【1500円以下コスメ】人気女優・石原さとみさん風メイクをプチプラで!


普段、テレビで目にする人気女優さんたちのメイク、「どうしたらあんな風になれるの?」と思ったことはありませんか? 今回は、日々パーソナルカラー診断を行っているカラーアナリストの視点から、簡単に「女優風」になれるメイクテクニックを解説します。

使うアイテムは全て、<1500円以下のプチプラコスメ>だから、お財布がピンチ!のときでも大丈夫。気軽にトライしてみてくださいね!

“女性がなりたい顔”代表!の女優さん

  • かわいいときれいを兼ね備えた、女性にも男性にも人気の女優・石原さとみさん。
    そこで「プチプラ(1500円以下)で女優さん風メイク」の第2弾。メイクで石原さとみさんに近づく方法を研究し、シティリビングWeb編集部のメンバーと試してみました!

  • 編集部スタッフのWさん。普段のメイクはこちら

ベースメイク

★ポイント:ツヤ肌&シャープなあご

1. 化粧下地【a】微細なパール入りをセレクト。毛穴などのアラを飛ばし、適度なツヤ感を出します。顔全体に、少量ずつ広げていきます。

2. 毛穴用下地【b】小鼻の凹凸をフラットに整えます。少量をくるくるとなじませます。

3. コントロールカラー【c】頰全体、及び赤みの気になる箇所にのばします。グリーン系を選ぶことで、赤みを抑え、クールで整った印象になります。

4. クリームファンデーション【d】お顔の中心から外に向かって、指に取って少量ずつ広げます。目の周りはよれやすいので指に残った量を軽く。

5. コンシーラー【e】目の下〜頰の高いところまでのせ、指の腹で広げていきます。クマをカバーし、目元に明るさを出します。小鼻や口角などカバーしたいところにも。境目をスポンジで軽く叩くようにしてなじませ、浮きを防止。

6. パウダー【f】ブルーベース肌の透明感を出すため、ラベンダーカラーのパール入りのパウダーを選びます。大きい筆でTゾーン〜頰の順に、小鼻の周りと目周りは小さい筆で肌を撫でるようにのせます。

7. シェーディング【g】シャープな輪郭を演出するポイント。石原さとみさんは丸顔ですが、あごがすっきりとシャープです。エラ部分を削りあごの尖った形、つまり逆三角形を作るよう意識し、シェーディングカラーをのせます。内側に向かってぼかして、自然な陰影をつけます。また、すっと通った鼻筋ラインを出すため、眉頭下〜鼻の両脇にシェーディングカラーをのせます。小鼻の膨らみにものせて、よりすっとした印象に。

8. ハイライト【h】鼻の付け根~鼻筋と、眉尻下~頰の高いところ(Cゾーン)、あご先には小さく逆三角形にのせ立体感を出します。鼻の横・目の下の三角ゾーンにツヤが出るのが特徴ですので、ここにもハイライトをひとはけ入れましょう。

ポイントメイク

★ポイント:細め平行眉&色っぽリップ

1. フェミニンな細め平行眉
眉頭の中央からほぼ真横に、若干弓なりにすうっと伸びた形の眉です。

基本の眉尻は、小鼻と目尻のラインをまっすぐ結んだライン上および眉頭下の水平ライン上の交差する点にありますが、今回はちょっと短め、3m内側を意識します。この眉尻の位置めがけて、ブラウンのアイブロウペンシルを使って、眉頭から水平を意識してラインを描いていきます。直線的というよりはほんのり弓なりに形を整え、眉尻は細く整えまます。ピンクブラウンのアイブロウマスカラで眉頭を立たせ、描いたラインをなぞります。

2. たぬき目アイメイク
丸くた垂れ気味の目とぷっくりとした涙袋が印象的です。

ブラウンのペンシルでアイラインを入れます。まずは上まぶたのまつげの間を埋めるように全体に。次にまつげの上、黒目の上が最も太くなるようにラインを入れていきます。アイラインの目尻側終点は、はね上げでも下げるでもなく目のカーブに沿って5mmほど伸ばしたところで。黒目の下部分のまつげもペンシルで埋めて、黒目がちな感じを出します。

アイシャドウは、明るいベージュをアイホールに入れ、ミディアムブラウンを二重幅に入れます。下まぶたは、たれ目感を出すために同じブラウンで、黒目下から目尻へ水平気味にラインを取ってから、目尻下を三角形に埋めます。

涙袋用のリキッドアイカラーを5mm幅を目安に下まぶたに入れます。上まぶたで使ったベージュとミディアムブラウンを混ぜて、そこへ重ねます。真ん中のラメを目頭に点置きして輝きをプラス。そしてライトブラウンのアイブロウペンシルで涙袋の影ラインを入れます。影ラインは笑った時にへこむ線が目安。

マスカラは黒で、ビューラーでまつげをしっかり上げて、特に黒目の上にボリュームと長さが出るように重ね塗り。下のまつげもしっかり塗ります。

3. ふんわりチーク
幸福感あふれるツヤ感のある頰もかわいいポイントですよね。青みがかったピンクのパウダーチークを使います。チークブラシに取って、頰の中央にふんわり丸く入れます。

4. ぷっくりリップ
石原さんの色気を引き立てるポイントである、ふっくらした唇を目指します。

まずはコンシーラーで元のリップラインを抑えます。ハイライトを上唇の山部分に軽くのせておきます。ローズピンクの口紅を筆に取って、全体に丸みをもたせたラインを取って塗っていきます。山部分の凹みが浅いので、山を取った後に頂点をつなげるように塗ってみましょう。唇薄めの方は、リップライナーで1mmほどオーバーにラインを取っておくときれいに仕上がります。

ブルーのグロスを上下唇の中央部分にのみのせ、透明感と立体感を出します。

これで、完成!

石原さとみさん「風」の、ポイントだけでもお伝えできたら何よりです。

秋のファッションに合わせてちょっと雰囲気を変えたい日、デートの日などに取り入れてみてはいかがでしょうか?

<文/西田 美穂>

プロフィール/西田 美穂(にしだ みほ)

カラーアナリスト。1984年生まれ。芝浦工業大学工学部建築工学科卒業。
9年間の建築業界勤務を経て、縁あってサロン・ド・ルミエール海保麻里子氏に出会い、色彩の世界の魅力を知る。同氏に師事し、カラーリストへ転身。パーソナルカラー含め色彩全般を学び、色のスペシャリストを志す。
2016年、世界的に活躍するメイクアップアーティストNATSUKA氏に師事、一流のメイクアップ技術を学ぶ。現在、カルチャースクールにてアシスタント講師を務める一方、パーソナルカラー診断サロン「サロン・ド・ルミエール」にて活動中。

<保有資格>
文部科学省後援AFT 1級色彩コーディネーター
日本パーソナルカラー協会認定パーソナルカラーアドバイザー
色彩技能パーソナルカラー検定モジュール3(最上級)
インテリア産業協会 インテリアコーディネーター
東京商工会議所 福祉住環境コーディネーター2級
商業施設技術団体連合会 商業施設士
公式ブログ:http://salon-de-lumiere.com/blog/?cat=276
インスタグラム:https://www.instagram.com/mihocolor/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ