齊藤先生に聞く!【28】プロラクチンについて【読者プレゼント付き】


ホルモンの値と
症状から判断します

こんにちは。産婦人科医の齊藤英和です。今回は、おっぱいを出すのに役立つホルモン、プロラクチンについてお話ししましょう。

プロラクチンと月経の関係

不妊治療のホルモン検査で調べるものの一つに、プロラクチンがあります。
皆さんは、プロラクチンという言葉を聞いたことがありますか。

プロラクチンは、おっぱいを出すのに役立つホルモンです。出産後、おっぱいが出るときにはこのホルモンが活躍しています。

また、このホルモンはFSHやLHと同様に脳の下垂体で作られ、分泌されます。通常、プロラクチンは妊娠していないと低い値になるものですが、まれに妊娠していなくても高い値になることがあります。

プロラクチンの値が高くなると、月経が乱れてきます。月経の周期が長くなったり、基礎体温を測定しているときに高温の時期が短くなったりします。さらに影響が強くなると月経が止まってしまうこともあります。

ですので、月経周期が乱れている人を診る際は、プロラクチンの値に気をつけています。

プロラクチン値が高くなる原因

このホルモン値が高い原因はいろいろあります。多い原因としては、脳の下垂体にできる腫瘍があります。

この腫瘍から産生されるホルモン値はかなり高いことが多く、その場合、腫瘍を疑ってMRI検査(磁気共鳴画像診断装置検査)を行って、下垂体に腫瘍がないか調べます。腫瘍が見つかった場合、昔は手術もしたのですが、最近は飲み薬で治療するのが一般的です。薬を服用することによって、ホルモン値が正常化すると月経も再開してくることが多いのです。

もう一つ、お話しておかなければならない原因があります。

それは、胃薬や精神疾患の薬を長く飲んでいると、プロラクチンが上昇し、月経が乱れます。その場合には、それらの薬を減らしたり、中止したりしますが、そのために元の病気が悪くなっては困るので、それらの病気の主治医と相談して治療法を考えます。

また、このホルモンが高いと月経が乱れるだけでなく、出産とは関係なく乳汁が出ることも多く、下着がぬれたり、乳房を絞ると白い乳汁がでることも多いので、ご自身でもしっかり注意することが大切です。

自分が抱えている症状をきちんと説明できますか?

このように、ホルモンの値だけで病気を診断するのではなく、本人の症状も併せて病気の状態を判断しています。

ですから、ご自身が感じている症状をきちんと説明できるようにすることも、正しい診断・治療につながります。
このことも知っておいてくださいね。

産むこと、働くことの両立に関する本を執筆しました

日頃、このコラムのほかにもさまざまな執筆活動を行っています。

そんな中、8月8日に『後悔しない「産む」x「働く」』(ポプラ新書/¥864)が発行されました。『妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング』『「産む」と「働く」の教科書』(いずれも講談社刊)に続き、今回も白河桃子さんとの共同執筆です。

私の執筆部分は、毎回皆さんにお話している妊娠適齢や不妊治療に関するお話ですが、白河桃子さんが受け持つ部分は、私がお伝えしている知識を得たとき、皆さんがご自身の仕事のキャリアを積む上で、妊娠・出産とどのように向き合うようにすべきかについて考えるヒントを含んだ内容です。

ですから、このコラムを読んだ後に「仕事とどのように両立していったら良いのかしら?」と悩まれるようなことがあったら、ぜひ同書も読んでみてくださいね。

PROFILE齊藤英和先生

1953年東京生まれ。国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター不妊治療科。日本産科婦人科学会・倫理委員会・登録調査小委員会委員長。専門分野は生殖医学、特に不妊症学、生殖内分泌学。内閣府「新たな少子化対策大綱策定のための検討会」委員


    • 『後悔しない「産む」x「働く」』を5人に

      齊藤先生とジャーナリストの白河桃子さんが共同執筆した、今を生きる働く女子必読の一冊! 『後悔しない「産む」x「働く」』(ポプラ新書/¥864)をプレゼント。


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ