では、私がエネルギーチャージをしたい時に足を運んでいるカレー屋さんを3件ご紹介します。

■ナイルレストラン

新年初日から体がスパイスを欲していたので、銀座4丁目にあるインド料理専門店「ナイルレストラン」を訪れました。ナイルレストランは、昭和24年創業の日本初の本格インド料理店。もちろん、おすすめメニューの「ムルギーランチ」をいただきました。

ターメリックライスに骨つきの「ほろほろチキン」が “どん” とのっており、スパイシーで旨味たっぷりなルーに添えられた酸味のあるキャベツ、カレー風味のマッシュポテトとのハーモニーが絶妙です。よく混ぜていただくと癖になる味です。

インディカ米ではなく日本のお米なので、親しみがあって食べやすい。これもまた人気の秘密なのでしょう。小食の女性には少し量が多いのかな? とも思いますがもちろん私はペロリと完食。食後のチャイにたっぷりのお砂糖を入れていただくと、とても幸せな気分を味わえます。

■ダバ・インディア

南インド料理ブームの火つけ役となった「ダバ・インディア」。料理本でお世話になっている出版社が近いこともあり、頻繁に伺うカレー屋さんです。

ここでは、お昼にスープのようなものや日替わりのカレー数種とスパイス料理がのせられ、それらをパパド(チャナ豆の粉でできたインドのおせんべい)やライスと一緒に混ぜ合わせて食べるミールス(定食という意味)、またはウーダッド豆を一晩発酵させ、鉄板で薄ーく焼き上げるクレープ状のドーサランチをよくいただきます。メニューは日替わりですが、好きなものを何種類かチョイスして頼めるので、その日の気分や体調に合わせて注文しています。

■ちょうたら

そして最後のお店は、神奈川県・茅ヶ崎の「ちょうたら」。少し遠いのですが、体調がすぐれないときに「すぐにでも食べたい!」と思わせてくれるお店です。

オーナーは日本人の方で、オイルも塩もきつくなく、さら〜っと本当にやさしい味付け。オーダーが入ってからインディカ米を炊くのですが、それを待つのもゆっくりと時間が流れて、常にバタバタしている私にとっては楽しみのひとつとなっています。

リラックス効果、元気が出るのは「スパイス」のおかげ?!
実は私、インド系スパイス料理やカレーをいただくと必ず眠くなります。それも睡魔に襲われたかのような強い眠気です。もしやこれはカプサイシンなどのリラックス効果で、スパイスのせいかも?! とずっと思っていました。

先日「ナイルレストラン」の3代目ナイル善己さんにこのことをお話したところ「それ、ごはんをおなかいっぱい食べたからじゃない? 軽く2膳くらいあるだろうし」とバッサリ! 「あ、でもスパイスでリラックス効果もあるかもな~」などと、カレー談義で盛り上がりました。私の場合はカレーをいただいた後に眠くもなるのですが、なによりも元気になるのでこれはスパイスのおかげかなと感じています。

意外と手軽にできる、スパイスを使った料理
私はお気に入りのお店でいただいた料理を「美味しかったなあ」と思い出しながらイメージを膨らませて、自宅でも再現して楽しんでいます。いまでは近所のスーパーなどでも様々なスパイスを入手することができるので、みなさんもわりと気軽に作ることができると思います。

ナンやバトゥラ(生地を丸く伸ばして油で揚げたパン)などを取り入れるのは、少しハードルが高いかもしれませんが、手軽にできるスパイス料理はいくつかあります。例えば、野菜で作る「サンバル」(インドのお味噌汁みたいなもの)や、ヨーグルトで作るサラダ、スパイスをもみ込んだチキンなど。また、最近日本でも話題になりつつある「バスマティライス」などを炊いてあわせてみるのもおすすめです。

スパイス料理の世界はとても奥深い! みなさんも季節の野菜などで楽しんでみてはいかがでしょう。

ご紹介したお店

・ナイルレストラン
住所:東京都中央区銀座4-10-7
営業時間:平日/11:30~21:30 日曜・祝日/11:30~20:30
定休日:火曜日
http://www.ginza-nair.co.jp

・ダバ・インディア
住所:東京都中央区八重洲2-7-9相模ビル1F
TEL&FAX:03-3272-7160
営業時間:月~土 11:00(土11:30)~15:00 17:00~22:00
定休日:日・祝日
http://www.dhabaindia.com

・ちょうたら
住所:神奈川県茅ケ崎市東海岸南6-3-26-202
休みや営業時間が変わるのでチェックしてから行くのがオススメです。
http://chautara.web.fc2.com


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ