お花見シーズン到来! 六本木、代々木、飯田橋にある“夜桜”の新スポットを厳選


いよいよ東京にも桜のキレイな季節がやってきました。自然の中で愛でる桜も良いですが、今年は趣向を変えて、都心ならではの花見が面白そう。そこで今回は、都会の女性が注目の、花見スポットをご紹介します。

midtown

●六本木で大人な花見♪ 桜並木の桜を存分に満喫できる!

「東京ミッドタウン」のガーデンエリアにある、全長200mの桜並木があるさくら通りでは、4月16日(日)まで17時から23時まで、夜桜の美しいライトアップが。

また春の期間限定屋外ラウンジ「MARTINI Blossom Lounge」では、ザ・リッツ・カールトン東京のシェフによる、お花見をイメージした料理やスイーツ、桜色のスパークリングワイン等が楽しめます。パーティースタイルの女子会をしたい人にはピッタリ!

また各飲食店でも、「エクレール サクラ」(税込540円、ガレリアB1F)や「桜のシフォンケーキ」(税込550円、ガレリア3F)、「さくらババロア&さくらゼリー」(税込1026円、ガレリア1F)、さらには桜をテーマにしたスイーツが目白押しの「桜アフタヌーンティー」(税込4536円、45F)といった今の時期限定メニューも豊富。

そしてこの期間は、その他にもミッドタウンエリア全域で桜にまつわるイベントが盛りだくさん!ガレリア館内には桜のフラワーアート、ガーデン入り口には「春香春風」をテーマにした高さ約4メートルの竹のゲートが登場。

屋外ラウンジで皆とワイワイ楽しむもよし、桜を一望できるレストランやバーでゆっくりお花見するのもよし。今の時期ミッドタウンに行けば、一日中お花見を満喫できるはずです。

●おしゃれ好きならはずせない、代々木にある新・桜の名所

代々木周辺であれば、代々木公園も良いけど、音楽プロデューサーの小林武史氏や花・植木の卸問屋“花宇”5代目、プラントハンター西畠清順氏が手掛けた新商業施設「代々木VILLAGE by kurkku」がおすすめ。

世界中から集められた植物が敷き詰められた敷地があるこちらのお店。〝都会のオアシス“とも呼び声が高く、春には美しいしだれ桜が咲き乱れるので、桜の新名所として注目されています。桜の見ごろのあいだに期間限定でオープンしているのは「桜テラス」。

「桜ハイボール」(1000円)や「春野菜と魚介のフリット」(2000円)など、上質な音楽とともに楽しめる、素敵な桜メニューが充実。桜を愛でながらお酒が楽しめるテラス席は大人気なので、予約することをおすすめです。

こちらのお店はインテリアや空間デザインなどにもこだわり抜かれているので、いつもとは一味違ったお花見を楽しめそう。桜だけでなく、珍しい植物も鑑賞でき、一歩踏み入れると都会の喧騒を忘れさせてくれそうなスポットです。

●どのお店にするか迷っちゃう! 飯田橋で外濠沿いの桜を独り占め

2014年秋に飯田橋駅西口にオープンした商業施設「飯田橋グラン・ブルーム」。その1~3階には商業ゾーン「飯田橋サクラテラス」が入っています。

こちらは“サクラテラス”という名前の通り、隣接する外濠沿いには多くの桜が植えられており、大きな窓から間近で桜や風情のある景色が楽しめる飲食店がたくさん入っています。

ラインナップは、生牡蠣や新鮮な魚介類のメニューが豊富なビストロ「貝殻荘」、極上のローストビーフとA5ランクの和牛が楽しめる「トラットリア グランボッカ」、イタリア直輸入のワインが評判の「ルッコリーナ」、本格的なインド、タイ料理をリーズナブルに味わえる「ディップパレス」など、いますぐ女子会がしたくなる美味しいお店がズラリ。

様々なニーズに合わせたお店が並んでいるので、飯田橋近辺でお花見場所に迷ったら、とりあえず飯田橋サクラテラスに行ってみるのも◎!

皆さんも今度の週末は、都会のお花見スポットに出かけてみてはいかがですか?

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 8月25日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ