大人女子の手土産ルールブック

アンテナショップ巡りでステキな手みやげ探し/「兵庫わくわく館」<兵庫県>


【兵庫県 アンテナショップ】兵庫わくわく館

昨今、人気・注目度ともに急上昇中の全国各地のアンテナショップに“手みやげの達人”平原由紀子さんが出向き、その地方ならではの逸品をセレクトして、その活用シーンを提案する本コラム。今回訪れたのは、兵庫県の逸品が揃うアンテナショップ「兵庫わくわく館」。はたして、達人が選んだのは…?

丹波なた豆茶

ダイエットしたい友人には、
効果抜群の丹波なた豆茶

夏は食欲が落ちる時季かもしれないですが、冷たいアイスクリームやかき氷など食べ過ぎてしまう季節でもあります。夏の終わりに体重計に乗って、「ガーン、痩せなきゃ!」とダイエットの決意をした方もいるかもしれません。
そんなときに心強いお茶が、「丹波なた豆茶」なのです。「なた豆」と聞いてもピンとこないかもしれないですが、童話「ジャックと豆の木」のモデルになったとも言われています。サヤの大きさが30cm以上もあるのです。
「丹波なたまめ茶」は、なたまめから作られたお茶で、昔から万能薬として重宝されています。さまざまな成分が含まれているのですが、その中のサポニンには、脂肪の吸収を抑制する働きがあるので、油っぽい食事と一緒に飲めば、脂肪を落としてくれるのでとても効果的だということ、うれしいですね。
ほんのり甘く飲みやすいので、ジュース代わりに飲み続けると効果が期待できそうです。ダイエットをしている友人には何よりのギフトになるでしょう。

魔法のまるごとマロンパイ
神戸フィナンシェ・ドゥール

遊びに来た友人には
華やかスイーツでおもてなし

9月の連休、仲の良い友人を家に招いてティパーティをするのも楽しそうです。そういうときのお菓子は神戸モリーママの「魔法のまるごとマロンパイ」「神戸フィナンシェ・ドゥール」を用意するとよいですよ。
「魔法のまるごとマロンパイ」は大きな栗がまるごと1個入っています。こくのあるマロンペーストとアーモンドクリームで包まれた、しっとりしたマロンパイなのです。 
「神戸フィナンシェ・ドゥール」は神戸伝承のフィナンシェです。澄ましバターの上澄みだけをぜいたくに使用しているので、格別のおいしさです。
どちらも「スイーツがおいしい」と言われる神戸ならではの、華やかなお菓子です。おいしいコーヒーや紅茶にぴったり。久しぶりに会った友人たちとの会話も弾むでしょう。

炭酸泉せんべい

実家のおみやげは
炭酸泉せんべい

夏の間、実家に帰れなかった人でも、9月の連休を利用して帰る方もいらっしゃるでしょう。実家に帰るときにも何かちょっとご両親に手みやげを持って行きたいですよね。有馬せんべいの「炭酸泉せんべい」はいかがでしょうか?
兵庫の名湯の有馬温泉、と言えば「炭酸泉せんべい」と言われている昔から定番のお菓子です。有馬の湯の成分に炭酸が含まれているのですが、炭酸泉せんべいの成分にこの炭酸を用いています。
小麦粉、でんぷんを原料にした独自の風味、軽快な歯ざわりが好評で、一枚一枚職人の手により丁寧に焼き上げた手焼きの炭酸泉せんべいは、食べだしたら止まらなくなる独特のおいしさです。
リーズナブルなのに24枚も入っているのもうれしいです。家族みんなで楽しいお茶タイムになりそうです。

今回、平原さんと編集部が訪問したのは、数多くのアンテナショップが店舗を構える、有楽町の東京交通会館にある「兵庫わくわく山口館」。

北は日本海、南は瀬戸内海と2つの海に面した近畿地方で最大の県となる兵庫県は、但馬牛に松葉ガニ、明石タコといった食材も有名ですが、今回平原さんが紹介した神戸スイーツをはじめとした女性に喜ばれるお菓子、お茶やお酒なども人気。

今の時期は、毎年楽しみにしているファンも多いという「丹波の黒枝豆」の生えだ豆の注文を店頭で受付中! 年に一度の期間限定販売なので、気になる人は店舗で詳細をチェックしてみて。

兵庫わくわく館
千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F

<営業時間>
10:00~19:00

TEL 03-6273-4133
http://www.hyogowakuwaku.com/


【手みやげコンシェルジュ】
平原 由紀子(ひらはら ゆきこ)

神戸市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。大阪でOLを経験後、東京で老舗広告代理店に16年間勤務。2003年、国内外有名ファッションブランドをクライアントとした広告代理店「株式会社ザ・ゴール」を電通と設立。今までにない新しいコンセプトのもと、業界を代表する会社へと導く。2013年、創立10周年を機に退職し、現在は「手みやげコンシェルジュ」をはじめ、さまざまな分野のコンシェルジュとして活動中。ファッション広告業界で女性の地位を築き上げたパイオニア的存在。著書『できる人の会食術 仕事ごはん 部下ごはん』(CCC メディアハウス)も好評発売中。
<関連リンク>
株式会社WITH YU https://withyu.co.jp/
Facebook https://www.facebook.com/yukiko.hirahara.3
Twitter https://twitter.com/yukkolin621

有馬せんべい「炭酸泉せんべい」を3人に

今すぐ応募する

【兵庫県 アンテナショップ】兵庫わくわく館

昨今、人気・注目度ともに急上昇中の全国各地のアンテナショップに“手みやげの達人”平原由紀子さんが出向き、その地方ならではの逸品をセレクトして、その活用シーンを提案する本コラム。今回訪れたのは、兵庫県の逸品が揃うアンテナショップ「兵庫わくわく館」。はたして、達人が選んだのは…?

ダイエットしたい友人には、
効果抜群の丹波なた豆茶

丹波なた豆茶
>夏は食欲が落ちる時季かもしれないですが、冷たいアイスクリームやかき氷など食べ過ぎてしまう季節でもあります。夏の終わりに体重計に乗って、「ガーン、痩せなきゃ!」とダイエットの決意をした方もいるかもしれません。
そんなときに心強いお茶が、「丹波なた豆茶」なのです。「なた豆」と聞いてもピンとこないかもしれないですが、童話「ジャックと豆の木」のモデルになったとも言われています。サヤの大きさが30cm以上もあるのです。
「丹波なたまめ茶」は、なたまめから作られたお茶で、昔から万能薬として重宝されています。さまざまな成分が含まれているのですが、その中のサポニンには、脂肪の吸収を抑制する働きがあるので、油っぽい食事と一緒に飲めば、脂肪を落としてくれるのでとても効果的だということ、うれしいですね。
ほんのり甘く飲みやすいので、ジュース代わりに飲み続けると効果が期待できそうです。ダイエットをしている友人には何よりのギフトになるでしょう。

遊びに来た友人には
華やかスイーツでおもてなし

魔法のまるごとマロンパイ
神戸フィナンシェ・ドゥール丸漬 夏蜜羹
9月の連休、仲の良い友人を家に招いてティパーティをするのも楽しそうです。そういうときのお菓子は神戸モリーママの「魔法のまるごとマロンパイ」「神戸フィナンシェ・ドゥール」を用意するとよいですよ。
「魔法のまるごとマロンパイ」は大きな栗がまるごと1個入っています。こくのあるマロンペーストとアーモンドクリームで包まれた、しっとりしたマロンパイなのです。 
「神戸フィナンシェ・ドゥール」は神戸伝承のフィナンシェです。澄ましバターの上澄みだけをぜいたくに使用しているので、格別のおいしさです。
どちらも「スイーツがおいしい」と言われる神戸ならではの、華やかなお菓子です。おいしいコーヒーや紅茶にぴったり。久しぶりに会った友人たちとの会話も弾むでしょう。

実家のおみやげは
炭酸泉せんべい

炭酸泉せんべい

夏の間、実家に帰れなかった人でも、9月の連休を利用して帰る方もいらっしゃるでしょう。実家に帰るときにも何かちょっとご両親に手みやげを持って行きたいですよね。有馬せんべいの「炭酸泉せんべい」はいかがでしょうか?
兵庫の名湯の有馬温泉、と言えば「炭酸泉せんべい」と言われている昔から定番のお菓子です。有馬の湯の成分に炭酸が含まれているのですが、炭酸泉せんべいの成分にこの炭酸を用いています。
小麦粉、でんぷんを原料にした独自の風味、軽快な歯ざわりが好評で、一枚一枚職人の手により丁寧に焼き上げた手焼きの炭酸泉せんべいは、食べだしたら止まらなくなる独特のおいしさです。
リーズナブルなのに24枚も入っているのもうれしいです。家族みんなで楽しいお茶タイムになりそうです。

今回、平原さんと編集部が訪問したのは、数多くのアンテナショップが店舗を構える、有楽町の東京交通会館にある「兵庫わくわく山口館」。

北は日本海、南は瀬戸内海と2つの海に面した近畿地方で最大の県となる兵庫県は、但馬牛に松葉ガニ、明石タコといった食材も有名ですが、今回平原さんが紹介した神戸スイーツをはじめとした女性に喜ばれるお菓子、お茶やお酒なども人気。

今の時期は、毎年楽しみにしているファンも多いという「丹波の黒枝豆」の生えだ豆の注文を店頭で受付中! 年に一度の期間限定販売なので、気になる人は店舗で詳細をチェックしてみて。

兵庫わくわく館
千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F

<営業時間>
10:00~19:00

TEL 03-6273-4133
http://www.hyogowakuwaku.com/

有馬せんべい「炭酸泉せんべい」を3人に

今すぐ応募する

【手みやげコンシェルジュ】
平原 由紀子
(ひらはら ゆきこ)

神戸市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。大阪でOLを経験後、東京で老舗広告代理店に16年間勤務。2003年、国内外有名ファッションブランドをクライアントとした広告代理店「株式会社ザ・ゴール」を電通と設立。今までにない新しいコンセプトのもと、業界を代表する会社へと導く。2013年、創立10周年を機に退職し、現在は「手みやげコンシェルジュ」をはじめ、さまざまな分野のコンシェルジュとして活動中。ファッション広告業界で女性の地位を築き上げたパイオニア的存在。著書『できる人の会食術 仕事ごはん 部下ごはん』(CCC メディアハウス)も好評発売中。

<関連リンク>
株式会社WITH YU https://withyu.co.jp/
Facebook https://www.facebook.com/yukiko.hirahara.3
Twitter https://twitter.com/yukkolin621


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ