大人女子の手土産ルールブック

アンテナショップ巡りでステキな手みやげ探し/「奈良まほろば館」<奈良県>


【奈良県 アンテナショップ】奈良まほろば館

昨今、人気・注目度ともに急上昇中の全国各地のアンテナショップに“手みやげの達人”平原由紀子さんが出向き、その地方ならではの逸品をセレクトして、その活用シーンを提案する本コラム。今回訪れたのは、奈良県の逸品が揃うアンテナショップ「奈良まほろば館」。はたして、達人が選んだのは…?

柿専門店の柿けーき

お世話になった方には
柿けーきを手みやげに

3月は会社の転勤や異動に伴い、引越しすることも多いですよね。仲良くしていた人たちや、お世話になった方々とのお別れは辛いものです。送別会をしていただく機会もあるでしょう。そういう方々に、感謝の気持ちをお渡しできたらいいですね。
そんなときには「柿専門店の柿けーき」がおすすめです。これは奈良県の和風パウンドケーキです。中に濃厚な干し柿がたっぷり入っていて、甘さも控えめな厳選した素材の手作りケーキです。
値段も手頃で賞味期限もたっぷりあるので、まとめて買っておくのに便利です。引越しする時期はバタバタしていて、手みやげを買いに行く時間もなかなか取れないものなのでうれしいですね。
珍しい「柿けーき」は、きっと印象になるギフトになるでしょう。

夢見の桜

お花見のおみやげは
桜のお菓子で

もうすぐ桜の開花の時季ですね。仲の良い友人と集まってお花見に行きたくなりますね。桜の名所に出かけたり、桜が見えるレストランに行く機会もあるでしょう。寒い冬が終わって「やっと春が来た!」という雰囲気を味わいながらのお花見は格別です。
久しぶりに集まったメンバーであれば、別れ際に一人一人にギフトを手渡したくなります。そういうときにぴったりなのが、横矢芳泉堂の「夢見の桜」です。
これは、吉野山の名産吉野葛を主原料として、桜の花形を中心に手作りで丹念に仕上げた吉野葛干菓子です。見た目もとてもきれいでお花見の気分がアップします。はんなりとした風味でほのかに葛の香りもして、ティータイムも楽しくなりそうです。お花見がきっと盛り上がりますよ。

くすり湯(写真左)
東大寺 薬湯 『天真』(写真右)
 

身体の冷えは入浴剤で
すっきりしましょう

春は気分がワクワクします。洋服も薄着になって身も心も軽くなる季節です。ただこの時季、時々肌寒い日もあります。うっかり薄着をして出かけてしまい、風邪を引いてしまうこともありますよね。また花粉症の人にとっては辛い時季です。春だからといって浮かれてばかりいられないのです。
そんなときに心強いのが、東大寺施薬院の「東大寺 薬湯 『天真』」に、法華寺施薬院の「くすり湯」です。
それぞれ大和トウキやジュウヤクなど、8種類の生薬が配合されている入浴剤なのです。冷え性、肩こり、疲労回復に効能があると言われています。
こういう時季こそ、シャワーで済まさずに、この入浴剤を入れた湯船にゆっくり浸かって元気になりたいですね。この時季会った友人の手みやげに、きっと喜ばれるでしょう。

今回、平原さんと編集部が訪問したのは、東京メトロ「三越前」駅を出てすぐの「奈良まほろば館」。ここでは人気商品の柿の葉寿司をはじめとした、奈良県の四季折々の特産品を購入できるだけでなく、観光コンシェルジュによる旅の相談窓口や、社寺の秘仏秘宝特別公開やお祭り、イベントなどの最新の観光情報を入手できるのが魅力!

また、ショップ内では随時イベントを開催していて、3月28日までは「大和の近世城郭 郡山城 きらめく瓦・かがやく城」をテーマに、豊臣秀吉の弟・秀長が築城した郡山城を紹介するとともに、豊臣期の天守や築城技術などを学べるコーナーを設置。3月30日からは、第一代天皇神武天皇が祀られていて、日本のはじまりの地と言われる橿原神宮、神武天皇の「神武東遷」(じんむとうせん)について紹介する展示を予定しています。

買い物はもちろん、奈良の観光スポットについて知りたい人、歴史に興味のある人にもオススメのアンテナショップ。ぜひ、一度足を運んでみてね♪

奈良まほろば館
東京都中央区日本橋室町1丁目6番2号 日本橋室町162ビル1F・2F

<営業時間>
10:30~19:00

<休館日>
12月31日~1月3日

TEL 03-3516-3931
03-3516-3933(ショップ直通)
http://www.mahoroba-kan.jp


平原 由紀子(ひらはら ゆきこ)
神戸市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。大阪でOLを経験後、東京で老舗広告代理店に16年間勤務。2003年、国内外有名ファッションブランドをクライアントとした広告代理店「株式会社ザ・ゴール」を電通と設立。今までにない新しいコンセプトのもと、業界を代表する会社へと導く。2013年、創立10周年を機に退職し、現在はさまざまな分野のコンシェルジュとして活動中。ファッション広告業界で女性の地位を築き上げたパイオニア的存在。著書『できる人の会食術 仕事ごはん 部下ごはん』(CCC メディアハウス)も好評発売中。
<関連リンク>
株式会社WITH YU https://withyu.co.jp/
Facebook https://www.facebook.com/yukiko.hirahara.3
Twitter https://twitter.com/yukkolin621

法華寺施薬院「くすり湯」を1人に

今すぐ応募する

【奈良県 アンテナショップ】奈良まほろば館

昨今、人気・注目度ともに急上昇中の全国各地のアンテナショップに“手みやげの達人”平原由紀子さんが出向き、その地方ならではの逸品をセレクトして、その活用シーンを提案する本コラム。今回訪れたのは、奈良県の逸品が揃うアンテナショップ「奈良まほろば館」。はたして、達人が選んだのは…?

お世話になった方には柿けーきを手みやげに

柿専門店の柿けーき

3月は会社の転勤や異動に伴い、引越しすることも多いですよね。仲良くしていた人たちや、お世話になった方々とのお別れは辛いものです。送別会をしていただく機会もあるでしょう。そういう方々に、感謝の気持ちをお渡しできたらいいですね。
そんなときには「柿専門店の柿けーき」がおすすめです。これは奈良県の和風パウンドケーキです。中に濃厚な干し柿がたっぷり入っていて、甘さも控えめな厳選した素材の手作りケーキです。
値段も手頃で賞味期限もたっぷりあるので、まとめて買っておくのに便利です。引越しする時期はバタバタしていて、手みやげを買いに行く時間もなかなか取れないものなのでうれしいですね。
珍しい「柿けーき」は、きっと印象になるギフトになるでしょう。

お花見のおみやげは桜のお菓子で

夢見の桜

もうすぐ桜の開花の時季ですね。仲の良い友人と集まってお花見に行きたくなりますね。桜の名所に出かけたり、桜が見えるレストランに行く機会もあるでしょう。寒い冬が終わって「やっと春が来た!」という雰囲気を味わいながらのお花見は格別です。
久しぶりに集まったメンバーであれば、別れ際に一人一人にギフトを手渡したくなります。そういうときにぴったりなのが、横矢芳泉堂の「夢見の桜」です。
これは、吉野山の名産吉野葛を主原料として、桜の花形を中心に手作りで丹念に仕上げた吉野葛干菓子です。見た目もとてもきれいでお花見の気分がアップします。はんなりとした風味でほのかに葛の香りもして、ティータイムも楽しくなりそうです。お花見がきっと盛り上がりますよ。

身体の冷えは入浴剤ですっきりしましょう

くすり湯(写真左)
東大寺 薬湯 『天真』(写真右)
 

春は気分がワクワクします。洋服も薄着になって身も心も軽くなる季節です。ただこの時季、時々肌寒い日もあります。うっかり薄着をして出かけてしまい、風邪を引いてしまうこともありますよね。また花粉症の人にとっては辛い時季です。春だからといって浮かれてばかりいられないのです。
そんなときに心強いのが、東大寺施薬院の「東大寺 薬湯 『天真』」に、法華寺施薬院の「くすり湯」です。
それぞれ大和トウキやジュウヤクなど、8種類の生薬が配合されている入浴剤なのです。冷え性、肩こり、疲労回復に効能があると言われています。
こういう時季こそ、シャワーで済まさずに、この入浴剤を入れた湯船にゆっくり浸かって元気になりたいですね。この時季会った友人の手みやげに、きっと喜ばれるでしょう。

今回、平原さんと編集部が訪問したのは、東京メトロ「三越前」駅を出てすぐの「奈良まほろば館」。ここでは人気商品の柿の葉寿司をはじめとした、奈良県の四季折々の特産品を購入できるだけでなく、観光コンシェルジュによる旅の相談窓口や、社寺の秘仏秘宝特別公開やお祭り、イベントなどの最新の観光情報を入手できるのが魅力!

また、ショップ内では随時イベントを開催していて、3月28日までは「大和の近世城郭 郡山城 きらめく瓦・かがやく城」をテーマに、豊臣秀吉の弟・秀長が築城した郡山城を紹介するとともに、豊臣期の天守や築城技術などを学べるコーナーを設置。3月30日からは、第一代天皇神武天皇が祀られていて、日本のはじまりの地と言われる橿原神宮、神武天皇の「神武東遷」(じんむとうせん)について紹介する展示を予定しています。

買い物はもちろん、奈良の観光スポットについて知りたい人、歴史に興味のある人にもオススメのアンテナショップ。ぜひ、一度足を運んでみてね♪

奈良まほろば館
東京都中央区日本橋室町1丁目6番2号 日本橋室町162ビル1F・2F

<営業時間>
10:30~19:00

<休館日>
12月31日~1月3日

TEL 03-3516-3931
03-3516-3933(ショップ直通)
http://www.mahoroba-kan.jp

法華寺施薬院「くすり湯」を1人に

今すぐ応募する

平原 由紀子
(ひらはら ゆきこ)

神戸市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。大阪でOLを経験後、東京で老舗広告代理店に16年間勤務。2003年、国内外有名ファッションブランドをクライアントとした広告代理店「株式会社ザ・ゴール」を電通と設立。今までにない新しいコンセプトのもと、業界を代表する会社へと導く。2013年、創立10周年を機に退職し、現在はさまざまな分野のコンシェルジュとして活動中。ファッション広告業界で女性の地位を築き上げたパイオニア的存在。著書『できる人の会食術 仕事ごはん 部下ごはん』(CCC メディアハウス)も好評発売中。

<関連リンク>
株式会社WITH YU https://withyu.co.jp/
Facebook https://www.facebook.com/yukiko.hirahara.3
Twitter https://twitter.com/yukkolin621


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ