大人女子の手土産ルールブック

アンテナショップ巡りでステキな手みやげ探し/「おいしい山形プラザ」<山形県>


【山形県 アンテナショップ】おいしい山形プラザ

昨今、人気・注目度ともに急上昇中の全国各地のアンテナショップに“手みやげの達人”平原由紀子さんが出向き、その地方ならではの逸品をセレクトして、その活用シーンを提案する本コラム。今回訪れたのは、山形県の逸品が揃うアンテナショップ「おいしい山形プラザ」。はたして、達人が選んだのは…?

オランダせんべい
20袋入り ¥864

忙しい残業のおともに
オランダせんべい

忙しい時期は、定時に仕事が終わらなくて残業になることもありますよね。
8時ごろになると、どうしてもおなかがすいて、仕事に集中できなくなることがありませんか? そういうときは、酒田米菓の「オランダせんべい」を用意しておくとよいですよ。
これは山形県庄内地域産のうるち米100%使用している東北限定商品。厚さ3mmの日本で初めて作られた、元祖うす焼きせんべいなのです。塩味とお米の香ばしさがたまらなく、つい手が止まらなくなってしまいます。
いろいろな種類がありますが、オランダちゃんのギフトパッケージがとてもかわいくておすすめです。2枚入りで20袋も入っています。
仕事中、残業仲間に配るときっと感激されるでしょう。みんなで忙しい時期を乗り切りましょうね。

最中クッキー NANJO da BE(なんじょだべ)
5枚入り ¥550

上司の自宅に訪問するときの
お菓子は、NANJO dabe

いつもお世話になっている上司から自宅での食事会に誘われたら、何を手みやげに持って行こうか悩みます。そんなときは、「最中クッキーNANJO dabe」はいかがですか?
洋風の商品名ですが、「なんじょだべ」と読むのです。実は山形県の「いかがですか?」を意味するおもてなしの言葉なのです。
江戸時代に創業した老舗の和菓子店、萬菊屋で開発された、和菓子と洋菓子の食感をあわせもつ最中クッキーです。最高級品種のもち米「みやこがね」を原料とした最中種に、アーモンドをたっぷり使ったクッキー生地を織り込んでいるぜいたくなお菓子です。コーヒーにもお茶にも合うのもうれしいですね。珍しいお菓子なのできっと喜んでいただけるでしょう。

さくらんぼジュース
300ml ¥812

ガーデンパーティには
さくらんぼジュース!

この時季は、ベランダや庭でバーベキューということも多いですよね。梅雨前は野外でワイワイ過ごすのが楽しいものです。ちょっとおしゃれなガーデンパーティを企画したいですね。
みんなで食べ物や飲み物を持ち寄る場合には「さくらんぼジュース」を持って行くとよいですよ。初夏はさくらんぼがおいしい季節です。特に山形県の「佐藤錦100%果汁!」と聞くと誰もが飲みたくなりますよね。ほのかな甘みとすっきりとキレのある酸味が絶妙です。そのまま飲んでもよいし、シャンパンで割って飲んでもおいしいです。
ボトルもおしゃれなデザインなので、パーティが華やかになるでしょう。何本か用意して、楽しいパーティを過ごしましょう。

今回、平原さんと編集部が訪問したのは、東京メトロ「銀座一丁目」駅から徒歩1分、JR「有楽町」駅から徒歩5分ほどの場所にある「おいしい山形プラザ」。

山形県は最上川が県内を縦断し、山々に囲まれた食材の宝庫! ここでは、そんな山形ならではの旬の食材や特産品などを数多く取り揃えています。

海藻のひじきと形が似ていて、シャキシャキとした食感がたまらない伝統野菜のおかひじき、スイカやメロン、デラウェアなどのフルーツ。そして、山形といえば、高級ブランド佐藤錦の生産地ですが、7月上旬までは旬のさくらんぼが店頭で販売されているので、こちらも大注目♪ お米や乾物は10g 35円から量り売りもしているので、気軽に試せるのがうれしいところ。

そして、2Fには食通の間で有名な山形県鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ、奥田政行さんが手がけた「ヤマガタ サンダンデロ」があります。テレビなどでも取り上げられたこともあるし、興味はあるけど、山形まで行く機会がなくて…という人は、ぜひ、ここ銀座で味わってみてはいかが?

おいしい山形プラザ
東京都中央区銀座一丁目5-10ギンザファーストファイブビル1F・2F

<営業時間>
10:00~20:00

<定休日>
年末年始

TEL 03-5250-1752
http://oishii-yamagata.jp/


平原 由紀子(ひらはら ゆきこ)
神戸市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。大阪でOLを経験後、東京で老舗広告代理店に16年間勤務。2003年、国内外有名ファッションブランドをクライアントとした広告代理店「株式会社ザ・ゴール」を電通と設立。今までにない新しいコンセプトのもと、業界を代表する会社へと導く。2013年、創立10周年を機に退職し、現在はさまざまな分野のコンシェルジュとして活動中。ファッション広告業界で女性の地位を築き上げたパイオニア的存在。著書『できる人の会食術 仕事ごはん 部下ごはん』(CCC メディアハウス)も好評発売中。
<関連リンク>
株式会社WITH YU https://withyu.co.jp/
Facebook https://www.facebook.com/yukiko.hirahara.3
Twitter https://twitter.com/yukkolin621

萬菊屋
「最中クッキーNANJO dabe」(5枚入り)を3人に

今すぐ応募する

【山形県 アンテナショップ】おいしい山形プラザ

昨今、人気・注目度ともに急上昇中の全国各地のアンテナショップに“手みやげの達人”平原由紀子さんが出向き、その地方ならではの逸品をセレクトして、その活用シーンを提案する本コラム。今回訪れたのは、山形県の逸品が揃うアンテナショップ「おいしい山形プラザ」。はたして、達人が選んだのは…?

忙しい残業のおともにオランダせんべい

オランダせんべい
20袋入り ¥864

忙しい時期は、定時に仕事が終わらなくて残業になることもありますよね。
8時ごろになると、どうしてもおなかがすいて、仕事に集中できなくなることがありませんか? そういうときは、酒田米菓の「オランダせんべい」を用意しておくとよいですよ。
これは山形県庄内地域産のうるち米100%使用している東北限定商品。厚さ3mmの日本で初めて作られた、元祖うす焼きせんべいなのです。塩味とお米の香ばしさがたまらなく、つい手が止まらなくなってしまいます。
いろいろな種類がありますが、オランダちゃんのギフトパッケージがとてもかわいくておすすめです。2枚入りで20袋も入っています。
仕事中、残業仲間に配るときっと感激されるでしょう。みんなで忙しい時期を乗り切りましょうね

休日の楽しいピクニックのお供にはこれ!

最中クッキー NANJO da BE(なんじょだべ)
5枚入り ¥550
いつもお世話になっている上司から自宅での食事会に誘われたら、何を手みやげに持って行こうか悩みます。そんなときは、「最中クッキー NANJO dabe」はいかがですか?
洋風の商品名ですが、「なんじょだべ」と読むのです。実は山形県の「いかがですか?」を意味するおもてなしの言葉なのです。
江戸時代に創業した老舗の和菓子店、萬菊屋で開発された、和菓子と洋菓子の食感をあわせもつ最中クッキーです。最高級品種のもち米「みやこがね」を原料とした最中種に、アーモンドをたっぷり使ったクッキー生地を織り込んでいるぜいたくなお菓子です。コーヒーにもお茶にも合うのもうれしいですね。珍しいお菓子なのできっと喜んでいただけるでしょう。

ガーデンパーティにはさくらんぼジュース!

さくらんぼジュース
300ml ¥812

この時季は、ベランダや庭でバーベキューということも多いですよね。梅雨前は野外でワイワイ過ごすのが楽しいものです。ちょっとおしゃれなガーデンパーティを企画したいですね。
みんなで食べ物や飲み物を持ち寄る場合には「さくらんぼジュース」を持って行くとよいですよ。初夏はさくらんぼがおいしい季節です。特に山形県の「佐藤錦100%果汁!」と聞くと誰もが飲みたくなりますよね。ほのかな甘みとすっきりとキレのある酸味が絶妙です。そのまま飲んでもよいし、シャンパンで割って飲んでもおいしいです。
ボトルもおしゃれなデザインなので、パーティが華やかになるでしょう。何本か用意して、楽しいパーティを過ごしましょう。

今回、平原さんと編集部が訪問したのは、東京メトロ「銀座一丁目」駅から徒歩1分、JR「有楽町」駅から徒歩5分ほどの場所にある「おいしい山形プラザ」。

山形県は最上川が県内を縦断し、山々に囲まれた食材の宝庫! ここでは、そんな山形ならではの旬の食材や特産品などを数多く取り揃えています。

海藻のひじきと形が似ていて、シャキシャキとした食感がたまらない伝統野菜のおかひじき、スイカやメロン、デラウェアなどのフルーツ。そして、山形といえば、高級ブランド佐藤錦の生産地ですが、7月上旬までは旬のさくらんぼが店頭で販売されているので、こちらも大注目♪ お米や乾物は10g 35円から量り売りもしているので、気軽に試せるのがうれしいところ。

そして、2Fには食通の間で有名な山形県鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ、奥田政行さんが手がけた「ヤマガタ サンダンデロ」があります。テレビなどでも取り上げられたこともあるし、興味はあるけど、山形まで行く機会がなくて…という人は、ぜひ、ここ銀座で味わってみてはいかが?

おいしい山形プラザ
東京都中央区銀座一丁目5-10ギンザファーストファイブビル1F・2F

<営業時間>
10:00~20:00

<定休日>
年末年始

TEL 03-5250-1752
http://oishii-yamagata.jp/

萬菊屋
「最中クッキーNANJO dabe」(5枚入り)を3人に

今すぐ応募する

平原 由紀子
(ひらはら ゆきこ)

神戸市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。大阪でOLを経験後、東京で老舗広告代理店に16年間勤務。2003年、国内外有名ファッションブランドをクライアントとした広告代理店「株式会社ザ・ゴール」を電通と設立。今までにない新しいコンセプトのもと、業界を代表する会社へと導く。2013年、創立10周年を機に退職し、現在はさまざまな分野のコンシェルジュとして活動中。ファッション広告業界で女性の地位を築き上げたパイオニア的存在。著書『できる人の会食術 仕事ごはん 部下ごはん』(CCC メディアハウス)も好評発売中。

<関連リンク>
株式会社WITH YU https://withyu.co.jp/
Facebook https://www.facebook.com/yukiko.hirahara.3
Twitter https://twitter.com/yukkolin621


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ