リーマントラベラー直伝! 週末海外を楽しむためのマル秘テクニック


シティリビングWebのみなさま! こんにちは、リーマントラベラー東松です。僕は激務の広告代理店に勤務しながら、週末や3連休などを使って世界中を旅しているサラリーマンです。昨年10月~12月は毎週末海外旅行に行き、平日はサラリーマンをしながらも5大陸18カ国を旅し、「働きながら世界一周」を達成しました。 前回は夏のビーチにぴったりの旅行先をご紹介させていただきましたが、今回は旅行を楽しむためのテクニックをご紹介いたします!

夏の旅行先:今年の夏休みはビーチに行く? それとも世界遺産? いや、どっちもでしょ!

そんな僕は週末海外を始め出した5年前に、「週末(土日)=48時間」という考え方を撤廃しました。そして今は僕の週末が64時間に増えました。それはどうしたかって? 僕は週末を金曜の終業から月曜の始業までと捉えるようになったからです。そのため、みなさんより16時間も週末が長いです。

48時間だと海外旅行は厳しいかもしれませんが、64時間あれば行けそうではないでしょうか?

今回は働きながら週末を使って世界中を旅しているリーマントラベラーの週末海外のテクニックを大公開します。

tecnic

裏ワザ<1>行き先の決め方

働くOLのみなさんだと「いつ休みが取れるか」が分かってから行き先を決めることが多いのではないでしょうか。広告代理店で働く僕も休みを取れる時期は仕事の進捗次第で決まってくるので、「どこに行くか」よりも「いつ行くか」が先に決まってしまいます。だからこそ、行き先の決め方も工夫して旅の満足度を高めます。

tecnic

僕はいつも休める時期が決まったら、その時期の中で「一番面白そうなお祭り・イベント・ライブ・スポーツ」がやっている国を探し、「ここしか休めなかったからこの国へ行く」ではなく、「ここで休みが取れたからこのイベントが見れた」と自分の気持ちを変えて満足度を高めています。

ちなみにぴったりのイベントがやっていなかった場合は、直行便がある街ではなく、直行便がある街からもう1フライトして日本人にはあまり馴染みのない国に行きます。例えばタイへ行くならプーケットでなくサムイ島、フィリピンへ行くならセブ島ではなくボラカイ島。そうやって人と違った体験、そしてガイドブックやWebサイトに載っていない経験をすることで自分の中で満足度を高めています。

加えて、僕は週末海外を始めるまでは、いつも金曜の夜は六本木で合コンをしていましたが、金曜の夜は空港に向かう生活に変え、いつからか土曜の朝を海外で迎えるようになりました。

ですので、いつも飛行機は金曜日の夜に出発できる便を選びます。羽田空港は24時過ぎまで飛行機があるので、東京からはもちろん、地方からでも金曜夜に地元を出発してその日中に羽田を経由すれば、土曜の朝には海外に着くことができるのです。

裏ワザ<2>行きの飛行機で使う三種の神器

週末海外で一番重要な時間が行きの飛行機。ここでいかに体力を回復できるかが鍵です。そのために僕は必ず機内で最大限体力が回復できる"三種の神器"を持っていきます。

tecnic

まず一つ目はノンカフェインの栄養ドリンク。寝る前にぐいっと飲んで栄養をチャージ。二つ目は着圧スパッツ。飛行機に乗ると足がむくみやすいですが、着圧スパッツはそれを防いでくれます!そして三つ目はホットアイマスク。目の疲れが和らぎ、寝るときには普通のアイマスクとしても使えます。ちなみにノンカフェインの栄養ドリンクとホットアイマスクは羽田空港なら空港の売店でも購入することができますよ!

裏ワザ<3>週末海外から平日OL生活の戻るときの時差ぼけ対策

週末旅行で一番心配なのが、時差ぼけ対策。平日は激務の広告代理店で勤務している僕は、週末海外が平日の仕事に支障をきたさないよう、いつもバッチリ時差ぼけ対策をしています。その方法とは...。

tecnic

僕は現地で帰りの空港に着いた瞬間に時計を日本時間に戻します。そこから体を適応させていくのです。これでかなり時差ぼけを中和することができます! またアジアなど時差が2〜3時間の国へ週末旅行する場合は、逆に現地に着いてからもずっと日本時間で過ごすこともあります。2〜3日の滞在であれば、日本時間で動き続けたほうがかえって楽だったりもしますよ。

いかがでしたでしょうか? ちゃんとケアしていけば、短い週末でも意外と十分に楽しむことができるんです! こんなテクニックを使って今年は週末海外を初めてみてはいかがでしょうか?

【Profile】リーマントラベラー東松
東松 寛文(とうまつ ひろふみ)
1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務する傍ら、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは575点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。2016年10月~12月は毎週末海外旅行に行き、平日は東京でサラリーマンをしながらも5大陸18カ国を制覇。「働きながら世界一周」を達成。地球の歩き方が発行する「今、こんな旅がしてみたい!2017」で、「旅のプロ8人」に選ばれる。現在はテレビ番組出演や雑誌の連載、ツアーや講演会の開催などサラリーマンをしながら幅広く活動中。

Blog▶:www.ryman-traveler.com

Facebook▶:www.facebook.com/ryman.traveler

Instagram▶:www.instagram.com/ryman_traveler

Twitter▶:www.twitter.com/ryman_traveler


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ