「結婚のカタチ」っていったい何!? オネエ的幸せのゴール


ちょっとオネエ目線

ちょっとオネエ目線

昼はプランナーとして働く、自称OL(おっさんレディ)のT子の連載コラムです。
女子の永遠の憧れといえば!? 「結婚」。ちまたではさまざまな婚活サービスが雨後の筍のように出現し、今の時期はブライダルフェアもいっぱい行われていますよね。LGBTの同性婚もここ数年話題になっていて、最近では札幌市が国内6例目の「パートナーシップ宣誓制度」を開始しました。今回は、同性愛にも結婚が身近なものとなってきた今、それぞれの最新トレンドから「結婚のカタチ」について考えてみたいと思います。

ブライダル大手もLGBTウエディングに参入

まずご存じのように、一部自治体に条例はありますが、日本国内では法律上の同性婚はまだ認められていません。

とはいえ昨今の流れで、“カタチだけでも“と結婚式を挙げる人が増えたことで、LGBTブライダル事業も拡大しています。ただこの流れにも変化があり、以前はLGBT当事者が主体の同性婚ビジネスが盛んでしたが、最近はホテルやブライダル会社など大手が参入し、逆に当事者主体の事業の影が薄れている気がします。

まぁ、同性婚だからといって式や披露宴に変わりはないですからね。ブライダルプロデュースの「LGBTs WEDDING」では、挙式セレモニー&会食会のパッケージなど、LGBTにも変わらないサービスを提供し、門戸を広げることで新たな需要獲得をはかっているようです。

コスパ重視の最近の結婚式事情

一方、一般の結婚式では「スマ婚」「楽婚」「ゼロ婚」など、新たなブライダル事業が台頭してきています。

それらは「結婚式を諦めないでほしい」という願いから、結婚式を手軽に負担も少なく挙げられるようなサービスを提供。自社で会場を持たずに提携会場や業者の稼働率を高めることで低価格を実現しています。

また異業種でも、「都民共済」の加入者向けサービスが“豪華な結婚式を格安でできる”として好評だったり、百貨店のウエディングドレスのリユースセールが大人気のようです。

結婚式の費用も、昔は「2人で結婚貯金を頑張る」といったことがよくありましたが、今は価格も初任給を考慮して設定されていたりと「コスパ」がとても重要視されています。

「結婚のカタチ」っていったい何!?

ここまであまりアタシに縁のない結婚式について調べて考えていたら、ふと疑問が出てきました。

そもそも幸せの象徴でもある結婚って何? 

日本では「結婚=婚約をして籍を入れる」ことですが、フランスでは結婚のほかに「PACS(パックス)」というパートナーとの共同生活において、結婚しているのと同等の権利を得られる制度があります。ちなみにこの制度はもともと同性愛者の権利向上のために作られたそうですが、現在利用者の大半は異性愛者とのこと。離婚は両者の合意が必要ですが、PACSはどちらか一方の申し立てでも別れられます。

今の時代はモノからコトへの変化でより情緒的になってきているので、法的な縛りよりも結ばれたいという気持ちや感情に寄り添った「結婚のカタチ」が求められているのでしょう。

結婚をゴールにせずに実現すべきこと

ちなみに、これまで同性婚で話題となったカップルは、その後別れてしまう率が高い気がします。一方、長い間付き合っていて家族のようになっているゲイカップルは本人達もその周りも本当に幸せそうです。

男女の関係だと、付き合ったその先のゴールが結婚という考えがあるけど、アタシ達はもともと結婚の概念に縛られていないぶん、早く結婚を経験しちゃうとそれが束縛になってしまうんですかね? 結婚って周りにとってもうれしいことだけど、結局は2人のことなのでカップルそれぞれの結婚のカタチが必要なんだと思います。

とはいえ、結婚よりも強力なのは「子はかすがい」という言葉のとおり、“子ども”ですよ! ゲイの場合は子どもの代わりとなるペットだったりもします。結婚式はより手軽でカジュアルになってきているのですから、そこをゴールにせずにその先の2人の幸せな暮らしを実現しましょうね!

T子さん 写真

T子

新宿2丁目のドラァグクィーンやお店のママから、各界のスペシャリストや芸能人までさまざまな人脈を持ち、シティリビングにてインタビューコラム「おネエno部屋」を3年間にわたり連載。恋愛、美容、仕事、人生など、さまざまなOLの悩みに答えてきた。昼の姿はプランナーとして、PR会社に勤務する普通のOL(おっさんレディ)。最近の趣味はグルメとインテリア、そして愛犬のジジと遊ぶこと。
■Facebook https://facebook.com/oneemesen ■Twitter Twitter @oneemesen


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ