イラストレーター進藤やす子さんが、シティリビング読者におすすめしたい、大人の女性にピッタリのおでかけ情報を発信します♫

こんにちは、進藤やす子です。「星野リゾート 界 箱根」の最上階に女子旅にぴったりな客室が出来たと聞き、さっそくライターの間庭さんと行ってきました♪

箱根湯本と元箱根の間、深山幽谷なロケーションに佇む「界 箱根」はエントランスもこの清々しさ。

ウェルカムドリンクで喉を潤わせたら早速うわさのお部屋へ。

ジャン!こちらが「箱根寄木細工の間 清流リビング付客室」

手前がベッドルーム、奥がふわふわとした足に優しい材質の小上がりスペース。

「女子旅」というにはちょっぴり大人な四十路の私たち、でも「界 箱根」は30~40代のお客さんが多いとのことで、なんだ〜ジャストターゲット!と一安心(笑)
母娘という組み合わせの女子旅もけっこういらっしゃるそう。

この部屋の特徴は、なんといってもふんだんに散りばめられた寄木細工。

そう、箱根と言えば寄木細工!
箱根駅伝の往路優勝のトロフィーだって寄木細工だもんね!(←間庭さんも私も大の箱根駅伝好き)

なんと、スタッフが露木木工所にオーダーして特別に作ってもらったというオセロまで!

お皿やアクセサリー置きもこの通り。

色の異なるいくつもの木々を集めたものとは信じがたい...

というか、なんだか私の知ってる寄木細工よりぐっとモダン!

なんでもこちらの寄木細工を作っている露木木工所の4代目は30代とのことで、伝統文化を継承しながら現代風に変化を遂げているんですね。

女子旅向けのお部屋ということでこんなネイルセットも。

寄木細工のネイルシール!!これおしゃれに使いこなす自信がない~~笑

ひとしきり盛り上がったあとは、体験プログラム「ハロウィンの寄木リース作り」に参加。
結論から言ってしまうと…
これがとぉ~っっても楽しかったんです!

(上の段から1つ、下の段左&真ん中のお皿から1つ、右のお皿から1つ寄木のパーツを選びます)

女子力の低い私は実はいわゆる季節物のリースを作ったことがなく(正確に言うと作りたいと思ったことが無い)、あまり乗り気じゃなかったのに、なかなかどーして!

グルーガンでパーツをつけるというだけの作業が無心になれて、せっかく眺望のいい場所で作業しているにもかかわらず景色そっちのけで没頭してしまいました。これちょっとした箱庭制作くらいの効果があるんじゃないかと思うほど(笑)

予想外の楽しさにしばらく2人ともリースの話をしていたんですが、間庭さんにいたってはお風呂でいっしょになった見ず知らずのご婦人にまで勧めてしまったそう(笑)

この寄木リース作り、女性同士はもちろん、カップルで体験しても楽しいはず。
だって几帳面に作ってもワイルドに作っても、ステキなリースになるの間違いないから!

ちなみに11月からは寄木細工のパーツがクリスマス仕様に。12月はリースではなくお正月飾り作りになるとのこと。

次回はお風呂のことなどご紹介します♪

お楽しみに!