1分でトレンドゲット! おしゃれすぎるコインランドリーや銭湯、セレブキャンプとは?


夏本番が近づくこの頃。最近は、従来のアウトドアやお出かけスポットがおしゃれな形で話題になっていることをご存知ですか? キャンプに銭湯、コインランドリーなど、これまでとは一味違った、おしゃれな楽しみ方に注目が集まっています!

glamorous camping

●アウトドア初心者でも大丈夫! 贅沢なキャンプ「グランピング」

近年国内でもじわじわと注目を集めているのが、欧米で生まれた「グランピング」。「グラマラス」と「キャンプ」を掛け合わせた造語で、優雅に自然を満喫できるという、贅沢なキャンプスタイルのこと。なんと自然の中にいながらも、ホテルのようなサービスが受けられるんです!

グランピングの最大の魅力は、“キャンプなのにラグジュアリー”だということ。なんとテントの中にホテルで使うような大きなベッドが置かれていたり、ケータリングの美味しいディナーが味わえたり、冷暖房完備で快適な時間を過ごせたり。一方でテントの外に出れば山や海が広がっており、大自然の解放感、非日常感を満喫できます。

グランピングを提供しているのはホテルや宿泊施設などなので、自分たちでキャンプグッズや食べ物を用意する必要がありません。テントの設営や食事の準備をしなくて済むので、アウトドア初心者でも安心ですよね。キャンプ特有の面倒臭さや大変さを取り除いているのがグランピングなんです!

近年グランピングはアウトドア好きや旅行好きの女性から人気を集め、国内でも東京の豊洲をはじめ、群馬県の軽井沢や三重県の志摩、静岡県の熱海や伊豆など、グランピングスポットが続々とオープンしています。今後もこの人気は続いていきそうなので、皆さんも是非お住いの近くのグランピングスポットをチェックしてみてくださいね。

●それぞれのこだわりや個性が光る! 「おしゃれ銭湯」

92398f4ce016351056c9ceb2f6ee4080_s

近年、昔からのイメージを刷新して再注目を集めているものと言えば、銭湯。これまでは趣があって昔ながらの雰囲気が漂う銭湯が主流でしたが、最近ではデザイナーがデザインした外観や内装にリフォームされたり、まるでスパのようなたくさんの種類のお風呂が楽しめたりと、女性人気を集めるものが増えてきているんです!

リノベーションされた新しいおしゃれな銭湯が台頭し始めたのは2000年前後のこと。それ以降、特に都内を中心におしゃれな銭湯は増え続け、今では足しげく通う女性も珍しくないほど人気を集めています。現在では郊外以外にも表参道や中目黒、武蔵小山など、若者に人気のスポットにもおしゃれ銭湯は数多くあります。ここでは具体的な銭湯名は紹介しませんが、新しくできたものだけでなく、リニューアルした銭湯など、探せばあなたの近所にもきっとあるはず。

それぞれの銭湯には、電気風呂やマッサージ風呂、バブルバスやシルク風呂など、温泉施設顔負けなお風呂の種類が。近代的なモダン風から銭湯の雰囲気を活かしたレトロ調など内装デザインも様々。夜には、雰囲気のある照明でライトアップされたり浴室内の壁にプロジェクションマッピングが投影されたりと、お風呂以外の楽しみ方も充実していますよ。

お手軽に温泉気分を味わえるのも銭湯の魅力のひとつ。都内であれば、大人460円という低価格で入浴ができるので、平日に自分へのご褒美として利用したり、週末にはお買い物の帰りに銭湯でリフレッシュしたり、なんていう過ごし方も良いかもしれませんね♪

●まるでカフェのよう? 進化する「コインランドリー」

3047bfbd49be6d34900851fe1df93009_s

Wi-Fiが完備されていたり、コーヒーが飲めたりと、洗濯ができるだけではなく、その待ち時間にまるでカフェのような過ごし方ができるとあって、欧米を中心に流行している最新型のコインランドリー。去年あたりから日本にも登場し、最近では店舗数も増え続け、今年にはコインランドリーの大きなブームが巻き起こると言われています。

かつてはコインランドリーと言うと、洗濯することだけが目的なため、無機質で薄暗く、衛生的にもあまり女性受けしなかった印象がありますよね。しかし、近年では家庭用の洗濯機や乾燥機では難しい布団やカーペットなども洗えるということでまず主婦層を中心に話題に火が付きました。そして欧米でのブームの風に乗って、日本にもおしゃれなコインランドリーが登場。主婦層だけでなく、独身女性からも高い人気を集めています。

「ECO WASH CAFE」は大型のコインランドリーで、東京都は府中市や東大和市に店舗を構えます。欧米風な開放的でおしゃれな外観が特徴のこちらでは、スウェーデンにある世界トップクラスの家電メーカーのハイスペック製品をお財布に優しい金額で使えます。さらにはカフェコーナーがあったり靴専用の洗濯乾燥機があったりと、家での洗濯が大変な忙しい女性にとって嬉しいポイントが盛りだくさん。

いかがでしたか? 日々進化し続けるおしゃれ〇〇に、これからも目が離せません!

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ