大人女子の手土産ルールブック

アンテナショップ巡りでステキな手みやげ探し/「新宿みやざき館KONNE」<宮崎県>


【宮崎県 アンテナショップ】新宿みやざき館KONNE

昨今、人気・注目度ともに急上昇中の全国各地のアンテナショップに“手みやげの達人”平原由紀子さんが出向き、その地方ならではの逸品をセレクトして、その活用シーンを提案する本コラム。今回訪れたのは、宮崎県の逸品が揃うアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」。はたして、達人が選んだのは…?

GOSSO(ゴッソ)
全9種(焼酎8種、梅酒1種)
※新宿みやざき館KONNEでは、現在6種を取り扱っています

ごちそうになった上司への
お礼はキュートな焼酎!

会社で残業後、「おなかがすいたな」という時間、上司に誘われて急に食事に行くことがありますよね。会社の近くのお店で飲んで食べておなかがいっぱいになって「ごちそうさまでした」と帰るのも、毎回だったら気がひけてしまいます。
次の日に「ごちそうさまでした」というお礼とともに、何か手渡せたらいいのに、と思いませんか? 大げさなものになってしまうと、目立つし、上司も気を使ってしまいます。お礼の気持ちをさりげなく伝えられて、小ぶりで気の利いたものにしたいですよね。
そういうときは、大阪屋「GOSSO」シリーズの焼酎がおすすめです。「焼酎」と聞くと大きなビンを想像してしまいます。焼酎の種類もわからないから困りますよね。これは大阪屋の三代目女将がセレクトした、本格的な焼酎です。厳選した8種類の焼酎(梅酒も1種類あります)が、おしゃれな160mlの小ビンに詰められています。そして、わかりやすい説明書きもあるので選ぶのにも困りません。値段も手ごろで、1本ずつビンを重ねられるようになっています。
ごちそうになるたびにひとつずつ渡して「またごちそうしてください!」と一言添えるときっと喜んでくれますよ!

ふくれ菓子
全6種

実家への手みやげは
ふくれ菓子で

週末に実家に帰ることになったとき、手ぶらではなく、何か手みやげを持って行きたいものです。家に着いてみんなでお茶を飲みながら過ごすときに、おいしいお菓子があるとうれしいですよね。
そういうときは「ふくれ菓子」はいかがでしょうか? これは旧薩摩藩の郷土菓子です。小麦粉に砂糖や卵、ソーダ(重曹)を加え、保存料などの添加物を使わずに蒸し上げた素朴なお菓子なのです。シフォンケーキのような食感で、ふっくらと蒸し上げた和菓子は、優しい味わいです。ボリュームがあるので食べ応えがあり、クセになりそうです。
プレーンなふくれのほかに、「ココア」、「シナモン」、「抹茶」、「落花生」、「黒砂糖」の6種類の味があり、それぞれに特徴があり、選ぶのに困ってしまいます。
久しぶりに帰った実家での会話が、より弾んで楽しくなりますね。

ゴボチ
全3種

女子会ではゴボチを手渡して
さらに盛り上がりましょう

お誕生日会などで女友達にお祝いしてもらったとき、何かお礼の気持ちを手渡したいですよね。人数が多ければ、数が必要なのでリーズナブルで喜んでもらえるものにしたいです。そう考えると意外に難しくて、当日焦って何も見つけられなかった!という経験がないですか? そういうときのとっておきの手みやげが「ゴボチ」です。
これは国産ごぼうを使った、ひとつひとつ手づくりの無添加ごぼうチップスです。ポテトチップスと違って、ごぼうチップスは聞きなれないですよね。宮崎の人気のお弁当屋さん「にこ丸堂」のアイデアで始まりました。食物繊維がたっぷりなので、「お通じが良くなって、肌の調子も良くなった」などと今では全国で絶賛されています。実際食べてみると「ゴボウ」そのものの味、塩気が効いていて食べだしたら止まりません。身体にいいものを食べている、ということでお菓子を食べている罪悪感がなくていいですね(笑)。
「プレーン醤油味」、「ピリ辛味」、「ブラックペッパー味」の3種類あります。それぞれ用意して、帰りがけにみんなにひとつづつ手渡すと、さらに盛り上がりますね。

今回、平原さんと編集部が訪問したのは、JR「新宿」駅の南口改札を出て、甲州街道の横断歩道を渡ってすぐのサザンテラス内にある「新宿みやざき館KONNE」。

1階には、宮崎県の郷土料理の食材や飲料、調味料などを扱う食品コーナーと、郷土料理の冷や汁やトロピカルドリンクなどを提供する軽食コーナー。2階には漆器をはじめとした工芸品、そして宮崎県が誇る銘酒が揃ったお酒コーナーがあります。今回の平原さんのコラムでも「GOSSO」シリーズを取り上げていますが、宮崎の焼酎は、そば、芋、麦、米など、多彩な原料を使っていて、さまざまなテイストを楽しめるのがポイント。また、焼酎だけでなく、ワインなども取り扱っています。

今年は新宿駅直結の「ニュウマン」がオープンするなど、ショッピングやグルメを満喫できる施設がいっそう充実した甲州街道改札側エリア。「新宿みやざき館KONNE」は近隣の施設ともアクセスが良いので、仕事帰りや買い物がてら、ふらっと立ち寄ってみてはいかが?

新宿みやざき館KONNE
東京都渋谷区代々木2丁目2番1号 新宿サザンテラス内

<営業時間>
10:00~20:00
(軽食コーナーは11:30~19:30)
TEL 03-5333-7764

http://www.konne.jp/


平原 由紀子(ひらはら ゆきこ)
神戸市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。大阪でOLを経験後、東京で老舗広告代理店に16年間勤務。2003年、国内外有名ファッションブランドをクライアントとした広告代理店「株式会社ザ・ゴール」を電通と設立。今までにない新しいコンセプトのもと、業界を代表する会社へと導く。2013年、創立10周年を機に退職し、現在はさまざまな分野のコンシェルジュとして活動中。ファッション広告業界で女性の地位を築き上げたパイオニア的存在。著書『できる人の会食術 仕事ごはん 部下ごはん』(CCC メディアハウス)も好評発売中。
<関連リンク>
株式会社WITH YU https://withyu.co.jp/
Facebook https://www.facebook.com/yukiko.hirahara.3
Twitter https://twitter.com/yukkolin621

GOSSO
本格焼酎「びび、」と無添加梅酒「うめしゅ」をセットで3人に

今すぐ応募する

「九州限定 ゴボチ×THE YUZUSCO」を3人に

今すぐ応募する

【宮崎県 アンテナショップ】新宿みやざき館KONNE

昨今、人気・注目度ともに急上昇中の全国各地のアンテナショップに“手みやげの達人”平原由紀子さんが出向き、その地方ならではの逸品をセレクトして、その活用シーンを提案する本コラム。今回訪れたのは、宮崎県の逸品が揃うアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」。はたして、達人が選んだのは…?

ごちそうになった上司への
お礼はキュートな焼酎!

GOSSO(ゴッソ)
全9種(焼酎8種、梅酒1種)
※新宿みやざき館KONNEでは、現在6種を取り扱っています
会社で残業後、「おなかがすいたな」という時間、上司に誘われて急に食事に行くことがありますよね。会社の近くのお店で飲んで食べておなかがいっぱいになって「ごちそうさまでした」と帰るのも、毎回だったら気がひけてしまいます。
次の日に「ごちそうさまでした」というお礼とともに、何か手渡せたらいいのに、と思いませんか? 大げさなものになってしまうと、目立つし、上司も気を使ってしまいます。お礼の気持ちをさりげなく伝えられて、小ぶりで気の利いたものにしたいですよね。
そういうときは、大阪屋「GOSSO」シリーズの焼酎がおすすめです。「焼酎」と聞くと大きなビンを想像してしまいます。焼酎の種類もわからないから困りますよね。これは大阪屋の三代目女将がセレクトした、本格的な焼酎です。厳選した8種類の焼酎(梅酒も1種類あります)が、おしゃれな160mlの小ビンに詰められています。そして、わかりやすい説明書きもあるので選ぶのにも困りません。値段も手ごろで、1本ずつビンを重ねられるようになっています。
ごちそうになるたびにひとつずつ渡して「またごちそうしてください!」と一言添えるときっと喜んでくれますよ!

実家への手みやげは
ふくれ菓子で

ふくれ菓子
全6種
週末に実家に帰ることになったとき、手ぶらではなく、何か手みやげを持って行きたいものです。家に着いてみんなでお茶を飲みながら過ごすときに、おいしいお菓子があるとうれしいですよね。
そういうときは「ふくれ菓子」はいかがでしょうか? これは旧薩摩藩の郷土菓子です。小麦粉に砂糖や卵、ソーダ(重曹)を加え、保存料などの添加物を使わずに蒸し上げた素朴なお菓子なのです。シフォンケーキのような食感で、ふっくらと蒸し上げた和菓子は、優しい味わいです。ボリュームがあるので食べ応えがあり、クセになりそうです。
プレーンなふくれのほかに、「ココア」、「シナモン」、「抹茶」、「落花生」、「黒砂糖」の6種類の味があり、それぞれに特徴があり、選ぶのに困ってしまいます。
久しぶりに帰った実家での会話が、より弾んで楽しくなりますね。

女子会ではゴボチを手渡して
さらに盛り上がりましょう

ゴボチ
全3種
お誕生日会などで女友達にお祝いしてもらったとき、何かお礼の気持ちを手渡したいですよね。人数が多ければ、数が必要なのでリーズナブルで喜んでもらえるものにしたいです。そう考えると意外に難しくて、当日焦って何も見つけられなかった!という経験がないですか? そういうときのとっておきの手みやげが「ゴボチ」です。
これは国産ごぼうを使った、ひとつひとつ手づくりの無添加ごぼうチップスです。ポテトチップスと違って、ごぼうチップスは聞きなれないですよね。宮崎の人気のお弁当屋さん「にこ丸堂」のアイデアで始まりました。食物繊維がたっぷりなので、「お通じが良くなって、肌の調子も良くなった」などと今では全国で絶賛されています。実際食べてみると「ゴボウ」そのものの味、塩気が効いていて食べだしたら止まりません。身体にいいものを食べている、ということでお菓子を食べている罪悪感がなくていいですね(笑)。
「プレーン醤油味」、「ピリ辛味」、「ブラックペッパー味」の3種類あります。それぞれ用意して、帰りがけにみんなにひとつづつ手渡すと、さらに盛り上がりますね。

今回、平原さんと編集部が訪問したのは、JR「新宿」駅の南口改札を出て、甲州街道の横断歩道を渡ってすぐのサザンテラス内にある「新宿みやざき館KONNE」。

1階には、宮崎県の郷土料理の食材や飲料、調味料などを扱う食品コーナーと、郷土料理の冷や汁やトロピカルドリンクなどを提供する軽食コーナー。2階には漆器をはじめとした工芸品、そして宮崎県が誇る銘酒が揃ったお酒コーナーがあります。今回の平原さんのコラムでも「GOSSO」シリーズを取り上げていますが、宮崎の焼酎は、そば、芋、麦、米など、多彩な原料を使っていて、さまざまなテイストを楽しめるのがポイント。また、焼酎だけでなく、ワインなども取り扱っています。

今年は新宿駅直結の「ニュウマン」がオープンするなど、ショッピングやグルメを満喫できる施設がいっそう充実した甲州街道改札側エリア。「新宿みやざき館KONNE」は近隣の施設ともアクセスが良いので、仕事帰りや買い物がてら、ふらっと立ち寄ってみてはいかが?

新宿みやざき館KONNE
東京都渋谷区代々木2丁目2番1号 新宿サザンテラス内

<営業時間>
10:00~20:00
(軽食コーナーは11:30~19:30)
TEL 03-5333-7764

http://www.konne.jp/

GOSSO
本格焼酎「びび、」と無添加梅酒「うめしゅ」をセットで3人に

今すぐ応募する

「九州限定 ゴボチ×THE YUZUSCO」を3人に

今すぐ応募する

平原 由紀子
(ひらはら ゆきこ)

神戸市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。大阪でOLを経験後、東京で老舗広告代理店に16年間勤務。2003年、国内外有名ファッションブランドをクライアントとした広告代理店「株式会社ザ・ゴール」を電通と設立。今までにない新しいコンセプトのもと、業界を代表する会社へと導く。2013年、創立10周年を機に退職し、現在はさまざまな分野のコンシェルジュとして活動中。ファッション広告業界で女性の地位を築き上げたパイオニア的存在。著書『できる人の会食術 仕事ごはん 部下ごはん』(CCC メディアハウス)も好評発売中。

<関連リンク>
株式会社WITH YU https://withyu.co.jp/
Facebook https://www.facebook.com/yukiko.hirahara.3
Twitter https://twitter.com/yukkolin621


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月8日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ